家事や育児(抱っこやおんぶ)などによる首凝り・肩凝り改善ストレッチ

家事や育児(抱っこやおんぶ)などによる首凝り・肩凝り改善ストレッチ

毎日の家事や育児などで、首や肩に違和感のある方は多いと思います。私の三番目に生まれた子の話なのですが、抱っこでないと中々寝てくれない子でおんぶが出来るようになるまで一日中抱っこをしていました。

おんぶが出来るようになってからは一日中おんぶで、家事が出来るようになったので良しとしましたが大きな子だったので大変でした。

抱っこもおんぶも、知らず知らずのうちに力が入り肩がパンパンになって首が辛くなっていきます。

  • 治療院に行きたいけれど赤ちゃん連れだし・・・
  • 忙しくて時間がないから治療院には行けない・・・
  • 今、肩を揉んでくれる誰かはいない・・・
  • 肩こりが酷くて頭痛もある・・・

当てはまる方はいらっしゃいませんか?その違和感をストレッチだけで改善することができます。私と一緒にストレッチをした方の多くは首や肩の違和感を改善出来たと感じてくれています。

ストレッチをすると凝り固まった筋肉がほぐれて身体は楽になります。その他にも上半身の血流がアップすると母乳の出を促進してくれるという効果もあります。

レッスンに参加してくれている方のお話なのですが・・・その方は元々肩凝りがあって、肩凝りが酷すぎて頭痛もすると言っていました。その時は12月で、冷え性もあるその方は寝つきが悪く夜中も寒くて目が覚めたりで困っていたそうです。

そんな時、レッスンでいつもやっているストレッチをしたら何か変わるかもしれないということで、寝る前にストレッチをすることにしたんだそうです。

そうすると、血流がアップして身体が温まり寝つきがよくなったそうです。次の日も寝つきが良くなればと思ってストレッチをしたそうです。寝つきが良くなることが分かったので毎日ストレッチをするようになったら、肩凝りも肩凝りからの頭痛も軽減したそうで治療院に通うことがなくなったとおっしゃっていました。

そしてその方はとても身体の硬い方だったのですが下半身のストレッチも実践して、今では柔軟性がアップして身体の硬い方に「こうするといいんだよ!」とストレッチのやり方を教えてあげたりしています。

すぐに!と言うわけにはいかないかもしれませんが、ストレッチを覚えて思い出した時にやってみてくださいね。きっと、今よりも違和感は軽減されるはずです。是非ご一緒に!

※座り方は正座でなくても、座りやすい形で行ってください。

荻野則子先生

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー