おたふくかぜ

おたふくかぜとは?

おたふくかぜ

ムンプスウイルスの感染により、耳の下から顎にかけて腫れおたふくのようにふくれて見えます。潜伏期間は2週間~3週間で感染経路はせきなどを介してうつります。感染してもまったく症状がでないこと(不顕性感染)もあります。一度かかると免疫ができます。乳児での感染は少ないですが、保育園・幼稚園を中心に流行し、子どもと一緒に未感染の親も感染することがあります。症状としては、腫れと同時に38~39℃の熱が出て、耳の痛みで始まります。通常は5~7日で回復に向かいます。ここで注意が必要なのが「合併症」です。おたふくかぜ自体は軽い病気なのですが、ムンプスウイルスは全身の臓器に感染しやすく「無菌性髄膜炎」また、より重症の「脳炎」を起こす可能性があります。また、ウイルスが内耳に感染すると「難聴」にもなります。難聴はおたふくかぜにかかって1~3週間で発症するので呼んでみても様子がおかしいなど感じたら、小児科を受診して下さい。思春期以降には「睾丸炎」「卵巣炎」を起こす場合があり、まれに子どもができなくなることがあります。

治療

おたふくかぜそのものを治す薬はありません。発熱や痛みを和らげてあげるための解熱剤や鎮痛剤が処方されます。腫れた頬は冷やすと多少痛みを和らげることができます。なるべく安静にし腫れが引くまでは外出を控えましょう。食べ物は噛むと痛いので柔らかく調理し、消化の良いものにしましょう。保育園や幼稚園は医師の許可が出てからにします。おたふくかぜの予防接種と副反応(副作用)についてはこちら

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?