どんな絵本が良いか迷ったときは図書館へ行ってみよう!

図書館へ行ってみよう!

図書館

絵本の選び方については、以前コラムでご紹介しましたが、ひとつ、おすすめの方法があります。それは、図書館へ行ってみるということです。すでによく通っている方は、なぁんだ、と思われるかもしれないのですが、絵本の読み聞かせを続ける上ではかかせないことなので、少しご紹介したいと思います。

子どもの、素晴らしく早い成長の中で、お気に入りの絵本もどんどん移り変わっていきます。その都度買っていたらきりがありません。本を選ぶ目安はさまざまあるのですが、どんな絵本が良いか迷ったときは、図書館でとりあえず借りてみる。そして実際に家で読み聞かせてみる。そうすることで、子どもの反応や好みもわかります。成長による変化だけではなく、逆に繰り返し繰り返し要求してくるような絵本もわかります。本当に気に入ったものを、本屋さんで購入すれば良いのではないかと思います。

図書館の本達は、たくさんの人が借りてとても親しみやすい雰囲気です。本屋さんに並ぶ新品の本達は、帯もついてぴかぴかで、おしゃれをしたよそゆきの姿です。気に入った絵本が、自分のお家にやってくる、という特別な瞬間もまた、子ども達にとって喜ばしいものになるのではないでしょうか。

また、図書館には子どもの本の専門家がいます。読み聞かせやわらべうたなどのイベントを行っていることが多く、ダイレクトな反応をご存知です。子どもの反応を基準にすることで、大人の感性では選び取れない、名著に出会えることでしょう。子どもの本のスペースでは、子ども達が本を選びやすいように低い書架になっていたり、小上がりがあったり、その時期ごとに特設コーナーがあったり、親子で楽しめる空間になっています。

そしていちおしは、紙芝居です。ももんちゃんシリーズでおなじみの、とよたかずひこ氏の講演で伺ったお話では、絵本を作ることと紙芝居を作ることは、全く違うものだということです。実際に読んでもらうとわかるのですが、紙をめくる速度や、途中までめくって間を取るなどの演出によって、物語にいっそう引き込まれます。そういった独自の工夫が楽しめる紙芝居、今ではなかなか読んでもらう機会はありません。でも、実は図書館にたくさん置いてあるので、ぜひ一度借りてみてください。いつもの読み聞かせが一風変わった趣となって、子ども達は喜んでくれることでしょう。

「でんしゃがくるよ」(紙芝居)

ただ文章を読むだけではわからない面白さがあり、紙芝居になると物語がいきいきとしてくるのが不思議です!

どんどこももんちゃん

いわずと知れた大人気シリーズ。もう、表情を眺めているだけで楽しいのです。お母さんっていいなあ!と思えます。

図書館は静かなところなので、子連れでは行きにくいと思っている方もいらっしゃるようなのですが、公共の施設なので、おむつ替えスペースや授乳室が整備されていることも多く、実は子育て中のお母さん達が、出掛けやすいところのひとつなのではないかと思います。お母さん同士の顔なじみができることもあります。市区町村での子育て情報や、催しの情報が入手しやすいという利点もあります。

赤ちゃんだった子ども達がどんどん大きくなって、図書館というところへ行くことが当たり前になっていたら…。絵本を楽しみ、それをきっかけとして本が好きになっていく子は、大きくなるにつれ自分で図書館に足を運び、自らたくさんの世界に触れていくことでしょう。本がずらりと並んだ空間は、それ自体が新しい世界への扉です。本一冊一冊に何かしらの物語が秘められていて、手にとって開くだけでいつでも別世界へ行ける。読書体験と、その魅力を知っているということは、必ず生きる力になります。お母さんの読み聞かせが入り口となって、そんな風に本を好きになる子が増えたら良いなあと願っています。

もし図書館をあまり活用されたことがない方は、ぜひ、まずはお近くの図書館に足を運んでみてくださいね。

平松祐美子先生

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー