赤ちゃんの予防接種

予防接種は受けなくてもいい?

予防接種には色々な種類がありますが、中には死亡したり、後遺症が残るような重い病気から我が子を守るワクチンもありますのでとても重要です。予防接種を受ければ軽症で済むはずの病気も予防接種を受けなかった為に重症といった事にならないようにする為にも予防接種は受けるようにしましょう。

予防接種のスケジュール

予防接種は赤ちゃんの成長に合わせてスケジュールを組まないと受けたい予防接種を逃してしまう事があるので、しっかりとスケジュールを立てましょう。以下は年齢別の予防接種スケジュールです。

1歳未満の予防接種スケジュール

※1歳以降のスケジュールは作成中です。

予防接種のワクチンの種類

予防接種のワクチンの種類には生ワクチンと不活化ワクチンとトキソイドがあります。

生ワクチン

生ワクチンは生きた細胞やウイルスの病原性を弱くしたもので、生ワクチンを接種するとその病気に実際にかかったときとほぼ同じように免疫力がつきます。生ワクチンを接種すると接種後1~3週間体内で病原体が増加し発熱や発疹などの軽い症状が出る事もあります。

生ワクチンの主な予防接種

不活化ワクチン

不活化ワクチンは病原性を殺した細菌やウイルスを接種して免疫を作りますが、生ワクチンに比べて免疫効果が弱い為、複数回に分けて接種することで免疫を高めます。

不活化ワクチンの主な予防接種

トキソイド

トキソイドは細胞が出す毒素(トキシン)を無毒化し、抗体産生能力を保たせたもので、不活化ワクチンの一種です。

トキソイドの主な予防接種

任意接種と定期接種

予防接種には大きく分けて任意接種と定期接種の二種類があります

任意接種

任意接種は決して受けなくてよいワクチンではありません接種するかどうかは保護者が接種するかどうかを選択できる予防接種で、希望する場合は病院へ行って接種します。費用は全額自己負担になります。

任意接種一覧

定期接種

定期接種は予防接種法で定められ国が接種を勧めている予防接種で、一定の年齢になったら受けることが望ましいとされています。定期接種の対象となる感染症は感染力が強く、感染した場合は重症化しやすいため予防接種による予防が必要です。定期接種は予防接種の対象年齢の期間が決められていて、その期間内であれば、自治体による公費助成が行われ、多くの自治体では無償で接種できます。

定期接種一覧

任意接種はやらなくても大丈夫?

定期接種は自治体からの通知がありますが任意接種は通知が無い為、親が子どもの月齢を判断して、自己負担で接種をします。任意接種は受けない方が結構いますが、任意接種の中には医師、専門家の多くが接種を推奨しているワクチンもあります。任意接種は希望する人が受ける予防接種ではありますが、様々な病気から重症化を防ぐ為にも母子手帳に記載のあるワクチンは積極的に受けたほうが良いでしょう。

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?