子どもの口臭の原因

子どもの口臭の原因

子どもの口臭

「子どもの口の匂いが気になるんです」と、子どもの口臭を気にして小児歯科に来るママも多いです。私も自分の子どもが小さい頃、子どもの口臭が気になって、お友達に嫌がられたりしないかな、なんてかなり心配したので、ママたちの悩みはとてもよくわかります。

子どもの口のにおいが気になったときは、まずはしっかりお掃除ができているかを確認しましょう。

お口の中に汚れがたまっていると、口臭の原因になります。子どもでも、歯ブラシだけでなく、フロスで歯と歯の間のお掃除をすることがとても大切です。

お家でしっかり歯みがきしていても、診察の時にフロスをしてみると、汚れがたくさん出てくることにびっくりするママも多いです。こびりついてしまった汚れは、お家での歯ブラシやフロスだけでは落とせないこともあります。歯医者さんの定期検診のときに、お家できれいにみがくやり方を教わることと、定期的に機械などでクリーニングをしてもらうことをおすすめします。

大人では、舌に汚れがたまって口臭の原因となることも多いのですが、子どもの場合、特別汚れていないかぎりは、舌ブラシなどを使う必要はありません。舌ブラシは使い方によっては舌を傷つけてしまいますので、使った方がよいかどうかは、歯医者さんに相談してください。

むし歯の穴の中に汚れや食べかすがつまっていたり、むし歯がひどくなって膿がたまっていたりすることも、口臭の原因になります。むし歯がある場合はまずはむし歯の治療です。

むし歯もないし、しっかりみがいているつもりなのに、やっぱりにおう・・・。子どもの口臭で一番多い原因は、鼻がつまっていたりして、口がいつも「ぽかん」とあいて口呼吸になっていることです。口がいつもあいていて、口で呼吸をしていると、乾燥して菌が増えやすくなり、口臭が出てきます。長期間鼻がつまっているような場合、鼻の奥の方に膿がたまってしまう「蓄膿症」という病気の可能性もあります。蓄膿症も口臭の原因になります。

鼻がつまっていて鼻で呼吸ができないときは、まずは耳鼻科で鼻の治療をしてもらって、いつも口を閉じて鼻で呼吸するようにこころがけてください。
口呼吸は口臭の原因になるだけでなく、歯並びが悪くなったり、歯肉炎になったり、風邪をひきやすくなるなど、様々な悪影響があります。
一度口呼吸の癖がついてしまうと、あとから鼻呼吸になおすのはとても大変ですので、小さいころから口をしっかりむすんでいるのが「お口のいい姿勢」だと教えてあげてください。

大人の場合、胃腸などの内臓疾患が原因で口臭が発生することもありますが、子どもの場合はほとんどありませんので、まずは口や鼻の状態を改善してみましょう。

ママが子どもの口臭を気にされているケースで、他にとても多いのが、実はたいしたことない、というものだったりします。息のにおいというのは誰にでもあるものです。特に朝起きたときや、体調が悪いときは、口のにおいが強くなります。自分の子ども以外の子の口の臭いを間近でくんくんする機会というのはあまりないので、自分の子の口臭ばかりが気になってしまいがち。一度気になるとさらにくんくんかぎたくなって、さらに気になって・・・と、ちょっと気にしすぎてしまっているママも多いです。

毎日たくさんの子ども達の口を診ている小児歯科の先生に一度相談してみて「普通ですよ」と言われたら、あまり気にしなくていいんじゃないかなと思います。口臭の測定器が置いてある歯科医院もありますので、ちょっと気になる場合には、かかりつけの歯医者さんに相談してみてください。

診察室で「この子の口、クサイんですよ。」なんて言われている子の顔を見ると、なんだかとってもバツの悪そうな顔をしていたりして、かわいそうに思ってしまうことがよくあります。自分の口はくさいのかな・・・なんて思ってしまうと、お友達と話すときも気にしてしまったりするようになりかねませんので、あまり本人の前で言わないであげてほしいなあと思います。

今村由紀先生

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?