絵本の選び方の目安

絵本の選び方の目安

今回は、絵本の一番簡単な選び方の目安をご紹介したいと思います。まず、本屋さんか図書館に行きます。絵本コーナーに行ってみると、たーくさんの絵本があって、楽しい雰囲気ですね。でも、どんな絵本を選べばいいかわからない時は、たくさんあり過ぎて困ってしまうかもしれません。

さて、たくさんある中でどんな絵本を選ぶかですが、一つの目安としては「初版から20年以上経った本であること。」出版年月日を確認してみてください。現在、ものすごくたくさんの絵本が出版されています。その中で長い間読み継がれている本というのは、やはり素晴らしい絵本が多く、子どもたちに読み聞かせた時に、その反応ですぐにそれがわかるでしょう。選ぶのに迷ったら一番わかりやすい目安になると思います。

こういった絵本は、繰り返し繰り返し読まれても、飽きるどころか年齢を重ねてからも新たな発見があります。赤ちゃんから大人まで楽しめる絵本には、絵本の魅力がぎゅっと詰まっているように感じます。

例えば、日本で一番売れている絵本という「いない いない ばあ」は、1967年が初版です。きっと、今のお父さんお母さんの中にも、赤ちゃんの頃読んでもらった思い出をお持ちの方もたくさんいらっしゃるはずです。「お母さんも、赤ちゃんの頃、おばあちゃんに読んでもらったよ」と伝えることは、命のつながりを、肌で感じる機会にもなるでしょう。

ひとつ注意点を挙げると…、裏表紙などに、対象年齢という表記があるのですが、それは目安に過ぎません。その子の様子を重視しましょう。例えば初めて絵本に触れるのが3歳からの場合には、対象年齢3歳からのものではなく、0歳児向けのものからの方が、かえって絵本の世界にすっと入れることもあります。逆に、0歳でも、絵のはっきりしたものなど、登場人物の顔に注目したり、おもしろいと感じるページだけを行ったり来たりしたり、3歳からを対象年齢とした絵本を楽しむこともできます。必ずしも物語を順にたどる必要はないのです。

ぜひ、まずは一冊、二冊と絵本を読んでみてください。そして、お子さんの様子を見てみてください。段々と絵本への反応が良くなっていったり、好き嫌いなどの違いが見えてくるでしょう。その姿を見ていると、ますます絵本を選ぶのが楽しみになりますよ。

平松祐美子先生

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー