赤ちゃんにキスするとムシバ菌がうつるって本当?

赤ちゃんにキスするとムシバ菌がうつるって本当?

虫歯がうつる

かわいいかわいい赤ちゃん。

頬ずりしたりキスしたり、いっぱいしたくなるけれど、「キスでムシバ菌が感染する」なんて聞いたことがあるし、しないほうがいいのかな?

赤ちゃんのママたちから、とてもよく聞かれる質問のひとつです。

「赤ちゃんにキスは禁止と言っておいたのにパパがしてしまった。」「おばあちゃんが同じコップでお水を飲ませてしまった」と、とっても悲しくなってしまうママもたくさんいます。

産まれたばかりの赤ちゃんのお口の中にムシバ菌はいませんが、大きくなるにつれて周りの大人から感染していきます。

ムシバ菌の感染は、1歳半から2歳7か月の間に集中しておこることがわかっていて、この時期のことを「感染の窓が開いている時期」と呼びます。この時期を過ぎるとお口の中の菌のバランスが安定するので、窓が閉じるかのように、それ以上新しいムシバ菌の感染は起きづらいのです。赤ちゃんのお口の中の環境は、7割以上がママからうつっていったものであることもわかっています。

では、その時期は赤ちゃんに頬ずりしたりキスしたりしないほうがいいのでしょうか。そんなはずはありません。赤ちゃんはママといっぱいふれ合うほうがいい。赤ちゃんのお口を母親がなめたりするのは、動物では当たり前のことです。赤ちゃんを無菌のままで育てることはできません。お口の中にいるのはムシバ菌だけではないので、元気に育つために必要な「よい菌」もちゃんとママからもらわなくてはいけないからです。

赤ちゃんのお口にできるだけムシバ菌をうつさないために大切なことは、子どもの「感染の窓が開いている」時期に、ふれあわないようにすることではありません。ママをはじめ家族全員でお口をきれいにして、大人の側のムシバ菌を減らすことがもっとも効果的なのです。

子どもが3歳になるまで積極的にママのお口のムシバ菌を減らしたグループは、なにもしなかったグループに比べて子どものムシバ菌がとても少なく、その後も低いまま保たれることが報告されています。ママの口でかみくだいたものをそのまま食べさせるような、大人の唾液が大量に赤ちゃんのお口に入るようなことはおすすめできませんが、キスしたり熱いものをフーフーしたり、日常生活でのふれあいに神経質になる必要はありません。

ママのお口のムシバ菌をへらすためには、まずは虫歯があったらしっかり治すこと。毎日の歯ブラシやフロス以外に、定期的に歯医者さんでクリーニングしてもらうことがおすすめです。日常的にキシリトールガムなどを噛むのも効果的です。

子どもが3歳になるまでママのお口をきれいにすることで、子どもが一生ムシ歯に悩まされずにすむとしたら、ママのお口も健康になって一石二鳥!がんばりがいがあります。

ママやパパのお口はとても汚くて、さわってはいけないものなのだと赤ちゃんが思ってしまうのはとてもさみしい。きれいなお口で、今しかないかわいい時期の赤ちゃんに、自信をもってたくさんキスや頬ずりをしてもらいたいと思います。

今村由紀先生

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー