赤ちゃんが咳をする原因と月齢別対処法、病院へ行く目安は?

赤ちゃんは、ママから免疫を受け継いで生まれてきます。
その効力は生後6ヶ月程度といわれており、その間は基本的にママの免疫に守られています。

しかし、全てのウイルスや細菌から守られているわけではなく、咳や発熱といった症状がでることがあるようです。

咳が止まらないと夜泣きや嘔吐を引き起こすなど、看病も一苦労です。
また、咳に潜む病気もあることから、どの程度で病院に行くべきか悩んでいるママも多いようです。

一刻も早く治してあげるために、咳の原因を知り適切に対処法することが重要です。

咳は身体を守る大切な防衛反応!

わたしたちが呼吸をすることで、ウイルスや細菌は体内に侵入してきます。

身体にはたくさんの防衛反応がありますが、その中でも「咳」は、とても重要な防衛反応といえるでしょう。

なぜなら、咳には「喉や気管の粘膜に付着した悪いものを身体の外に追い出そうとする」働きがあるからです。

咳は、病気の症状であると同時に、赤ちゃんが自分の身体を守ろうと頑張っている証拠でもあります。

咳の種類で原因がわかる!?咳に潜む病気がある?

咳にはさまざまな種類があるようです。
赤ちゃんがどんなタイプの咳をしているか観察し原因を知ることで、効果的な対処法を見つけることにつながります。

咳をするときの全身の状態、咳の音、呼吸の様子などを観察してみましょう。

1.鼻水や鼻づまり、痰がからむようなゴホゴホ咳

原因は、比較的よく起きやすいウイルスによる「風邪」の可能性があります。
ゴホゴホと湿った咳」が特徴です。

鼻と喉の奥はつながっているため、鼻水が喉の奥にからんで痰が増えたり、それがもとで咳になったりすることも考えられます。

他に目立った症状がなければ、自宅で安静に過ごし経過観察を続けましょう。

ただし、始めは軽い咳だとしても、悪化して粘膜が弱っているところに新たなウイルスや細菌が入り肺炎などの病気にかかってしまうこともあるようです。
悪化させずにしっかり治すことが大切です。

38度以上の発熱がみられぐったりしている場合は、速やかに小児科を受診することをおすすめします。

2.発熱と早い呼吸、明らかに重い止まらない咳

原因は、「肺炎」の可能性があります。
注意深く観察する点は、呼吸です。

呼吸が早くなったり、呼吸困難(明らかに苦しそうな大きく早い呼吸)がみられるかどうかがポイントです。

また、呼吸に影響が出るとミルクの飲みが悪くなってくることが多いようです。
赤ちゃんは、身体が小さいため、必要な量のミルクを飲めないと、脱水の心配がでてきます。

肺炎の原因には、さまざまなウイルスや細菌があります。
乳児期はB群連鎖球菌、1~2歳は肺炎球菌やインフルエンザウイルスなどの可能性が考えられるようです。

つまり、自然には治らないと考え、必ず病院を受診して適切な治療を受ける必要があります。

「発熱」があり「止まらない咳」と「いつもと違う呼吸」がみられたら、肺炎を疑って、速やかに受診しましょう。


 

3.乾いたコンコン咳に、ゼイゼイ・ヒューヒューと呼吸の音がする

 
原因は、「喘息性気管支炎」の可能性があります。

風邪のような痰がからむような咳とは異なり、「コンコンと乾いた咳」が特徴です。
発熱や鼻水・鼻づまりなどの症状がみられないことが多いようです。

とくに注意して観察する点として、喘鳴(ぜいめい)があります。

胸のあたりから、「ゼイゼイ」「ヒューヒュー」といった空気の通る音がします。
これは、気管支が過敏な状態になり空気の通り道が狭くなっているために起こるようです。

かかりつけの医師に相談して、治療を受けましょう。

また、赤ちゃんの体質にもよるものなので、一度きりの咳ではなく、中・長期的に付き合っていくことになるかもしれません。

赤ちゃんに合った投薬や楽に呼吸できるような対処法を見つけてあげることが大切です。

部屋の空気の乾燥が咳を誘発させる可能性があるので、加湿器を使用したりして湿度管理をすることをおすすめします。

ホコリなどの異物も刺激になることがあります。

こまめに、部屋の掃除をしたり換気をしたりして、部屋の空気をきれいに保つことも大切です。

4.発熱があり、声がかすれたケンケンといった咳がある。

 
原因は、「クループ症候群」の可能性があります。

声帯や喉の周りに炎症が起きたために起こる病気の総称になります。
声帯が腫れて声がかすれ、ケンケンと犬の鳴き声のように聞こえる咳が特徴です。

また、のどに痛みを感じるとミルクを飲むときに機嫌が悪くなったり、うまく飲めないこともあるようです。

ウイルス感染やアレルギー反応が引き金になって起こる比較的に重い咳であり、時に呼吸困難を伴うこともあるようです。

呼吸困難が重症化すると酸素をうまく体内に取り込めず、チアノーゼ(唇が青白い、顔面蒼白)が起こることもあるようです。
すみやかに、病院を受診し、治療する必要があります。
悪化した場合は、入院も視野に入れることになります。

5.風邪と似ているが2週間以上経っても咳が悪化していく。一度に連続した咳をする。

原因は、「百日咳」の可能性があります。
百日咳菌に感染したことで起こる感染症のひとつです。

始めは、鼻水やくしゃみなどの症状があり風邪だと思われがちですが、2週間経っても咳が治らず悪化していきます。

また、一度に連続して咳をすることで、呼吸が苦しく顔を赤くすることもあるようです。

生後6ヶ月以内の赤ちゃんの場合、無呼吸発作が起こり、重篤化する恐れもあります。

百日咳は、三種混合ワクチン(ジフテリア・破傷風・百日咳)の予防接種により、予防が可能です。
定期予防接種のひとつなので、無料で受けることができるので、必ず受けるようにしましょう。

6.突然の激しい咳込み

原因は、気道内への「異物混入」の可能性があります。

食事中に誤って食道から気道に入りそうになったり、おもちゃを口に含んでいて喉の奥にひっかかったりするケースがあります。

すぐにその場で対処する必要があります。
家庭で簡単にできるケアとしては、「背中を下から上方向にたたく」ことです。

また、大人の腕に赤ちゃんをうつ伏せにして頭を低くさせた体勢で背中をたたくのも効果的です。

すぐに異物が口から出て正常な呼吸を取り戻せば心配はいりません。
万が一、異物が取り除けない場合は、早急に病院に連れていくことをおすすめします。

どの程度で病院に行くべき?目安になる症状は?

咳をしているけれど機嫌がよかったり、熱はないけれどミルクの飲みが悪いなど、赤ちゃんの体調不良は大人と違って難しいことがあります。

そのため、どのくらいの症状で病院に連れていくか悩むママが多いようです。

ここでは、咳にともなって現れるさまざまな症状を紹介します。
病院を受診する目安として、お子さんの状態を観察してみましょう。

こんな症状のときは病院へ

次のような症状が出ているときは、すみやかに病院へ行き、診察をうけましょう

呼吸が早い・呼吸困難

赤ちゃんの1分間の呼吸回数は、新生児40~50回、乳児30~40回といわれています。

わからないときは、赤ちゃんが泣いておらず安静にしているとき胸の動きを数えてみるとよいでしょう。

呼吸が早いということは、酸素を体内にうまく取り込めていないと考えられ、肺炎などの病気の可能性があります。

呼吸の際に肋骨の間や鎖骨がへこむ

何らかの理由で、気道や気管支における空気の通りが悪くなっているときに起きるようです。

呼吸がおかしいと思ったら、赤ちゃんの胸全体と鎖骨を確認してみることをおすすめします。

呼吸が苦しい状態なので、すみやかに受診しましょう。

唇が青白い・顔面蒼白

チアノーゼという症状で、血液内の酸素濃度が低くなっているために起こる症状のようです。

咳により正常な呼吸が妨げられている状態で、危険な状態と考えられます。

できるだけ早めに病院を受診する必要があります。

呼吸の音がする

呼吸に合わせて「ゼイゼイ」「ヒューヒュー」などと音がする場合、気管支の空気の通り道が狭くなっていると考えられます。

喘息などの病気の可能性があり、その場合、治療が必要です。

独特な咳の音がする

赤ちゃんが風邪の場合は、大人の風邪の咳と同じような「ゴホゴホ」と湿った咳をします。

「ケンケン」と声がかすれたような咳の場合は、喉や声帯周辺が炎症を起こし腫れている可能性があります。

咳が2週間以上続く

咳だけで発熱などの目立った症状がない場合、軽く見られがちですが、2週間経過しても治らずに悪化している場合は、百日咳などの感染症の可能性を考えます。

機嫌がよくても、一度受診して医師に相談することをおすすめします。

ミルクやおっぱいの飲みが悪い・嘔吐する

赤ちゃんにとってミルクやおっぱいは生命維持に欠かせません。
赤ちゃんは脱水に陥りやすいです。

嘔吐を繰り返しており、口からの水分補給が難しい状態が続くようであれば、注意が必要です。

何時間毎に何ml飲めているかや尿の量や回数をメモにつけて、主治医に相談しましょう。

月齢ごとに違う?赤ちゃんの月齢に合わせた対処法!


赤ちゃんは、月齢が低いほど呼吸機能も未熟といえます。

対処方法は基本的には同じですが、月齢ごとにとくに配慮すべきポイントを紹介します。

生後0~3ヶ月

まだ首が座っておらず、自分で顔の角度を自由に動かせません。

鼻水が出ている場合、仰向けに寝た状態だと鼻水が鼻の奥や喉に溜まって苦しい可能性があります。
自分で鼻をすすることもできないため、鼻水を吸引して取り除いてあげることで、空気の通り道を確保しましょう。

吸引器は、チューブから大人の吸気で吸い取るタイプと電動の吸引器が売られています。

咳をしている場合は、抱き上げて上体を起こしてあげるか、枕などを使って身体をやや横向きにしてあげるとよいでしょう。

また、最も嘔吐しやすい月齢のため、咳による嘔吐で気道を塞ぐ危険性があります。
咳をしているときやミルクやおっぱいを飲んだ後は、必ず赤ちゃんをひとりにしないようにしましょう。

生後3~5ヶ月

首はほぼ座っていますが、まだ自分で寝返りができない赤ちゃんもいます。

少し頭を高くしてななめに寝かせることで、鼻水が通りやすくなったり、咳をするときにお腹に力が入りやすかったりします。

生後5~7ヶ月

離乳食を始める赤ちゃんもでてきます。

クループ症候群など喉に痛みがあると考えられる場合は、刺激になるので離乳食にミカンなどの柑橘系を与えないようにしましょう。

離乳食は、粒のないさらさらした形状で食べることができれば問題ありませんが、嫌がるときは無理に与えず、様子をみましょう。

生後7ヶ月~

離乳食は、ドロッとした液状から半固形へと進めていく時期です。
喉への刺激が、咳を誘発させ、食べることを嫌がる赤ちゃんもいます。

喉ごしのよい形状にして、温度も体温程度に温めたものを与えるようにしましょう。

また、おすわりができる赤ちゃんは、咳をしているときはすわらせてあげるとよいでしょう。

ずりばいをする赤ちゃんは、床にホコリがあると呼吸の際に吸い込み、咳を誘発しやすいです。

部屋は常に掃除してホコリがたたないようにしておくことも大切です。



知っておけば安心!さまざまな咳への対処方法

大人にとってはささいな症状でも、赤ちゃんのこととなると動揺したり、どうしたらよいのかわからず困ったりするママも多いようです。

咳ひとつでも、できることがたくさんあるので、まずは自分のお子さんに合った効果的な方法を見つけることが大切です。

赤ちゃんの生活する部屋の環境

意外と見落としがちですが、部屋の空気がホコリっぽいと喉や肺への刺激になり咳を誘発します。

ずりばいやハイハイをする赤ちゃんであれば特に、床のホコリがないようにこまめな掃除や換気をしましょう。

乳児喘息の場合は、ハウスダストやダニがアレルゲンとなり発作の原因になることがあるようです。

布団クリーナーを使用してホコリを取り除いたり、晴れた日に布団を干すこともおすすめです。

また、部屋の空気が乾燥していることも、刺激になります。

室温が低いときやエアコンを使用するときはとくに湿度が低くなりがちです。

加湿器や濡れタオルを使用するなどして、60~70%になるように調整しましょう。

咳をしているときの体勢

仰向けで咳をするとき、大人なら無意識に身体をまるくしたり、上体を起こしたりして楽な姿勢をとることができますが、赤ちゃんはできません。

そっと抱き上げて上体を起こす、背中に枕などを入れて身体をななめにする、などお子さんの楽な体勢をみつけてあげましょう。

月齢が低いほど、ミルクや母乳を吐くことが多いようです。

仰向けで嘔吐すると気道をつまらせる危険性があるので、仰向けの体勢をとるときは必ず見守るようにしましょう。

鼻水・痰・鼻づまりがひどくて咳こむ

鼻水は、こまめに吸引器で取り除くことで空気の通りをよくすることができます。

鼻水の色や状態は、水っぽいか黄色っぽいかなども観察のポイントです。

お風呂で身体をあたためたり、こまめに水分補給をすることで、粘度の高くつまりやすい鼻水や痰は柔らかくなり改善しやすくなるようです。

夜中の咳でうまく眠れない・夜泣き

夜中に身体が温まると咳がひどく出るケースもあるようです。

枕などで赤ちゃんが楽な体勢を整えたり、背中をさするなどして安心感を与えることが大切です。

布団を清潔にして、枕カバーをこまめに交換することもよいでしょう。

咳による急な嘔吐への対応として、防水シートで布団を保護することもおすすめです。

部屋の温度や湿度にも配慮し、できるだけ刺激の少ない環境づくりを心がけましょう。

また、夜中にまとまって眠れない場合は、朝寝や昼寝で調整するなどして、夜に限らずに睡眠がとれるようにするのも方法です。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。