目が合いにくい(アイコンタクトが取りにくい)お子さんへの関わり方

目が合いにくいお子さんへの関わり方

赤ちゃんは生まれてしばらくの間、相手を認識して笑うことはありませんが、生後3ヶ月頃からママやパパが笑うと微笑み返す、ママやパパを見ると笑うというコミュニケーションとしての笑顔が見られるようになります。そしてアイコンタクトが取れるようになっていきます。

しかし、発達障がいが疑われる、または後に発達障がいと診断されるお子さんの中には難しい場合があります。今回は目が合いにくい(アイコンタクトが取りにくい)お子さんとどのように関わったらよいのか、ご紹介します。

スポンサーリンク

目と目で通じるアイコンタクトとは

そもそもアイコンタクトはどのような時に取るものでしょうか。お互いに気持ちを共感する時、何かを伝えたい時、挨拶をする時、相手に話しかける時、と思い浮かべるとたくさんの場面があります。アイコンタクトが必ずしもいるとは限りませんが、あればより親密さが増し、気持ちが伝わりやすくなります。そして、『目力』という言葉や『目は口ほどに物を言う』ということわざがあるように、アイコンタクトや目線で伝え、理解することがコミュニケーションでは大事な要素であると言えます。

どうして目が合いにくいの?

全く目が合わない、親しい人となら目が合う、何か欲しいものがあるときには目が合うことがある、注意されて目を合わせられる、等、年齢やお子さんの育っている状況によって程度は異なります。目が合いにくい背景として、年齢の低いお子さんの場合には対人意識が十分でないことがあります。また目を合わせることが苦手な発達障がいの方の話では、「怖い」「目を見ると吸い込まれそうになる」「目を合わせると話せない/聞けない」等、感じ方は人によって異なるものの、理由があるようです。いずれにせよ目を合わせにくい人にとっては苦手なことであり、できるようになったとしてもかなりのエネルギーを要するのだと察することができます。

どのように関わると良いか

年齢の低いお子さんの場合

"一緒だと楽しいね!"と共感する、"伝えたい"という強い思いがある、というように、他者の存在を意識できるようになると目が合うようになってきます。そのための関わりがポイントです。

その1.二項関係を育てる
目が合うようになることを目標とするのではなく、他者と自分(ママもしくはパパとお子さん)の関係=二項関係、を育てることがまずは大事です。くすぐり遊びや高い高い、抱っこでぐるぐる回す、腕を揺する、追いかけっこ等、体を使った遊びで好きなものを通して、大人にしてもらうと楽しいという経験を重ねます。その中で、"楽しい!"と感じた時や"もっとしてほしい"という時に目が合うようになってくると一歩前進です。次には、目を合わせようとするまで(お子さんの興味がそれない程度に)待ち、目を合わせたら要求に応じるということをしてみましょう。くれぐれも、近付き過ぎたり、何度も覗き込んだりしないように気を付けて下さい。
その2.三項関係を育てる
二項関係が育ってきたら、次は他者と自分と物との関係=三項関係、を育てることを意識しましょう。相手が見ている物を見る、自分が見ている物を相手に知らせる、ということができるとよいのですが、そこが苦手なのが発達障がいのお子さんには多いのです。お子さんが好きなおもちゃで遊んでいる時に(この場合も、お子さんと物との二項関係になります)、大人がさりげなく入り込み、存在に気付いてもらいながら、一緒に遊ぶことが大事です。その後は、ボール転がしのようなやり取り遊びに発展させ、お子さんがボールを直接取りに来るのではなく、その場にいてアイコンタクトで要求したら、大人は転がすというような関わりにしていきます。

話すことができる年齢の高いお子さんの場合

年齢の低いお子さんの場合、基本的な対人関係を築き、その過程で親しい間柄の人と少しずつアイコンタクトが取れることが大事です。しかし、年齢が上がってくると、お子さんが相手の目を見て関わることが社会性の一つとして求められることが増えます。

例えば、目の前にいる相手に挨拶する場面では、「目を見て挨拶しましょう」とお子さんは言われることが多いと思います。お子さんが相手の目を見て挨拶するまで何度も注意するパパ・ママ・おじいちゃん・おばあちゃんに出会うことがありますが、お子さんからすればどうしても苦手なわけですから、挨拶される側としても辛くなることがあります。お子さんの気持ちを尊重するならば、失礼がない程度に挨拶ができていればいいのではないでしょうか。

また、会話の際にも全く相手を見ないで話すことは失礼になるため、"時々見る"のようなルールを教えることは必要かもしれませんね。ポイントは、目を見ることを強要しないことです。「目を見て〇〇して(挨拶して、お話しして、お話し聞いて)」ではなく、少し範囲を広げて「顔を見て〇〇して」と言うのも一つの方法です。具体的に言ったほうがわかりやすい場合には、本人が見ることができる目以外の場所(口、鼻、眉毛、額、眉間、目と目の間、等)を見るように伝えるとよいでしょう。

いかがでしょうか?これまでもお子さんの気持ちを考え、寄り添う姿勢が大事だということをお伝えしてきましたが、目が合いにくいことについても同じように考えていただきたいです。

斑目雅美先生

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー