おむつなし育児(排泄コミュニケーション)について知っておこう!

おむつなし育児は紙おむつを使わない育児なの?

おむつなし育児

「おむつなし育児」と聞くと、どのようなことを想像しますか?紙おむつを全く使用しない育児?布おむつの着用?それとも何もはかせないという事なの?おむつなし育児を知らない方は、このようなことを考えるのではないでしょうか。おむつなし育児とは、いったいどのような育児方法なのでしょうか?

スポンサーリンク

おむつなし育児(EC)って何?

おむつなし育児は、アメリカでは「排泄コミュニケーション(EC)」と呼ばれています。EC(イーシー)は略語で、正式には「Elimination Communication」です。単語を日本語するとEliminationは「排泄」でCommunicationは「コミュニケーション」です。

おむつなし育児と聞くと新しい育児方法なのかと思ってしまいますが、意外に歴史が長いんです。現在は、紙おむつがとてもいいものに進化しているため、紙おむつや布おむつでの育児が主流ですが、戦前の日本ではおむつなし育児が主流だったといわれています。

また、現在でもアフリカや中国ではおむつなし育児が主流と言われていますし、アメリカでも多くのママさん達が実践しているといわれている育児方法なんです。“おむつなし”と言ってしまっているので、おむつを全く使用しない育児方法だと勘違いされている方も多いようですが、そうではありません。おむつなしとは言っても、いつもは紙おむつや布おむつを着用しています。ウンチやおしっこがでる合図を見逃さず、おむつに排泄してしまう前におまるに移動し、おまるで排泄をする習慣をつける・・・という育児方法なんです。おむつを汚さないなら、なぜオムツをさせる必要があるの?と思う方もいるかもしれません。おむつは、ママがウンチやオシッコが出る合図に気がつかなかったときのお漏らし防止としてオムツを着用させているんです。

おむつなし育児のメリットとは?

おむつなし育児にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

  • おむつかぶれが出来ない
  • 紙おむつ代が浮く
  • 布おむつの洗濯の手間が省ける
  • 便の状態をしっかりと確認できる
  • おむつ離れが早い
  • おむつが汚れないので機嫌がいい
  • ちゃんと座って用を足すのでたっぷり出る
  • 何よりも赤ちゃんとママに信頼関係がうまれる

赤ちゃんが体調を崩してしまうと、長期にわたって下痢をしてしまうことがあります。そのような場合、ほとんどの赤ちゃんがお尻が赤くなり、かぶれてしまいます。肌の弱い赤ちゃんだと、すぐにおむつかぶれを起こしてしまいますよね。ですが、おむつなし育児の場合、赤ちゃんはおまるを使用するので、お尻もかぶれず綺麗なままという事が多いんです。おむつかぶれの原因・症状・予防・治療についてはこちら

また、おむつなし育児の実践で、おまるに用を足すという事になれてくると、自然におむつにウンチやオシッコをする事がなくなり、実践していない子に比べるととても早くスムーズにおむつを卒業することができます。新生児期は、赤ちゃんの顔や様子をみて、排便などの予測を立てて、おまるに座らせなければいけませんが、おしゃべりが出来るようになる頃には、赤ちゃん自らウンチやオシッコが出そうだよ!というアピールをしてくれるようになります。まだお話しが出来ない子でも、おまるを指さしてアピールしたり、出そうになったらママをトントンと叩いて訴える子もいるそうです。やっぱり、赤ちゃん自身もおまるに用を足すことを覚えると、おむつにウンチやオシッコをする事が気持ち悪く感じてしまったり、違和感をおぼえるのでしょう。

人間は生まれたときから排泄をコントロールする能力を持っているといわれています。新生児期からおむつを使用することにより「おむつに出していいんだ」と赤ちゃんが覚えてしまうんです。おむつなし育児は、その排泄コントロールの能力を生かした育児方法なんです。

小さいうちから、ママが赤ちゃんの事をしっかりと観察してトイレに行きたいアピールを、ママが読み取る。ベビーサインのように、赤ちゃん自身がトイレに行きたいというアピールをし、そのアピールを読み取るということを繰り返していくうちに、早いうちからママと赤ちゃんの信頼関係が生まれるといいます。

おむつなし育児は何歳から何歳まで続けたらいいの?

おむつなし育児を始めるタイミング

だいたいの方が生後3ヶ月頃から始めているといわれています。生後3ヶ月頃から、赤ちゃんが大きさ的に抱きやすくなりますし、また赤ちゃんの首がすわり始める時期です。初心者の方が始めるには一番いい時期という事になります。赤ちゃんの首すわりの時期と首すわりの判断条件

ですが、いつからでも始められるのがECのいいところ。産後すぐに始めたという方もいますし、生後半年を過ぎてから始めたという方も。ECを取り入れている多くの方は、生後間もない時期から生後半年までに始めています。

おむつなし育児を終了するタイミング

おむつなし育児を終了するタイミングはトイレトレーニング(トイトレ)を始める時期に終了します。おむつなし育児を実践されている方は、比較的にオムツを卒業するのがとても早く、スムーズに卒業できるそうです。トイレトレーニングはいつから?進め方と成功させるコツ

早い方では1歳になる前(0歳児の時)におむつを卒業することが出来た・・・なんて子もいるくらいです。凄いですよね!お子さん自身がママに「シーシー」「ウンウン」と、ウンチやオシッコが出そうだよ!というアピールが出来るようになり、それが百発百中(1日オムツが汚れることが無くなった)であれば、生後何ヶ月であろうとオムツからトイレトレーニングパンツ(トイトレパンツ)にチャレンジしてみてもいいと思います。

おむつなし育児を実践するには何が必要?

おむつなし育児を実践するために必要なのは、たった一つです。EC用のおまるです。EC用のおまるを準備しなくても、自宅の洗面器やバケツ、通常のおまるなどで実践しているという方もいます。洗面器やバケツの場合、赤ちゃんのお尻よりもバケツの受け口の方が大きいので、赤ちゃんが自分の足でバランスをとって座るという事が難しくなりますので、用を足し終わるまではママが抱っこしたり支えていなければいけません。

本気で始めようと考えているのであれば、EC用のおまるを購入してみてもいいかもしれませんね!(EC用のおまるは、EC終了後も使用できるデザインになっています)記事の最後に紹介します。

おむつなし育児のやり方とは?

おむつなし育児を始めるタイミング

おむつなし育児を実践する上で大切なポイントがいくつかあります。まずはポイントを押さえておきましょう!

排泄のサインを知る

新生児期の赤ちゃんはまだ話すことが出来ないため、ママがよく観察してタイミングを見極めることが重要となります。赤ちゃんは、ウンチやオシッコをする前に泣いて顔を赤らめたり「うー」とうなったり、手足をバタバタさせるなど、何らかのアクションを起こします。そういうサインをみつけたら、すぐさまおまるに座らせてみるようにしましょう。こうした事を何度か繰り返すうちに、オシッコが出そうなサインや、ウンチが出る前の合図が分かるようになります。

どうしてもサインが見つけきれないという場合には、食後やお風呂のあとなど、何かをした後は必ずおまるに座らせてみましょう。何かをした後に座らせると成功したという例が多くありますよ!

排泄の合図を決める

ECを始める際は、必ず合図を決めておきましょう。「ウーンしようね!」「シーしようね!」など、合図を決めておくと、おまるに座らせた時に「排泄してもいいんだ!」と赤ちゃんが認識するためのサインとなります。

赤ちゃんが排泄しやすい体勢を見つけよう

首がすわらない生後間もない赤ちゃんの場合は、首の部分をしっかりと支えて、おしりをおまるに入れるような感じでチャレンジしてみましょう。首がすわった頃の赤ちゃんの場合は、縦抱きのように抱きかかえながらチャレンジしてみましょう。歩き始めた頃からは、自分でしゃがんでできるようになります。

※お子さんによって、ウンチが出やすい体勢などがあるようなので、出にくそうにしている場合は、角度を変えてみるなど、色々チャレンジしてみてくださいね。

おまるの置き場所を決めよう

ECを始めてから数ヶ月間は、おまるの位置を決めておきましょう。周りの景色が変わってしまうと、緊張してウンチが出ないというお子さんがいる為です。お子さんが安心して出来る場所を見つけてあげてください!

ECの流れ

まずは、EC用のおまるにトイレットペーパーを敷きます。(おしっこなどを吸わせるため)ECを始める合図をし、赤ちゃんをおまるに座らせます。

※濡らしたガーゼなどを、おまたにチョンチョンと当てると、オシッコが出るという子もいるようです。

ウンチやオシッコが出た後は「よく出来たね!」「えらいね!」など笑顔で声かけをしてあげ、お尻ふきでふいてあげましょう。そして、紙おむつ(布おむつ)をはかせます。

おまるの中にある、トイレットペーパーや排泄物は、そのままトイレに流し、おまるは綺麗に洗って清潔に保ちましょう。赤ちゃんの排泄サインは急に出ますので、次に使用するときの為にトイレットペーパーをセットして、フタを閉めておくと便利ですよ!

おむつなし育児はズボラでも大丈夫!

今までの流れを読むと、赤ちゃんから発信されるサインを見逃さないようにし、毎回おまるにつれていってチャレンジさせなければいけない・・・というようなイメージがわいてしまった方もいるのではないでしょうか。実際は、そのような事はありません。確かに、一日中実践されている方も多くいますが、一日のうち数時間と決めていたり、お昼から夕方までと区切りをつけて実践している方もいます。中には、一日一回だけチャレンジしていたなんて方もいます。

そんな方でも、子どもが成長してくると自らおまるに座るようになったりして、自然におむつ離れできたという方が多くいるんです。なので、面倒くさそう・・・と決め付けず、まずは気軽にチャレンジしていただきたいです。なんとなく始めてみたら、一度目で成功し、なんだか面白くてゲーム感覚でハマッてしまった・・・なんていうママさんが多いんですよ!おむつなし育児に興味があるのであれば、キッチリさん・ズボラさん関係なく始めていただきたいです。

おむつなし育児の注意点とは?

  • 産まれて間もない赤ちゃんや、まだ首がすわっていない頃に始める場合は、首をしっかりと支え、安全な体勢を保つようにしましょう
  • おまるに座らせても、全然でないという場合は、出るまでねばるのではなく、次の機会にチャレンジしましょう
  • ECを実践している間、体が冷えてしまわないよう股割れタイプのお洋服を着用させ、下半身だけを出すようにしましょう

絶対に危険な体勢で抱きかかえたり、自分で座れるようになったからといって目を離したりしないようにしましょう。ECを実践する際は、必ず近くで立会い、後ろに倒れたりしないよう、体を支えておくようにしましょう!

おむつなし育児グッズのご紹介

EC用のおまるとして重宝されているのがホーローのおまるです。バケツや洗面器などのプラスチックで実践されている方もいますが、表面が傷つきデコボコとしているようなものの場合、綺麗に洗っても衛生的に気持ちが悪いという方が多いので、ホーロー製のツルンとした素材が親しまれているようです。

野田琺瑯製の琺瑯おまる

野田琺瑯製の琺瑯おまるカバー

ホーローおまる フタつき

ホーローは、鉄(表面はガラス)で出来ているので、冬は冷たくて寒そう・・・という方がいます。そんな方の為に、おまるカバーなども販売しています。少し大きくなってからカバーをつけると、違和感があってウンチが出来なくなるという子もいるようなので、カバーを使用したいと考えている場合は、小さいうちからカバーのすわり心地に慣れさせておく事が大切です。

五感を育てるおむつなし育児

イラストが多くて、とても分かりやすいのでオススメできる本です。

実際に、ECを実践して0歳児の時に既にオムツが必要なくなったという話を聞くと本当に驚きますよね!「産まれてきたばかりだから、こんな事やあんな事はまだ出来ないだろう・・・」と、色々な可能性を大人が勝手に否定してしまっているのかもしれません。これを読んで実践してみたい!と思った方は、今日からでも始めてみてくださいね!

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている?妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク