流産する確率はどのくらい?年齢や妊娠週数によってかわってくる?

妊娠をして、喜びを感じると同時に、妊娠時の体調不良や出産時の不安をいだく方も多いのではないでしょうか。

なかでも「流産」は妊婦にとって、もっともさけたい項目といっても過言ではないのかもしれません。
とくに、身内や周りの人で流産を経験されたという方は「自分も流産になるのでは…」と不安も大きくなることでしょう。

「流産」に至る確率は、妊娠の時期や妊婦の年齢などさまざまな条件によって変わります。

そこで今回は、「流産」の確率について詳しく紹介していきます。

流産する確率はどのくらい?

流産とは、妊娠22週目までになんらかの原因をもって妊娠が継続できなくなってしまうことです。
具体的に「流産」をする確率はどのくらいになるのでしょうか。

妊娠した人の15%は流産を経験する

実は、妊婦の15%は流産を経験するといわれています。
決して低い確率ではありません。

また、流産の80%は、胎盤が形成される妊娠12週目までに起こるケースが多いようです。

妊娠12週目までの身体の変化は、流産の兆候である可能性があるため、十分に注意しましょう。

どのようなことで流産する確率はかわってくる?

「流産」を経験する妊婦の15%のなかでも、妊娠時期や妊婦の年齢によって確率はかわってきます。

続いては、どのようなことが「流産」の確率に影響してくるのかを、みていきましょう。

妊婦の年齢

妊婦の年齢によって「流産」の確率が変わることがあります。

年齢別にみた流産の確率
20代 9~11%
30~34歳 15%
35~39歳 25%
40歳以上 50%以上

流産の確率は、20代が9~11%です。
しかし、40代を過ぎると50%以上と確率が一気に高くなります。

年齢が上がると流産の確率が上がるのはなぜ?

年齢が上がることで、流産の確率まで高くなるのは、なぜでしょうか。

流産の原因に、胎児の染色体異常があります。
染色体異常があると、ひとりでに自然淘汰として流産が引き起こされるのです。

年齢が上がると染色体異常が起きる可能性も高くなるため、流産の確率が上がるとされています。

また、年齢が高いことは、妊娠高血圧症候群や子宮筋腫を発症する可能性が高くなります。
高齢によってかかった病気から、流産に至るケースもあります。

時期

胎盤がしっかりと形成される妊娠12週目ころまでは、流産を起こす確率が高いようです。
実際に流産の80%は妊娠12週目までに起こるといわれています。

では、妊娠12週目を過ぎたら安心かといえば、そうではありません。
妊娠13週目以降も流産の可能性はあります。

流産の確率は、妊娠の時期によっても変わってくるのです。
時期ごとに流産の確率がどのように変化するのかをみていきましょう。

妊娠初期

妊娠初期に起こる流産の原因は、多くが胎児の染色体異常だといわれています。
胎児の染色体異常は、受精段階で流産が決まっています。

そのため、妊娠初期の流産はママに問題があることは少ないのです。

とくに、胎盤などが形成される前の妊娠初期の12週目までは、胎児の染色体異常の自然淘汰として流産が起きてしまう場合が多いようです。

タイミングに個人差はありますが、妊娠5週目頃を過ぎると、赤ちゃんの「心拍」や「胎嚢(たいのう)」、「胎芽」を確認ができるようになります。

心拍や胎嚢、胎芽の確認をしたことで「心拍を確認できたから、流産の可能性は低くなるかも」「胎嚢や胎芽が育っているからもう大丈夫かな?」と考える方もいるかもしれません。
しかし、心拍や胎嚢、胎芽の確認後でも流産の可能性はあり、確認前と確認後で確率もかわってきます。

妊娠週数

流産を経験した方の中で、妊娠12週目までに流産を起こしたケースは80%と、確率は高いようです。
では、妊娠12週目以降と比較すると、どのくらい確率が変わってくるのでしょうか。

妊娠初期の週数別にみた流産の確率
妊娠5~7週目 22~44%
妊娠8~12週目 34~48%
妊娠13~16週目 6~9%

表をみると、妊娠13週目以降に比べて、妊娠12週目までの方が流産の確率が高いことがわかります。

さらに、妊娠8~12週目は34~48%と、12週目までのなかでも特に流産の確率が高いことがわかります。
また、これから紹介する心拍数や胎嚢、胎芽の確認時期によっても確率は変わってくるので注意してください。

流産の兆候が見られる可能性があるので、妊娠8~12週目はとくに身体の異変には気を付けましょう。

心拍数確認前

赤ちゃんの心拍数が確認できるのは、個人差はありますが、妊娠6週目頃からだといわれています。
はやくて妊娠5週目、遅くて妊娠8週目で心拍数を確認されたケースがあります。

心拍数確認前の流産の確率は10~20%と考えられています。

心拍数確認後

心拍数確認前に比べ、心拍数確認後の流産の確率は一気に低くなり、3~5%程度だといわれています。

心拍数確認がされるのは、一般的に妊娠6週目頃だといわれています。
妊娠7週目以降にも確認できない場合には、次の検診を待つか、病院を受診することをオススメします。

胎嚢・胎芽確認後

胎嚢とは、お腹のなかで、赤ちゃんを包んでいる袋のことをいいます。

胎嚢が確認されても、胎芽や心拍数が確認されない場合、流産の確率は約15%といわれています。
反対に、胎嚢が確認できて、胎芽と心拍数が確認できれば、流産の確率は5%以下になります。

妊娠後期

妊娠初期に起こる流産の原因の多くが、胎児の染色体異常によるものといわれています。

しかし、妊娠後期の流産では、原因がママの身体にある可能性がでてきます。

原因がママの身体にある場合は、子宮奇形や感染症、絨毛膜羊膜炎(じゅうもうまくようえん)などさまざまな症状が影響していると考えられます。

これらの症状が起きている場合、妊娠しても流産を繰り返してしまう場合があります。
妊娠しても、子宮で赤ちゃんが育たなくて流産や死産を繰り返してしまうことを「不育症」といいます。

双子や三つ子などの多胎

双子や三つ子を妊娠した場合でも、流産の確率はひとりの胎児を妊娠したときと変わりません。

流産の確率は、ひとりの胎児を妊娠したときと同じ、15%ほどあるといわれています。

一卵性と二卵性で流産の確率はかわってくる?

双子を例として考えましょう。
一卵性の場合、双子で同じ遺伝子や染色体を持っている可能性があるため、片方が染色体異常を起こすと、もう片方も同じように染色体異常を起こして流産に至る可能性があります。

いっぽうで、二卵性の場合は、異常があった場合に片方の胎児が消えて、子宮に吸収されます。
そして、もう片方は正常に妊娠を継続できるケースがあります。
この現象は「バニシングツイン」と呼ばれ、医学的には「双胎一児死亡」といわれています。

バニシングツインのように、片方が子宮に吸収されない場合があります。

その場合は、妊娠が継続している胎児の成長をみながら、出産時に異常があった片方の胎児も取りあげます。

羊水検査

羊水検査とは、羊水から取れる胎児の細胞をもとに、胎児の染色体や遺伝子を調べる検査です。

検査では、お腹に針を刺して子宮から羊水を抜き取るため、子宮に刺激を与えることがあります。
また、針という異物を子宮に入れるので、感染症や出血の恐れや、羊水が流れ出てしまったり、破水が起きてしまう可能性もあります。

このような羊水検査のリスクから、0.1~0.5%の確率で流産に至ると考えられています。

2人目以降を産むとき

出産経験があっても、流産が起こる可能性はあります。
胎児の染色体異常などが原因で流産してしまう場合、過去の出産経験は関係ありません。

もし、1人目を流産で失ってしまっている場合は、2回目に流産する確率は4%、3回目に流産をする確率は0.8%だといわれています。

流産を繰り返しているとき

2回目、3回目と流産が続いてしまう場合は、不育症など流産の原因として考えられる異常が身体にあるのかもしれません。

流産にはどんな種類がある?

ここまで、流産が起きる確率や要因について紹介してきました。

では、流産になったとして流産の種類にはどのようなものがあるのでしょうか。

続いては流産の種類と、どの流産になる確率が高いのかをみていきましょう。

切迫流産

切迫流産とは、流産の可能性が高まっている状態のことをいいます。
そのため、必ずしも流産に繋がるわけではありません。

軽度な症状も含めて、妊婦の20~30%が経験するといわれています。
切迫流産といわれたときには、自宅や病院でくれぐれも安静に過ごしましょう。

稽留流産

稽留流産(けいりゅうりゅうざん)とは、胎児の染色体異常などが原因で、受精卵が成長しなかったり、胎児がすでに死亡している状態なのにもかかわらず子宮内にとどまっている状態をいいます。
「繋留流産」と表記することもあります。

稽留流産だと気付くきっかけは、ほとんどないようです。
そのため、気付かないまま稽留流産を放置すると、強い腹痛や出血が出て、母体も危険な状態に及ぶケースがあります。

流産を経験する6人のうち1人に、稽留流産が起こるといわれています。
確率は16%と低くありません。

とくに、妊娠6~7週目ごろに胎児の心拍や胎芽を確認できていないときには、稽留流産になる可能性もあるため、注意しておきましょう。

進行流産

進行流産とは、切迫流産が進行した状態です。

赤ちゃんが、出産時に通ってくる子宮口が開いてしまうことで起きます。
進行してしまうと、残念ながら流産を止めることはできません。
子宮内の赤ちゃんや、胎嚢、胎盤などがでてきて、流産となります。

進行流産の後、不全流産もしくは完全流産となるケースが多くあります。

完全流産

完全流産とは、進行流産が進み、子宮のなかのものが全て自然に出て、子宮にはなにも残っていない状態をいいます。

不全流産

不全流産とは、完全流産のように、子宮内のものが流れ出ても、全て自然に出ることがなく、子宮内に赤ちゃんの組織などが残っている場合をいいます。

子宮の中に組織や異物が残っていると、感染症を引き起こしてしまう可能性もあります。
そのため、不全流産の場合は子宮内に残っているものを取り除く手術が行われます。

化学流産

化学流産とは、受精をしても、着床が長く続かなかった状態をいいます。

なかでは、受精したかを確かめるために、受精から7~9日あとあたりに妊娠検査薬を使用したときに、陽性と出ることもあるようです。

受精をしても着床が続かず、子宮内に胎児が確認できず妊娠と認められないため、医学的には妊娠と認識しないので、流産に分類されないケースもあります。

確実に妊娠しているかを確かめるためには、妊娠検査薬は生理予定日から一週間以上あとに使うようにしましょう。

流産の確率はあくまで目安…気にしすぎはNG

流産の確率について紹介しました。

妊婦の15%は流産を経験するといわれていますが、確率はあくまで目安。
実際に流産になる可能性もあれば、ならない可能性もあるのです。

妊娠をして、喜びを感じた矢先に流産だったときは、本当につらいでしょう。

しかし、流産の原因の多くは胎児の染色体異常によるものです。
パパやママ、とくにママは私が悪かったのでは…と自分を責めないようにしてくださいね。

注目記事

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている?妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク