マタニティ整体・産後整体って、どんな施術をするの?

マタニティ整体・産後整体って、どんな施術をするの?

マタニティ整体という言葉を聞いて皆さん何だと思いますか?まだ、知らない方も多いのではないでしょうか?妊娠中・産後には、腰痛・股関節痛・恥骨痛・肩こり・頭痛などの様々な辛い症状が現れます。マタニティ整体とは、妊娠中・産後の方を対象に施術を行い、妊娠中や産後の辛い症状を改善することを目的としています。

妊娠中の身体の変化は、想像以上に身体に負担がかかっています。妊娠すると、妊娠初期から産後一か月までの間、リラキシンというホルモンが分泌されます。お腹の中で、赤ちゃんが大きく成長できるようにするため、分娩の時に赤ちゃんがでてきやすいようにするためなのですが、このホルモンには、普段身体を支えている全身の関節や靭帯を緩ませる作用もあります。妊娠中の10か月もの間、身体を支えているのは筋肉なのです。

筋肉が疲労し、硬くなってしまうことで様々な痛みが生じてくるのです。マタニティ整体では、硬くなった筋肉をほぐすことで、全身の血流が良くなり身体が温かくなります。その結果、辛い痛みが改善してきます。また、副交感神経が優位になることでリラックス効果も生まれます。

妊娠中に整体なんてと思われる方もいらっしゃることと思います。しかし、整体により血流が良くなったことやリラックス効果が思わぬ結果を生むことも多くあります。私が、経験した中では、つわりが軽くなった、逆子が治った、頭痛がなくなった、視力が良くなった、妊娠前より身体が軽くなった、体重の増え方が緩やかになった、母乳の出が良くなったなど様々です。

妊娠中の痛みは、我慢しないようにしましょう。痛みは、身体からのサインです。現代の女性は、昔の女性と比べると、運動量も少なく生活習慣の違いから、筋肉量が少ない傾向にあります。妊娠前から運動の習慣があり、筋肉がしっかりとしている女性は、長い妊娠期間を耐えられることが出来るでしょう。しかし、筋肉量の少ない女性や二人目、三人目・・・と妊娠を重ねるごとに妊娠中や産後の辛い症状は出やすくなります。

また、出産を終えたら元の身体に直ぐに戻ると思っている方も多いのではないでしょうか?長い妊娠期間、そして分娩時のいきみ、産後のママの身体はボロボロです。出産後は、休む間もなく育児が始まります。

妊娠・出産時の影響は、産後に必ず現れます。自覚があっても自覚がなくても、筋肉はとても疲労しているのです。赤ちゃんの居なくなったママのお腹の中はどうなっているでしょう?とても冷えやすくなっていること、骨盤のゆがみ、姿勢の変化などが影響して脂肪がつきやすい状態です。それだけではなく、筋肉が弱くなっていることで尿漏れ・性器脱などの大きな病気につながってしまうこともあります。産後一か月間は、安静にして過ごされることが最も身体の回復を早めるといわれています。産後は、出来る限り赤ちゃんのお世話だけにして静かに過ごしましょう。

マタニティ整体は、母子手帳が交付される頃から行うことが出来ます。骨をポキポキならしたり、無理な体勢をとったりすることはありませんので、ご安心ください。産後は、リラキシンホルモンの影響がなくなる産後一か月から行うことが出来ます。ただし、産後直後の痛みが酷い場合は、痛みをとる程度の簡単な整体を受けることも可能です。多くの方に、マタニティ整体の存在を知っていただき、痛みや苦痛のない育児生活を送って頂きたいと願っております。

佐藤雅子先生

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている?妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー