妊娠初期に腹痛…注意すべき症状は?流産の可能性は?

腹痛が起こりやすいとされる、妊娠初期。
その多くは生理的な現象のため、過剰に心配する必要はありません。

しかし、絶対に安全とは言い切れないのも事実です。
そのため、腹痛があると「もしかして流産…!?」と不安になる方もいます。

そこで今回は、妊娠初期の腹痛の原因と、注意すべき症状をご紹介します。

妊娠初期の腹痛は「子宮の拡大」が原因


妊娠初期に起こる腹痛の原因は、ほとんどが「子宮拡大」の痛みだといわれています。

妊娠初期は子宮が大きくなるため、子宮の周りの筋肉が緊張したり、圧迫されたりして腹痛を引き起こします。

これは、着床した胎芽がきちんと成長している証拠なので、心配する必要はありません。

もちろん、医師の診察なしに自己判断はできませんが、過剰に不安にならないようにしましょう。

痛み方

痛み方は人によってさまざまですが、「チクチクする」「お腹が引っ張られるような感覚がする」という方が多いようです。

また痛みの度合いとしては軽度で、鈍痛が続きます。

腹痛の場所

痛みを感じる場所は、下腹部の右側あるいは左側が多いといわれています。
また腰にかけて痛む場合や、足の付け根がつる場合もあります。

腹痛を感じる時期

腹痛を感じる時期には個人差があり、1週間ほどで症状がなくなる方もいれば、着床から安定期に入るまでの1ヶ月間、痛みが続く方もいるようです。

妊娠初期に起こりやすい!下痢・便秘による腹痛


妊娠するとホルモンバランスが大きく変化するため、自律神経にも影響を与えます。
その結果、排せつ機能に乱れが生じ、下痢や便秘になってしまう場合があるのです。

また妊娠中は、身体が冷えやすくなったり、つわりのせいで食生活が偏ったりするため、下痢や便秘になりやすいといわれています。

下痢や便秘が続いているからといって、直接的に流産につながる可能性は極めて低いようです。

しかし、食事の偏りや、身体を冷やしてしまうことは、お腹の赤ちゃんにとって好ましい状況ではありません。

身体をあたためたり、食事に気を遣ったりして、下痢や便秘の原因を、できる限り取り除くようにしましょう。


流産の兆候?妊娠初期の要注意な腹痛


妊娠初期の腹痛は、子宮の拡大や、下痢・便秘など、あまり心配のない場合がほとんどのようです。

しかし、なかには注意したほうがよい腹痛もあります。
流産や子宮外妊娠の兆候として、腹痛の症状があらわれている場合もあるからです。

流産とは、妊娠22週に至るまでに、何らかの理由で妊娠が継続できなくなってしまう状態のことをいいます。
多くは妊娠12週までに起こり、原因は胎児の染色体異常である可能性が高いそうです。

また子宮外妊娠は、子宮内部以外の場所(ほとんどは卵管)に受精卵が着床した状態を指します。

胎児が成長して卵管が破裂した場合には、母体の命にもかかわるため、早急に対応しなければなりません。

痛み方

流産の場合は、下腹部が締め付けられているような、強い痛みを感じることが多いといわれています。
「いつもの鈍痛とは少し違う…」と感じたら、危険サインかもしれません。

また子宮外妊娠の場合は、段階によって痛み方が異なります。

着床からしばらくのあいだは、「生理痛のようなチクチクした痛み」や「脇腹を掴まれたような痛み」を感じ、徐々に痛みが増すといわれています。

その後、卵管が破裂した場合は、立っていることもできないほどの激しい痛みに襲われます。

このような危険な状態になる前に、早急に対応する必要があるのです。

腹痛以外の症状

流産や子宮外妊娠の場合、腹痛とあわせて、以下のような症状がみられる場合があります。

出血

出血をともなっている場合は要注意です。

便秘で硬い便を出すときに肛門が裂けてしまったなど、あまり心配ないケースもありますが、流産が進行し、子宮内膜がはがれたことで出血する可能性も考えられます。

とくに、真っ赤な鮮血が出ている場合は危険度が高いので、すぐにかかりつけの産婦人科に電話して相談しましょう。

基礎体温の低下

吐き気などの「つわり」の症状がなくなり、基礎体温が低下している場合も要注意です。

流産の場合、プロゲステロンと呼ばれるホルモンの分泌量が減少するため、基礎体温が低下します。

ただし基礎体温の低下には、さまざまな理由が考えられ、気温の変化やストレス、胎盤の完成時期などが原因の場合もあります。

そのため、すぐに流産とは判断できません。

妊娠初期に腹痛があるときの対処法


妊娠初期に腹痛があるときは、絶対に自己判断せず、医師の診察を受けてください。
過剰に不安になる必要はありませんが、少しでも異変を感じたら産婦人科で必ず相談しましょう。

また受診後、「とくに心配がない」と判断されたときは、以下のことに気をつけてください。

子宮拡大が原因の場合

子宮拡大が原因の場合は、身体に負担がかからないよう、できるだけラクな姿勢をこころがけましょう。
とくにお腹に力が入るような姿勢はNGです。

また下半身を温めることも大切です。
お腹まわりはもちろんのこと、足元の冷えも子宮に影響を与えるため、レッグウォーマーや保温効果の高い靴下を着用するよう、こころがけてください。

下痢や便秘が原因の場合

下痢や便秘が原因の場合は、身体をあたため、消化によい食べ物を取るようにしましょう。
おすすめは、しょうが入りの料理や、おじやなどです。

また便秘の場合は、オリゴ糖の摂取も有効だといわれています。

身体の冷えも、腸の働きを弱めてしまうため、日頃からあたたかい恰好で過ごすことが大切です。

≫ママにも赤ちゃんにも安心!「オリゴ糖」で毎朝スッキリ♪

妊娠初期の腹痛の原因を知って、冷静に対処しよう

妊娠初期に腹痛があると不安に感じてしまいますが、生理的な現象であることが多いため、まずは気持ちを落ち着かせましょう。

とはいえ、なかには危険な腹痛もあり、流産や子宮外妊娠を疑ったほうがよい場合もあります。

痛みの度合いだけでなく、出血の有無や基礎体温の変化なども確認し、冷静に対処してください。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。