マタニティブルーは産後いつまでつづく? 解消できる?夫との関係は?

待ちに待った赤ちゃんの誕生、嬉しいはずなのに、どうして気持ちがふさいでしまうのでしょう?
産後、こんな風にマタニティブルーに悩むママはたくさんいます。

そこで、今回は、産後のマタニティブルーについて、継続期間やその解消方法、パパとの関係で気をつけたいことなどをまとめてみました。

産後にマタニティブルーになる女性は多い


マタニティブルーとは、妊娠中はもちろん、産後の女性にもおこりやすい、一時的な情緒の不安定な状態のことです。

待ちに待った赤ちゃんが生まれて、嬉しいはずなのに、わけもなく涙が出たり、周りの人のなにげない言葉にイライラしたり悲しくなったり、何もやる気がおこらなくなったりして、そんな自分に戸惑うママも多いのはないでしょうか?

産後にマタニティブルーになる原因

出産後のママがマタニティブルーになる原因のもっとも大きなものは、ホルモンバランスの急激な変化です。

出産を機にママの身体から分泌される女性ホルモンは急激に変化します。
その急激な変化に心が対応しきれずに、情緒が不安定になってしまうのです。

また、出産はママにとっても大仕事であり、身体はかなり疲労しているはず。
にも関わらず、出産後のママには、夜中の授乳や慣れない赤ちゃんの世話で、精神的にも体力的にもかなりのストレスがかかっています。

それらの疲れやストレスもマタイティブルーを引きおこす要因のひとつと考えられます。

産後のマタニティブルーはいつからいつまで?


産後のマタニティブルーは、ホルモンバランスが急激に変化する出産2~3日後から1週間後の間に始まることがほとんどです。

自分でコントロールできずに、不安感や焦燥感、倦怠感に襲われるため、とても辛く、いつまでこのような精神状態が続くのだろうと不安に思うママも多いでしょう。

しかし、このような状態は、そう長続きはしません。
発症後4〜5日目をピークに、じょじょにおさまり、10日間から2週間で、自然に軽快にむかいます。

このように、マタニティブルーは一過性のものなので、過剰に心配することなく、誰でも通過する生理的反応と考えて、できるだけゆったりとした気持ちで乗り切っていきましょう。

入院中にマタニティブルーになったら

産後2~3日後というと、まだ入院中のママがほとんどだと思います。

この時期に、なんだか悲しい、不安感が常につきまとうというような自覚症状がある場合は、退院する前に看護師さんに相談してみましょう。

さまざまなマタニティブルーのケースを見てきている看護師さんに相談することで、適切なアドバイスをもらえることも多いですし、誰かに話すことは、思った以上に心を軽くするものです。

産後うつとの違いは?

マタニティブルーは病気ではなく一過性のものですが、もし、気分の落ち込みが1ヶ月以上続くようなら、産後うつが疑われます。

産後うつは、産後数週間から数ヶ月以内に発症する精神的疾患です。
精神的症状のみならず、頭痛や、食欲不振などの身体的症状を伴うのも特徴のひとつです。

漠然とした不安、抑うつ感にとどまらず、「母乳が出ないのは母親失格だ」「泣き止まないのは、私が母親として未熟だからだ」というような罪悪感もみられるようになります。

このような兆候が見られる場合は、産後うつを発症している可能性があります。
産後うつの場合や、カウンセリングや治療が必要がとなりますので、早めに医師の診断をあおぐことをおすすめします。

マタニティブルーが夫婦関係を悪化させる?


産後のマタニティブルーは、一時的に心の浮き沈みが激しくなっているにすぎず、自然に回復していくものです。

しかし、このマタニティブルーがきっかけとなって、それまで良好だったパパとの関係が悪化するケースもよくみられます。

そこで、以下、産後に夫婦関係が悪化する主な原因をみてみましょう。

イライラして、優しくできない

マタニティブルーの女性は、自分の心を自分でもコントロールできない状態にあります。

パパが嫌いになったわけでもなく、パパが悪いわけでもないのは、頭ではわかっているのに、ささいな言動にイラついて、つい八つ当たりしてしまったりするのは、そのためです。

優しい言葉をかけるかわりに、出てくる言葉はパパへの愚痴や文句になってしまいがち。
嫌いになったわけではないのに、突然パパに触られるのも嫌になるという女性もいます。

イライラして八つ当たりされるパパは、自分の妻が大変なのがわかっていても、いい気分にはなれないものです。
しかし、マタニティブルーの期間は自分でも気分を上手にコントロールできないもの。

よい関係を保つためにも、パパや家族にもそのことを十分に理解してもらうことが大切です。

変化しない夫への不満

妊娠中からじょじょに母性を育んてきたママと、実感がなかなか持てないパパ。
両者の間で、育児に対する温度差が生まれてくるのは、仕方のないことかもしれません。

赤ちゃんが生まれても、パパは朝になったら会社に出かけて行きます。

もちろん、誰かが外で働いてくれないと困るのですが、基本的に生活のルーティンがそう変わらない夫と自分の違いを不満に感じたり、家事に非協力的な夫にイライラしたり、赤ちゃんと家にこもりっきりの生活に孤独感を感じたりすることは、よくあることです。

イクメンという言葉も出てきましたが、まだまだ赤ちゃんの世話はママの仕事と考える男性も少なくありません。
マタニティブルーをきっかけに、育児に対する意識が変化しない夫への不満がどっと爆発することもあるのです。

夫との関係の変化

出産後、夫婦をめぐる環境も変わってきます。

特に、ひとり目の出産の場合、それまで、夫婦ふたりだった生活に子どもが加わるわけですから、毎日の生活は大きく変化します。
それに伴い、夫婦の関係も変化を余儀なくされます。

それまでは、パパを優先していた奥さんも、赤ちゃんが最優先の生活になるのは当然のこと。
自然、夫婦の会話の時間が短くなったり、すれ違うことも増えてきます。

その変化に上手に対応できずに、夫婦関係が悪化してしまうケースもみられます。

赤ちゃんの誕生は、本来なら、ママにとっても、パパによっても喜ばしい出来事のはずです。

しかし、実際には、マタニティブルーをきっかけに、上記のような理由から、夫婦関係が悪化するというケースも、昨今よく見られるようになりました。

マタニティブルーが終わって、良好な関係に戻れればいいのですが、これがきっかけで、産後クライシスに陥る場合もあります。
そうならないためにも、大変な時期こそ、夫婦間のコミュンケーションをはかり、ふたりで一緒にマタニティブルーを乗り切ってほしいと思います。

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=
http://www.babys-room.net/42.html)

産後クライシスに陥らないために

産後クライシスとは、出産後2年以内に、夫婦間の愛情が急速に冷えてしまう現象のことを指します。

産後にマタニティブルーを経験する女性も多く、それがきっかけで夫婦の関係が悪化することがありますが、それが、長期間にわたって継続し、離婚問題にまで発展しまうケースが、年々増えています。

このような産後クライシスに陥らないためにも、日頃からの夫婦間のコミュニケーションは欠かせません。

夫婦といえど、お互いに思っていることを素直に言葉で表現することは必要です。
特に出産後は、ママもパパもそれぞれに、育児への不安や、相手への要望を心のうちに持っているはずです。

赤ちゃんを迎えて、新しい家族の形を模索するべき時期だからこそ、お互いが思いやりをもち、オープンに話し合える環境づくりが必要です。

パパもマタニティブルーになることがある

女性に比べれば少ないのですが、実は、産後にパパがマタニティブルーになることもあります。
男性がなぜ、精神不安定な状態になるのか、それには以下ような原因が考えられます。

    • 経済的な面でのプレッシャーが大きくなる
    • 父親であることの責任が重く感じられる
    • 子どもがいる環境への変化になかなか慣れない
    • 慣れない家事を手伝おうとしてうまくいかずに疲れる
    • 夫婦の時間が減少する

赤ちゃんが生まれると、ママほどではないにしても、パパの生活も当然変化し、家族に対する責任など、プレッシャーも強く感じるものです。

マタイティブルーは、もはや女性だけの特権ではないようです。

それに子育てとは夫婦の共同作業であるべきもの。
女性も男性もマタニティブルーになる可能性があることを理解し、パパとママがお互いに思いやることは、大事なことです。

マタニティブルーは解消できるの?

産後のマタニティブルーは一過性のものです。
うつ病のような病院での治療も必要としませんし、2週間程度で自然に軽快に向かうのが普通です。

ただ、そうはいっても、自分の感情をコントロールできない状況は、その渦中にいる人にとっては、つらいものです。

マタニティブルーがきっかけで、夫婦関係が崩壊する産後クライシスや、長時間にわたる育児ノイローゼに発展することもないとはいえません。

つらいマタニティブルーの時期をどのようにのりきればよいのか、その対処法をいくつかご紹介しましょう。

自分を責めないこと

マタニティブルーの主な原因は、ホルモンバランスの急激な変化です。
ですから、産後の女性なら誰でもなる可能性がある生理的現象のひとつと考え、自分を責めないようにしましょう。

体が変化に慣れてくれば、自然に症状は軽くなっていきます。

何もかも完璧にしようとしないこと、産後は少し手を抜くくらいでちょうどよいのです。
誰にとっても避けて通れない変化の時期ですから、できるだけゆったりとした気分で過ごすようにしましょう。

産後すぐは体を休める

出産は、女性にとって、人生の大仕事。
出産後の女性は体力、気力ともに、かなり疲れています。

しかし、赤ちゃんは待ったなしです。
おむつをかえたり、授乳したり、あやしたり、ゆっくり休む暇がありません。

そういう時期だからこそ、無理をしないことが大切です。

大変なときは、パパや、実家の両親、親しい友達に、お願いして手伝ってもらいましょう。
身体が疲ているときは、心もなかなか前向きになれないもの。
産後1ヶ月は身体を休めることも、ママにとっては大事な仕事のひとつです。

悩みごとを心にためない

不安な思いや、不満を心にためておくのはよくありません。

誰かに話すことだけでも、心はずいぶんと軽くなるものです。

また、初めての赤ちゃんであれば、戸惑うことや、どうしていいかわからないこともたくさんあるのではないでしょうか。
困ったとき、不安ななときは、友人など誰かに相談にのってもらいましょう。

夫婦の時間も大切に

産後は、どうしても赤ちゃん優先の生活になりがちです。
しかし、家庭は、パパとママの協力があってこそ、成り立つものです。

パパだって、責任の重さを感じていたり、慣れない家事や育児の手伝いで戸惑いをかかえているかもしれません。
大変なときこそ、夫婦のコミュニケーションをはかる時間をしっかりとっていきたいものです。

マタニティブルーは夫婦でのりきる


産後、誰もがなる可能性があるのがマタニティブルーです。
マタニティブルーは一過性のものですが、それがきっかけで夫婦間の関係がギクシャクしてしまうことも最近は増えてきました。

しかし、大変なときだからこそ、赤ちゃんの名前をふたりで考えたり、子育てについての考えを話し合ったり、家事の分担を考えなおしてみたり、一緒に子育てしていく姿勢が大事なのです。

本人にとって、マタニティブルーはつらい経験ですが、それは、夫婦の絆を深めるきっかけにもなります。
マタニティブルーを夫婦が協力して乗り越えた経験は、ふたりのこれからの家庭生活をより豊かなで温かなものにしてくれることでしょう。

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク