妊娠中にママの歯やお口のためにできること

妊娠中にママの歯やお口のためにできること

妊婦歯科健診

妊娠中の歯や口のお話し。「ママのためにできること」と「お腹の赤ちゃんのためにできること」があります。今回は、「ママのためにできること」をお伝えします。

妊娠期間中は60%以上の方に歯肉の出血や腫れが見られるという報告があります。

昔は「妊婦さんは赤ちゃんにカルシウムをとられてしまうから、1人妊娠すると1本歯がなくなる」なんて言われたりしましたが、妊婦さんにお口の中のトラブルが多くなるのはそういう理由ではなく、唾液が酸性になりやすいことや、つわりなどの体調不良から歯みがきが難しくなってしまうこと、食べつわりの人は頻繁にアメや食べ物を口にするようになったりすることから、むし歯や歯肉炎になりやすいということなのです。

妊娠中は、ついついお腹の赤ちゃんのことばかりが気になってしまいがちですが、ママの体もお口も健康に保つことが、その後の育児のためにもママ自身のためにもとても大切です。妊娠中に一気にお口の中の状態が悪化して、その後も育児が忙しくてなかなか歯医者さんに行けなくて、気づいたときには歯も歯肉もボロボロ・・・とならないために、妊娠中のママに、ぜひおすすめしたいことが2つあります。

①歯周病の予防をしましょう

妊娠中はお口の中の細菌が増えてしまったり、唾液の量が減って、免疫力が下がってしまうことなどから、歯周病のリスクが高くなります。ママが妊娠中に歯周病にかかってしまうと、早産や低出生体重児の可能性が、健康な妊婦さんの7倍以上に高くなるという報告があります。

お腹の赤ちゃんのためにも、妊娠中もお口の中をきれいにして、歯周病を予防しましょう。歯周病予防のために大切なのは、歯ブラシ、フロス、そして歯科医院での定期的なクリーニングです。

つわりの時期は、歯ブラシを口にいれると気持ち悪くなってしまうこともあるかもしれません。ブラシの部分ができるだけ小さいものを選ぶと、体調のよくないときでも比較的みがきやすいです。つわりの時期は、「歯みがきは食後」とか「夜寝る前にしっかりみがく」ということにこだわらず、体調の良い時間帯に、「朝は前歯だけ」「昼に上の奥歯」という感じでかまいませんので、1日1回は全体をきれいにみがけるとよいでしょう。

ドラッグストアなどに行くと、ブラシや柄の形、固さなど、様々なタイプの歯ブラシが市販されています。いくつか準備しておいてランダムに使うと、それぞれの歯ブラシの得意なところがきれいにみがけるので、みがき残しを減らすことができておすすめです。

また、この時期にぜひフロスを毎日の習慣にしましょう。妊娠中は唾液がネバネバするので、口臭が出やすくなります。歯肉炎や歯周病、口臭の予防にはフロスが必要不可欠です。子どものむし歯予防にもとても大切なので、お子さんが生まれる前に、まずはママが上手にフロスを使えるようにしましょう。

つわりで歯みがきがうまくできないときには、フロスだけでも歯周病の予防には効果があります。
これまであまりフロスは使ったことがなかったという人も、妊娠中にぜひフロスをマスターしてください。使い方がよくわからない、という場合は、かかりつけの歯科医院で相談してみましょう。

歯ブラシやフロスを使って自分でおそうじをすることに加えて、歯科医院で専用の機械を使っておそうじをしてもらうことが、歯周病予防にはとても効果的です。歯の表面には、「バイオフィルム」という、こびり付いた状態の細菌の塊があり、歯ブラシで落とすことはとても難しいのです。歯科医院でプロのお掃除をしてもらうことを、プロフェッショナルメカニカルティースクリーニング(PMTC)といいます。

妊娠中もPMTCをしてもらうことができますので、体調のよいときにクリーニングをしてもらいましょう。毎日の歯みがきやフロスのやり方もチェックしてもらうと安心です。歯科医院を受診するときには、必ず妊娠中であることを伝えてください。

②妊婦健診に行きましょう

母子手帳をもらうとき、一緒に妊婦歯科健診の券をもらえるところが多いかと思いますが、受診率はおよそ3割程度と、残念ながらとても低い地域が多いようです。

妊娠中は歯やお口のトラブルがおきやすい時期です。むし歯や歯周病が悪化して、妊娠中や授乳の時期にお薬をたくさん飲まなくてはいけなくなったり、出産間近になって歯が痛くなってしまったりしないように、安定期の間にぜひ妊婦歯科検診を受け、必要な治療があれば、早めに終わらせておきましょう。

最近は、「マタニティ歯科」など、積極的に妊婦さんの検診やPMTCを行っている歯科医院も増えています。お腹の赤ちゃんの歯やお口のことについてのお話しを聞くことができる歯科医院もありますので、妊婦健診でどんなことをしてもらえるのか問い合わせをして、妊婦健診の歯科医院を選ぶのもおすすめです。

歯医者さんでのレントゲンが心配になられているママも多いかと思います。歯医者さんでのレントゲンについては赤ちゃんの部屋の記事で紹介されていますので、詳しくは以下をご覧下さい。 妊娠中の虫歯治療(歯医者)はダメ!?

今回は、「ママのためにできること」をお伝えしましたが、妊娠中から、お腹の赤ちゃんの歯やお口の健康のためにできることもあります。「お腹の赤ちゃんのためにできること」は、また次のコラムでお伝えします。

今村由紀先生

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー