【専門家が教える】妊娠中のギックリ腰はなぜおこる?原因や予防、対処法は?

一般的にギックリ腰といわれる急性腰痛は、いまだ原因がハッキリ分かっていません。

突然起こる激しい痛みによって、寝返りを打ったり、自分で立ち上がったりできなくなります。
トイレに行きたくても、下着を降ろすことも、トイレに座ることもできないのです。
そんな辛い経験をした方は、少なくないのではないでしょうか。

妊娠中は、リラキシンというホルモンの影響で、関節や靭帯が緩み、妊娠中の特別な姿勢「反り腰」の影響で筋肉が硬くなることで、妊娠中はギックリ腰になりやすいといわれています。

妊娠中にギックリ腰になったときに、慌てずにすむ対処方法と予防方法についてお話しします。

ギックリ腰とは…

筋肉の疲労が少しずつ蓄積され、腰痛となります。
その状態を我慢して放置してしまったときに、重い物を持ったり、クシャミをするなど、何らかの拍子で腰に負担がかかり、突然の激痛がおこることで動けなくなってしまいます。

最初は、軽い違和感を感じるだけで、そのまま動き続けることができるケースがありますが、翌日には、違和感ではなく激しい痛みとして感じることが多いようです。

極度の痛みによって、筋肉の状態は緊張し、後ろへ背中が曲がるように、腰周囲が硬直している状態です。

ギックリ腰になりやすい方の特徴

ギックリ腰は、いつ誰がなっても不思議ではありません。
下記のように、とくに注意が必要な方は、しっかりと予防を心がけるとよいでしょう。
また、妊娠前に準備をしておくこともひとつの方法です。

  • 冷え性の方
  • 元々、腰痛のある方や、ぎっくり腰の既往がある方
  • 急激に体重が増えた方
  • 経産婦
  • 猫背
  • 運動不足の方、筋力が弱い方
  • 肥満
  • 喫煙
  • 長時間同じ姿勢で仕事をしている

予防方法

少しでも腰痛を感じたら放置せずに、適度な運動や、ストレッチを行ったり、マタニティ専門の整体を受けるなど、しっかりとケアを行いましょう。

痛みを我慢して動き続けることは危険です。

また、身体が冷えていると筋肉が硬くなり、血液循環が悪くなってしまいます。
更に腰に負担がかかることで、腰痛の悪化やぎっくり腰に繋がります。

身体を温める食べ物や、飲み物を積極的に摂るようにしたり、冷えすぎないように服装に気をつけましょう。
普段から、ストレッチを行ったり、身体を温める工夫をしたり、骨盤ベルトを適度に使用したりするとよいと思います。

ギックリ腰になった時の初期対応

痛みの激しさに、耐えられず、つい救急車を呼んでしまいたくなりますね!
じつは、ギックリ腰だけでは、生命に関わらないので救急車を呼ぶのはNGです。
まずは、安静にすることが1番大切です。

  • 膝を曲げた仰向けになります。
  • 腰が反らないように、お尻の下にクッションやバスタオルを丸めた物を入れます。
  • 濡らしたタオルで15〜20分冷やします。
  • その後、温タオルで30分程温めます。

何度か繰り返し行ってみて下さい。
痛みや違和感が軽くなってきたら、膝を少しずつのばしていきましょう。

鎮痛剤やシップは、妊娠中は時期によって使用できませんので、産婦人科の医師に相談して処方してもらうと良いでしょう。

マタニティ整体でおこなうこと

通常、腰椎(背骨の腰部周辺)は、前方に向かって、緩やかなS状に弯曲してしています。

ギックリ腰の方の腰の状態は、腰の曲がったお年寄りのような状態です。
強い痛みが原因で、後ろへ凸状に曲がって、筋肉が固まり、可動域が狭くなってしまった状態です。

マタニティ整体では、この硬くなってしまった腰や臀部の筋肉を緩めていき、血行不良を改善し、痛みを緩和していきます。

その後、再発しない様ストレッチの方法や筋力を保つ為のセルフケアの方法、日常生活の注意点などをお伝えしていきます。

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー