妊娠初期の出血は大丈夫?原因と対処法は?

身体の変化に戸惑うことの多い、妊娠初期。
そんなときに出血が起こると「赤ちゃんは大丈夫?」「なにか身体に異常があるのでは?」と不安に感じる人もいるかもしれません。

しかし、妊娠初期の出血は決して珍しくありません。
また、適切に対処すれば心配のない場合が多いようです。

そこで今回は、妊娠初期に起こる出血の原因や対処法をご紹介します。

妊娠初期におこる出血の原因


妊娠初期の出血の原因はさまざまですが、ほとんどの場合、あまり心配する必要はありません。

生理的な現象や、緊急性のないケースが多いため、出血したからといって慌てないようにしましょう。

とはいえ医師の診察は必須です。
絶対に自己判断はしないようにしてください。

以下に、妊娠初期に多い出血の原因をあげました。

着床出血

着床出血は月経様出血(げっけいようしゅっけつ)とも呼ばれ、その名の通り、まるで生理(月経)のような出血があります。

誰にでも起こる現象ではありませんが、受精卵が着床した際に、絨毛(じゅうもう)が子宮壁を傷つけ出血する場合があるのです。

しかし、多くの方が妊娠を自覚する頃に起こる出血は、着床出血ではない可能性が高いようです。

着床出血は、生理開始予定日の1週間~数日前くらいに起こることが多いとされています。
つまり、まだ妊娠の自覚のない人が多くいる段階で出血するのです。

なお着床出血は、通常の生理とは異なり、1~3日程度で終了します。
また血液の色は個人差があり、ほとんどは茶色やピンク色ですが、赤色の人もいます。

絨毛膜下血腫(じゅうもうまくかけっしゅ)

絨毛膜下血腫(じゅうもうまくかけっしゅ)とは、絨毛膜(じゅうもうまく)と呼ばれる子宮を包む膜の外側に、血が溜まった状態です。

受精卵が子宮内膜に付着してから、胎盤をつくる過程で子宮内膜の血管が破壊され出血します。

また出血の際に、プロスグランジンという物質が出るため、お腹に張りを感じることがあります。

しかし、妊娠が正常に経過していれば、胎盤が完成される頃には症状がおさまることが多いようです。

子宮膣部(しきゅうちつぶ)びらん

子宮膣部びらんから出血することがあります。

子宮膣部びらんとは、子宮の入り口部分がただれているように見える状態のことをいいます。
「びらん」は「ただれている」という意味がありますが、実際にただれているわけではありません。
また病的なものではないため、炎症を合併しない限りは治療の対象にもなりません。

主に、内診などで膣を刺激したことなどが原因で出血します。

腹痛はありませんが、おりものに少量の血が混じることで症状を自覚できます。

子宮頸管ポリープ

子宮頸管にポリープができた場合、出血を起こすことがあります。
ほとんどは良性のため、そのまま様子を見るケースが多いようですが、大きさによっては切除します。

なお、切除の時期は胎盤が完成した後の、妊娠4か月目以降が多いようです。
しかし、妊娠への影響を考慮し、妊娠初期に行われる場合もあります。

肛門裂傷

妊娠中は便秘になりやすく、硬い便を出すときに、肛門が裂けることがあります。
そのことが原因で肛門裂傷を起こす場合があります。

赤ちゃんへの影響はほぼありませんが、肛門裂傷をこじらせると、分娩のときに、脱肛になることがあるので注意しましょう。

危険な場合も…!要注意な出血の原因


これまでご紹介したように、妊娠初期の出血はあまり心配のない場合がほとんどです。
しかし、なかには以下のように危険なケースもあります。

胞状奇胎(ほうじょうきたい)

絨毛が病的に増殖し、子宮内にぶどうのような粒が多数できることで、少量の出血が続きます。

胞状奇胎の特徴は、ふたつあります。
ひとつめは、つわりがひどいなどの自覚症状です。
ふたつめはまるで赤ちゃんが成長しているようにお腹が大きくなることです。
そのため、なかなか異常に気づかない人もいます。

しかし通常の妊娠よりも子宮が大きくなるスピードがはやく、妊娠初期の段階で出血が生じるなどの異変があります。

胞状奇胎には「全胞状奇胎」「部分胞状奇胎」の2種類あります。
「全胞状奇胎」とは、核のない卵子に精子が入ったり、受精したあとで核が消失したりする染色体異常による現象です。
そのため、胎児として育つことはありません。

「部分胞状奇胎」は、ひとつの卵子にふたつの精子が入り込みます。
「部分胞状奇胎」の場合は、胎児の染色体が正常であるかどうかなど、いくつかの条件をクリアしていれば、医師の経過観察のもと妊娠を継続できる可能性もあります。

異所性妊娠(子宮外妊娠)


異所性妊娠(子宮外妊娠)とは、受精卵が子宮の内部以外に着床してしまう状態です。

ほとんどは受精卵が卵管に着床し、卵管から出血することで、腹腔に血液がたまります。
そのため下腹部に痛みを感じます。

また卵管は破裂すると非常に危険です。
大量の出血とともにショック症状に陥るケースもあり、命に関わることもあります。

着床部分(おもに着床した卵管)を取り除く手術が必要なため、残念ながら妊娠の継続はできません。
しかし卵管は2つあり、もう片方の卵管が正常であれば、次の妊娠は可能です。

流産

妊娠22週までになんらかの理由で妊娠が終了した場合、子宮内膜がはがれて出血を起こすことがあります。

多くは一度に大量の出血がありますが、少量の出血が続く人もいるため、量だけで安易に判断することはできません。

またお腹に痛みや張りがあることも。

流産のあと子宮に残留物がある場合も多いので、炎症を起こす前に子宮内容物を除去する手術を行います。

出血時は色と量で危険レベルをチェック!


妊娠初期の出血には「危険な場合もある」とご紹介しましたが、実際に出血した際には判断がつかず、パニックになってしまう人もいます。

そのため、まずは落ち着いて出血の量や色をチェックしましょう!

当然のことながら、医師の診察を受けなければ原因は特定できませんし、自己判断は絶対にNGです。
必ず病院へ行くようにしてください。

しかし、色や量によって危険レベルの目安を知ることで、落ち着いた行動ができるだけでなく、診察のときに、医師へ自分の状態を伝えやすくなります。

鮮血

妊娠初期に鮮血が出た場合は要注意です。
真っ赤な血は、今まさに出血している状態のため、子宮でトラブルが起きている可能性があります。

流産子宮外妊娠(異所性妊娠)など危険なケースもあるので、早急な対処が必要です。

血の塊

鮮血同様、ドロッとした血の塊がある場合も注意しましょう。

流産が起こった際には、胎のうや胎盤が塊として体外に出てくることがあります。

ピンク・少量

血液がピンク色の場合、おりものに赤い血が混じっていることが多いようです。
出血してあまり時間が経っていないので、安心はできませんが、色が薄まっている状態のため量は少ないと考えられます。

原因としては着床出血や子宮頸管ポリープなど、緊急性の低いケースが多いです。

茶色・少量

茶色の血液はある程度時間が経過しているため、血液が酸化し、変色しています。
茶色の血液で、出血量が少ない場合、もっとも多いケースとして、絨毛膜下血腫(じゅうもうまくかけっしゅ)が考えられます。
 

妊娠初期の出血時に腹痛をともなう場合


出血とともに注意しておきたいのが腹痛です。
妊娠初期は子宮の成長や便秘など、さまざまなことが原因で腹痛を引き起こします。

そのため、痛みの強さにもよりますが、妊娠初期においては心配のない場合が多いです。

しかし出血と腹痛がともなっているときは注意が必要。

とくに下腹部をギュッと締め付けられるような激しい痛みは、流産の可能性があるため、早急に対応しましょう。

妊娠初期に少量の出血が止まらないとき


少量の出血がだらだらと続く場合は、身体に異常があるかもしれません。

基本的には、出血量が少量であれば問題ない場合が多いのですが、色が鮮血だったり、3日以上出血が続いたりしているときは要注意です。

妊娠初期の出血時の対処法


出血が起こったときには、以下の点に注意しながら、落ち着いて対処してください。

外出時には生理用ナプキンを

外出の際には生理用ナプキンを持ち歩きましょう。
一時的に出血が止まっていても、ちょっとしたことが原因で再び出血が起こる可能性があります。

受診前に確認すべき項目

産婦人科を受診する前には以下の項目をチェックし、メモしておきましょう。
診察がスムーズかつ適切に行えます。

・妊娠週数
・出血の期間
・痛み
・出血量、色
・お腹の張り

出血時は安静にする

診察後に出血が続いているときは、自宅で安静にすることが大切です。
運動はなるべく控え、家事や育児なども、周囲に頼れる環境であれば、無理をせずにお願いしましょう。

また出血量が多いときや、痛みが強い場合は我慢せずに病院に連絡してください。

妊娠初期の出血は、慌てず適切に対処!


妊娠初期に出血があると驚いてしまいますが、まずは慌てず、落ち着いて行動しましょう。

自己判断は禁物ですが、出血の原因の多くは、あまり心配する必要がないものです。
なるべく不安を溜め込まず、医師と相談したうえで適切に対処するようにしてくださいね!

【編集部ピックアップ!「妊娠初期」関連記事】
妊娠初期の葉酸摂取は、二分脊椎症や無脳症をおこす「神経管閉鎖障害」の発症リスクを下げることができます。

厚生労働省
では、妊娠1か月以上前から妊娠3か月の女性に対し、毎日食事からとる葉酸にプラスして、栄養補助食品(サプリメント)から400㎍の葉酸をとるように推奨しています。

高品質の葉酸サプリの情報はこちらの記事がおすすめ

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている?妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク