赤ちゃんに熱が出たら

熱はどうして出るの?

赤ちゃんの熱

なぜ熱が出るのでしょう? 原因として一番考えられるのが、ウイルスや細菌によるものです。発熱の原因で考えられるのは、風邪・インフルエンザアレルギー等があげられます。子どもは、大人と違い体温が高めの37.5度が平熱の範囲となっています。熱が出る仕組みは、熱が出ると、病原体をやっつけようと、抗体をつくるための体温中枢にエネルギーを出すように指令を出します。出し始めの時は、手足の温度が下がり、寒気を感じます。そのあと、抗体の量が増え病原体と戦い出すと、熱くなり、熱となります。熱が出ると、病原体は繁殖しにくくなり、子どもの免疫力も強くなります。
乳児の場合、体温調整機能が未熟な為、厚着や部屋の温度、入浴の後で温度があがることもあります。そこで大切なのが、冷静に子どもの様子をチェックすることです。普段より熱が高いと感じたときは、診察時間内に診察を受けましょう。

緊急を要する熱

  • 生後3ヵ月未満の赤ちゃんで38℃以上の熱がある。3ヵ月以上の赤ちゃんでも、39℃以上の熱がある時
  • ぐったりとしていて、顔色が悪い時
  • ぐずって不機嫌であり、食欲がない時
  • 呼吸が早く、苦しそうな時
  • 痙攣をおこした時
  • 高熱にもかかわらず、青白い時
  • 何度も吐くなどの症状がある時

緊急を要する場合は夜中でも小児科や緊急病院などに連絡し、指示を受けましょう。

スポンサーリンク

お家で出来るケア

熱を正確に測る
体温は1時間おきなど、こまめに測りましょう。赤ちゃんの症状は進行が早いので、経過を記録し、診察に持参すると、病気が推定することが出来ることもあります。
食事よりもこまめな水分補給
食欲がない場合は無理に食べさせる必要はありません。しかし、熱によって大量の汗をかくので脱水症状が心配になります。母乳や粉ミルク(熱があるときは、少し薄めてあげましょう)、湯冷まし、お茶、果汁、乳児用イオン水などをこまめにあげ、脱水症状を防ぎましょう。食欲があるときは、胃腸に負担がかからないよう、口当たりがよく消化の良いものを用意しましょう。
安静に眠らせる
体の回復には安静が必要です。
熱が上がりきったら薄着に
熱の出始めは寒気がすることがありますので温かくしてあげましょう。しかし、熱が上がってきたら、涼しくしてあげましょう。熱が上がっているのに厚着になっていると、熱が体内にこもり、具合を悪化させてしまう原因となってしまいます。
汗はこまめに拭く
汗をかいたら拭いてあげ、着替えもしてあげましょう。
シャワー
熱が下がって機嫌が良い時は、お風呂に入れてあげましょう。しかし、長風呂は体力を消耗するので避け、シャワーや、蒸しタオルなどで体を洗うだけでもさっぱりとします。
病院でもらった薬
薬は医師の指示どおり使用しましょう。

体温の測り方

  1. 脇の下の汗を、乾いたガーゼやタオルで拭き取る
  2. 脇のくぼみの中央に体温計を挟む
  3. 脇をしっかりと閉じるために、抱っこするなどして固定する
  4. 電子体温計などの場合はピピっと鳴るまでじっと待ちましょう

現在は体温計の種類がいくつかあり、おでこに1秒タッチするだけで測る体温計もあります。体温計の種類は赤ちゃんの便利グッズをご覧下さい

※食事後・運動後は測定に適さないので注意。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている?妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク