赤ちゃんがRSウイルスに感染したら

RSウイルスの感染に気を付けよう!

RSウイルス

RSウイルスは、秋から冬にかけて流行する感染症の一つです。乳幼児が感染すると重症化の恐れがある怖い感染症です。ここ数年、毎年流行する感染症の一つなので症状や対策方法を学んでおきましょう。

RSウイルスとは?

RSウイルスのRとSは、「Respiratory Syncytial」の略となっています。「Respiratory Syncytial」を訳すると「呼吸器合胞体」となります。なぜこのような名前がつけられているかというと、感染すると呼吸器の細胞が腫れて1つになるため、このように呼ばれるようになりました。

乳幼児がRSウイルスに感染したら?

1歳未満の乳幼児が感染すると重症化の恐れがある「RSウイルス」。RSウイルスに感染すると以下のような症状があらわれます。

  • 風邪のような症状
  • ひどい咳
  • 鼻水や鼻づまり
  • 無呼吸
  • 呼吸困難

あらわれる症状には個人差があり、軽い風邪のような症状で済む子もいれば、重い肺炎・気管支炎の症状がでる子もいます。また、RSウイルスの感染症状の一つである無呼吸ですが、乳幼児が感染すると無呼吸による突然死につながる恐れがあります。

妊婦さんがRSウイルスに感染したら?

妊娠中にRSウイルスに感染しても、胎児に影響はありません。また、重症化する恐れも少ないです。だからといって安心してはいけません。妊娠中は免疫力も低下していますし、飲めるお薬も限られているため、出来るだけ感染しないよう注意が必要です。感染してしまった場合は、病院で妊娠している旨をしっかりと伝えることで、胎児には影響を与えないお薬を処方してもらえます。

どのようにRSウイルスに感染するのか?

RSウイルスは、感染ルートが2種類あります。手や指に付着したウイルスによって感染する「接触感染」と、咳やくしゃみをすることによって、唾液と一緒にウイルスが飛び散る事で感染する「飛沫感染」があります。

RSウイルスの潜伏期間は「2~8日」ほどあり、潜伏期間を経て、咳や鼻水などの症状があらわれます。感染期間は、7~21日と長期にわたり、ウイルスを排泄します。潜伏期間から完治するまで2~3週間もかかってしまいます。家族内で感染者が出てしまうと、治るまでに他の家族が感染してしまい、うつし合いの状況に陥りやすいので、家族全員で感染しないよう予防に努めることが望ましいです。

RSウイルスの治療法

今のところ、感染後に投与する特効薬がまだありません。感染してしまうと、腫れて狭くなってしまった気管支を広げるためのお薬や、炎症を抑えるためのお薬など、無呼吸を防ぐためや、今以上にひどくならない為の対策方法しかありません。ですから、赤ちゃんを感染させないよう努める事が最善策なのです。

RSウイルスの予防法とは?

感染症の予防というと1番の対策は、やはり「手洗い」「うがい」を徹底しておこなうということです。外出時には必ずマスクを着用しましょう。感染症が流行する秋から冬にかけては、小さいお子さんがいる場合や妊娠している期間などは、人が集まるような場所を避けるのが一番望ましいです。とは言っても、秋から冬にかけては季節のイベントごとが多く、人が集まるような場所に行く機会が増えてしまうのも事実です。年越しのカウントダウンなどは自宅でゆっくりと過ごし、初詣などは人が引き始めるころ(1月3日~5日)に行くのも手です。楽しいイベントごとに参加したい気持ちも分かりますが、感染してしまった場合の赤ちゃんの負担が大きいので、赤ちゃん(妊婦さんはご自分と赤ちゃん)の事を一番に考えましょう。

また、保育所なども感染症が流行しやすいスポットの一つです。上にもお子さんがいる場合は、お子さんが学校からウイルスを持ち帰ってくる事があります。帰宅後の手洗い・うがいは徹底して行うようにお願いしておきましょう。

感染症と煙草

パートナーが煙草を吸われる場合は、家の中では絶対に吸わないようお願いしておきましょう。煙草の煙を赤ちゃんが吸ってしまう事で「受動喫煙」となってしまいます。煙草についての詳しい記事はこちら

煙草の煙を吸った赤ちゃんの気管支は、刺激を受け、気道の状態が悪くなってしまいます。そんな時に人ごみなどに連れ出してしまうと、感染するリスクが高くなってしまうと言われています。

RSウイルス

煙草は吸っている本人だけでなく、周りにいる人にまで悪い影響を与えてしまいます。パートナーが愛煙家である場合は、家の外で吸ってもらうようにしましょう。マンションやアパートにお住いの場合は、ベランダや換気扇の下などで吸うとご近所迷惑になりますので、人の迷惑にならないような場所まで行って吸うようにお願いしましょう。

以下もまとめて読んでおきましょう。妊娠中のインフルエンザについて詳しく解説赤ちゃんがインフルエンザに感染したら

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。