家事や育児(抱っこやおんぶ)・反り腰などによる腰痛改善ストレッチ

家事や育児(抱っこやおんぶ)・反り腰などによる腰痛改善ストレッチ

肩凝り同様、腰痛でお困りの方もたくさんいらっしゃると思います。妊娠するとお腹が大きくなり、腹筋が伸ばされて筋力が落ちます。子宮の中の赤ちゃんがだんだん大きくなるので、腰が反り気味になります。こうして反り腰になり、産後も腹筋が直ぐに戻るわけではないので反り腰が続き腰痛の原因になります。その他にも、抱っこやおんぶ・家事などで疲労がたまって腰痛を起こしている方も。

これまでにぎっくり腰になってしまったことのある方、なんとなく危ないと感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。ぎっくり腰はふとした弾みでなる事が多いと思いますが、それはそれまでに蓄積された疲労がある一定のラインを超えた時点でぎっくり腰になるとされています。ぎっくり腰を起こした後、安静にしていれば段々痛みは良くなるとは思います。ですが、ぎっくり腰が癖になっているという方は、ある一定のライン付近まで疲労が蓄積した状態が続いているということになります。

腰にたまった疲労をどうやって解消したらいいかわからない。マッサージを受けに行かないとダメだと思う。そのように思っている方はいらっしゃると思いますが、疲労はストレッチで解消出来ますので是非ご一緒に。

荻野則子先生

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー