赤ちゃんが急性胃腸炎(細菌性胃腸炎)になってしまったら


赤ちゃんが急性胃腸炎(細菌性胃腸炎)になってしまったら

急性胃腸炎(細菌性胃腸炎)

赤ちゃんの急な発熱、下痢、嘔吐・・・何が原因なのか分からず、あたふたしてしまいますよね。今回は細菌性胃腸炎についてお話していきたいと思います。

まずは、急性胃腸炎について説明しなければなりません。急性胃腸炎・感染性胃腸炎・ウイルス性胃腸炎・細菌性胃腸炎・・・など、胃腸炎だけでも多くの言葉が飛び交います。言葉の違いが分かるという方は、そのまま細菌性胃腸炎の説明へお進みください。言葉の違いがよく分からないという方は、ウイルス性胃腸炎の記事に詳しく記載していますので、そちらを参考にしてみてください。ウイルス性胃腸炎の詳しい記事はこちらから

スポンサーリンク

急性胃腸炎の種類と感染経路

細菌性胃腸炎

以下の菌によって発症するのが細菌性胃腸炎です。( )内は感染の原因と考えられるものです。

  • サルモネラ菌(生卵,、加熱が不十分な鶏肉,豚肉、ペット)
  • カンピロバクター(加熱不十分な肉類)
  • 病原性大腸菌:o-157(家畜の糞や水、食品類)
  • 腸炎ビブリオ(生の海産魚介類)
  • 黄色ブドウ球菌(料理人の切り傷などからご飯製品、乳製品、かまぼこなどに移る)
  • セレウス菌(土壌、ほこり、汚水、野菜、香辛料でセレウス菌に感染しているもの)
  • ウェルシュ菌(室温に長時間保温された食品)
  • ボツリヌス菌(魚のくん製や、酢漬け、塩漬けなど、びん詰、缶詰、真空包装食品などの酸素が含まれない食品中で増殖し感染)

など、ざっと挙げただけでもこれだけ細菌性胃腸炎になる可能性のある菌が存在します。

細菌性胃腸炎の感染経路は病原体が付着した食品を食べる事で感染する経口感染が主です。人から人への感染は、ウイルス性胃腸炎に比べると起きにくいといわれています。

また、細菌性胃腸炎の感染タイプは、以下の3タイプに分けられます。

感染型

食品内で菌(サルモネラ・腸炎ビブリオ・病原性大腸菌・カンピロバクター)が増殖し、更に腸内でも菌が増殖し毒素を作り出す事で発症するタイプ

毒素型

食品で菌(ボツリヌス菌・ブドウ球菌・セレウス菌嘔吐型)が増殖し毒素を作り出し、毒で侵された食品を食べる事で感染するタイプ。

中間型

食品と一緒に原因菌(腸管出血性大腸菌・毒素原性大腸菌・ウェルシュ菌・セレウス菌腸炎型・エルシニア)を食べてしまい、腸内で増殖して毒素を作り出し発症するタイプ。

上の3パターンに分けられます。すでに食品が毒素で侵されている毒素型は発症までの潜伏期間が短いとされています。

ウイルス性胃腸炎

ノロウイルスやロタウイルスが原因でおこる胃腸炎です。接触感染と経口感染によって感染します。ウイルス性胃腸炎に関する詳しい記事はこちらから

細菌性胃腸炎の主な症状

  • 下痢・腹痛
  • 嘔吐
  • 発熱・頭痛
  • 血便

便(下痢)が腐ったようなにおいがする場合や、下痢に血液や膿が混ざる場合があり、その場合はすぐに病院を受診してください。

細菌性胃腸炎の治療と潜伏期間

潜伏期間

潜伏期間は菌によって差はありますが、およそ12~48時間程度といわれています。症状は3日~1週間程度続くといわれていますが、長い人では10日ほど高熱が続くこともあるようです。

細菌性胃腸炎の治療法

原因である細菌を特定し、その細菌に効く抗生物質で治療します。腸内にたまった細菌が増殖し、症状が悪化してしまうので薬で下痢を止めません。腸内に潜伏している菌を出し切る必要がある為です。その際、脱水状態にならないように水分の補給はしっかりとおこないましょう。

細菌性胃腸炎で気をつけること

脱水症状が現れた場合はすぐに病院を受診してください。その他にも、全く食事を受け付けない、水分補給もできない、ぐったりしている、発熱が続く、ひどい腹痛、嘔吐、下痢が臭い。血便などの症状がある場合は様子をみず、すぐに病院へ受診してください。

細菌性胃腸炎の予防法

潜伏期間

食物は十分加熱してから食べましょう。また、加熱処理を施された食品(缶や瓶詰めなど)も、いくら賞味期限内だからといって数年前のものを赤ちゃんに与えないようにしましょう。赤ちゃんの免疫や消化機能などは、大人に比べるとまだまだ未熟です。大人を基準にして判断してはいけません。

赤ちゃんが口にするものは、新鮮で新しいものであること、また十分に火を通したものを与えるようにしましょう。家庭内でどなたかが胃腸炎に感染してしまった場合は、菌を広めないように家庭内をこまめに除菌するようにしましょう。

ノロクローザースプレー

手やおもちゃ、赤ちゃん用品の消毒に♪赤ちゃんにも安心して使える商品です。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク