指しゃぶりはやめさせたほうがいい?


指しゃぶりはやめさせたほうがいい?

指しゃぶりをすると歯並びが悪くなる、という話を聞いたことがあるママは多いと思います。指しゃぶりは、どんどんさせてあげていい時期と、少しずつ減らしたい時期、やめさせたい時期があります。

0~1歳の指しゃぶり

0歳の赤ちゃんでも「指しゃぶりするんですけど、歯並びが悪くなりませんか?」と心配されるママが多いのですが、この時期の指しゃぶりが歯並びに影響することはありません。

赤ちゃんはお腹の中でも指しゃぶりをしていることがわかっていて、おっぱいを飲む練習をしていると言われています。「赤ちゃんが指しゃぶりをするのは欲求不満だから」なんて聞いたことのある人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。「指をお口にいれて吸ってみたら気持ちがいいぞ」と、脳の動きと体の動きを結びつける、発達の重要な一段階ですので、この時期の指しゃぶりは、思う存分させてあげてください。手足や指は、赤ちゃんの最初の楽しいおもちゃです。

指しゃぶりは生後2か月くらいから、両手の親指をしゃぶり始める子が多いです。
3か月くらいまでは、こぶしを握るときに親指を中に入れていることが多いので、指しゃぶりがなかなかできないこともあるのですが、4か月をすぎてもなかなかこぶしを開かない赤ちゃんには、ママが時々こぶしの中に指を入れて握らせてあげるとてのひらがほぐれやすくなります。

1歳になると、手を使った遊びが増えたり、離乳が完了して色々なものを食べられるようになったりすることで、昼間の指しゃぶりは少しずつ減って、眠いときや寝ている間だけになっていきます。この時期もまだ指しゃぶりを無理にやめさせる必要はありません。

2歳の指しゃぶり

2歳くらいで昼間も頻繁に指しゃぶりをしている場合、上の前歯が指で押されてちょっと前に出てきたりすることがありますが、3~4歳くらいになって指しゃぶりをしなくなれば元に戻ることがほとんどです。

2歳の間に少しずつ指しゃぶりを減らすようにしましょう。

いつも同じ指を吸っていると、皮膚がかたくなってタコのようになる「吸いダコ」が指にできることがあります。吸いダコができている場合、お口の中の同じ場所に頻繁に力がかかっている可能性がありますので、歯並びに影響が出てくるリスクも高くなります。眠い時や、寝ている間だけ指しゃぶりをする場合は、まだ様子を見ていて大丈夫ですが、眠ったら指を外してあげるようにしてください。

指しゃぶりをしないと寝付けない・・・という子もいます。夜寝るときは、ママと手をつないだり、お気に入りのお人形を抱っこしたり、指しゃぶりに代わる「ねむりの儀式」のようなものがあると、スムーズにやめられることが多いようです。

昼間起きている時も頻繁に指しゃぶりをしているようでしたら、手を使った遊びに誘導してあげましょう。「指しゃぶりしちゃダメ!」と叱ったりすると、かくれてやるようになってしまうこともあるので、手持ち無沙汰に指しゃぶりをしているのを見かけたら、指のことには触れずに、手におもちゃをもたせたり、手を使った遊びをさせたりしてみましょう。

2歳のころの指しゃぶりは、まだ様子を見ていても大丈夫な時期ですが、年齢が高くなるほどやめるのに苦労することもあるので、2歳の間に頻度が減らせるといいかなと思います。

3歳過ぎてからの指しゃぶり

3歳すぎてもまだ昼間の指しゃぶりが頻繁にあると、そろそろ歯並びへの影響が気になってきます。上の前歯が前に出てきたり(上顎前突)、咬んだときに上下の前歯の間に隙間があいたり(開咬)、顎を横にずらして咬むような癖がついたり(交叉咬合)することがあります。

この写真は、指しゃぶりが原因で、奥歯でぎゅっとかんでも、上下の前歯の間に隙間ができてしまう「開咬」という歯並びです。

指しゃぶりで出来る歯の隙間

4歳くらいまでに指しゃぶりをしなくなれば、自然に歯並びも戻ってくることが多いので、そろそろ指しゃぶりは卒業を考えましょう。

3歳を過ぎてくると、なんとなく手持無沙汰に・・というよりは、自分で意識的に指しゃぶりをしている場合が多いので、やめさせるのにちょっと苦労することもあります。指しゃぶりを卒業するきっかけは、インターネットや育児情報誌などでもたくさん紹介されていますが、本当に人それぞれです。

1日指しゃぶりをしないでいられたらシールを貼る、手袋をはめる、マニキュアを塗るなど、ママたちが色々アイデアを練っています。

無理にやめさせると、かわりに足の指をしゃぶるようになったり、爪や唇をかむなどのほかの癖に移行してしまうこともあるので、3歳になったけどなかなかやめるのは難しそう・・・という場合には、小児歯科や矯正科の先生に相談してみましょう。

この頃になると、先生ともたくさんお話ができるようになって、いろんなことが理解できるようになってきます。ママやパパがいくら言ってもやめられなかったのに、「○○ちゃんと先生のお約束だよ」と、歯医者さんや幼稚園の先生など、家族以外の人と約束したことがきっかけでピタリと指しゃぶりをしなくなる子もたくさんいます。

永久歯が生えてくる時期にまだ指しゃぶりがあると、永久歯の歯並びに影響を与えますので、歯の生え変わりが始まる5~6歳までには指しゃぶりはやめさせたいものですが、この時期まで指しゃぶりが残ってしまった場合には、なにかしら心理的な働きかけをしないとやめるのは難しいと言われています。

指しゃぶりをする時期が長かった子は、上の乳歯の抜ける時期が早まることがあります。歯の生え変わりの時期には、乳歯の根っこが少しずつ溶けていくのですが、指しゃぶりでいつも上の前歯に力がかかっていると、通常よりも早く根が溶けてしまうことがあるからです。
乳歯は、5歳くらいに下の前歯から抜け始める子が多いのですが、指しゃぶりの癖があった子は、上の前歯が先にぐらぐらになって抜けることがあります。

まとめ

指しゃぶりは、0歳1歳の間は気にしなくて大丈夫。2歳の間に少しずつ減らすようにして、3歳を過ぎたらやめられるようにしましょう。

6歳すぎても指しゃぶりの癖がなくならない場合は、児童心理士など、子どもの心の専門家にも相談してみることをおすすめします。

今村由紀先生

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

赤ちゃんの部屋をフォロー