【漢方薬剤師が教える】流産後のケアと不妊対策〜流産〜

皆さんこんにちは。
タクヤ先生こと杉山卓也です。

さて、今回は「妊娠には至るのに(早期)流産が続く」といった大変悲しくつらいお悩みについて、漢方が大きな力になる、という話をします。

西洋学的な不妊治療ではできない「妊娠してからの力」をつけるために、漢方を活用し、元気な赤ちゃんと出会えますことを願っております。

まず流産をテーマとした第1回目として、「流産とは」という解釈と、流産してしまった後のケアについてお話させて頂きます。

そもそも流産とは?


一般的に流産とは、妊娠初期から22週未満までに妊娠が継続できなくなることをさします。

実際に多いケースは、胎盤が形作られる過程の12週までに起こるケースです。
流産の大半はこのケースが多い、といわれています。

流産の原因は、赤ちゃんに染色体異常や、先天性異常があるといったケースが多く、ある種の自然淘汰といわれています。

妊娠初期の流産率というのは決して低いわけではなく「世に生まれてくる力が不足していた」といったように考えていただきたいと思います。

しかし、3回以上流産を繰り返す場合には「習慣流産」という体質的な問題となり、母体に何らかの原因があることが考えられます。

また、最近では稽留(けいりゅう)流産が増えている現状があり、昔よりも母体に胎児を育てる準備が整っていないということを指摘する声も多く上がっています。


漢方でとらえたときの「流産」

漢方の捉え方で出産は「大産」、流産は「小産」と呼ぶことがあります。

それはつまり「流産もお産である」ということで、母体に大きな変化と負担をかけている、ということです。

流産のあとのケアは、医師によってもいろいろな意見が出ています。
私の考え方は、3ヶ月程度は身体の力を取り戻す「養生期間」としています。
無理をして次の妊娠を考えるよりは、身体によいことを続ける日々として3ヶ月間を過ごしていただければ、と思っています。

「養生」が次のご妊娠に向けての力を育みます。
焦る気持ちはわかりますが、生まれてくる赤ちゃんのため、しばらくは心も体もゆっくりと過ごしましょう。


生活習慣と漢方での対策


「養生期」に特に気をつけていただきたいのは、下記3点です。

  • 温めること
  • 身体を休めること
  • 食べるものに気をつけること

温めること

温める部位でもっとも大事な部分はお腹ですが、そのほかにも首、手首、足首も冷やさないように注意しましょう。
温めるという観点から見てもしばらくはパンツスタイルのほうがお勧めです。

身体を休めること

休息に直結することは、まず睡眠です。

血を補うためには早寝が必要。
理想的な寝入りの時間は夜10時頃となります。

日が変わる頃まで起きていたりすると、体力の回復量が激減しますのでご注意ください。
やるべきことは翌朝早く起きてするようにしましょう。
そのほうが効率的に動けます。

流産のショックから寝付けないという方は、睡眠薬などに手を伸ばすのではなく、しばらく横になって目を閉じているだけでいいので、自然な状態を保つようにしましょう。

「寝よう」という気持ちで余計に気持ちを焦らせるのは逆効果です。
個人的にはお薬(化学薬品)をあまりお勧めしません。

食べ物に気を付ける

食べ物は基本的に「温性(うんせい)」のものを積極的に摂るといいでしょう。

鶏肉、ねぎ、しょうが、人参(根菜類)、はちみつ、やまいもなどがおすすめです。
よく「レバーを摂りなさい」という声がありますが、苦手なのに無理して摂るようにしなくても私はいいと思います。

反対に生野菜、生野菜(特に夏野菜)、白糖たっぷりの清涼飲料水、南国の果物などはできる限り避けたほうが無難です。

あえて書きませんでしたが「先生、生肉はいいんですか?」というどう考えても目潰しされたいとしか思えないセリフをキラキラした目で言おうとしている人のために言っておきますと、生肉も止めてください。
時勢的に下手すると捕まります。

漢方でサポートする


漢方では、基本的に出血をともなう処置があった場合には補血剤(ほけつざい)を、精神的なショックが大きく、鬱(うつ)状態や気力の戻らない状態になる方には「補気剤(ほきざい)」でサポートできます。

生理が戻らなかったり、次の妊娠に至らない場合には「補腎薬(ほじんやく)」を用いるケースがありますが、これらはその方の体質や、身体の状況によって、選択する漢方が異なりますので、自己判断をせずに必ず専門家にご相談ください。

流産にともなう体調不良の多くは、ショックによる気力の低下によるものが多いようです
大抵は一過性で回復しますが、慢性化するようなことがあればきちんとしたケアが必要になります。

漢方が活躍するケースが多いので、お悩みの方は漢方を試してみるとよいでしょう。

私としては漢方の処方も大切ですが、漢方相談のなかでは流産のショックを受けている気持ちのケアも同時に行っております。
ひとりで抱え込まないことが大切ですね!

次回以降には流産をしない体質の作り方についてお話していきたいと思います。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー