2本の歯がくっついている?「ゆごう歯」と言われたら

2本の歯がくっついている?「ゆごう歯」と言われたら

1歳半検診や3歳検診などで「癒合歯(ゆごうし)」と言われてびっくりしたママもいるかと思います。「ゆごう歯」というのは、ふつうなら1本1本独立しているはずの歯が、2本または3本くっついた形になっているものをいいます。

癒合歯(ゆごうし)

永久歯のゆごう歯はまれですが、乳歯では1~5%くらいの子に見られます。下の前歯にあることが多いのですが、上の前歯のこともあります。小さい赤ちゃんとして生まれた「低出生体重児」の場合は、ゆごう歯のある子が15%程度と、正期産児よりも割合が高くなることがわかっています。

ゆごう歯は、歯の頭の部分(口の中に見えている部分)だけがくっついているものや、根(歯ぐきの中にうまっている部分)まで全てくっついているもの、頭はわかれているのに根っこがくっついているものなど、様々な形があります。ゆごう歯のある子が気をつけたいことを2つお伝えします。

むし歯に注意

ゆごう歯は形が複雑なことが多く、くっついているみぞの部分がむし歯になってしまうことがよくあります。神経の治療が必要なほどむし歯が進んでしまうと、歯の神経もくっついている場合があるので、治療がとてもむずかしくなり、早期に抜歯になってしまうこともあります。

ゆごう歯が見つかったらなるべく早く歯医者さんに行って、みぞの部分がむし歯になりやすい形になっていないか、確認してもらいましょう。必要があれば、みぞを埋めて汚れがたまりづらくしてもらうことをおすすめします。

歯のはえかわりに注意

2本や3本の乳歯がくっついてゆごう歯になっている場合、それぞれの歯が永久歯にはえかわる時期がずれていることから、乳歯が自然に抜けずに、横から永久歯がはえてきてしまうことがあります。適切な時期にゆごう歯をぬいてあげたほうがよい場合もありますので、歯のはえかわりの時期が近付いたら、レントゲンをとるなど、永久歯の状態を確認してもらいましょう。

癒合歯

乳歯がゆごう歯でも、上のイラストのように永久歯は通常の独立した歯が生えてくることもありますが、50%くらいの割合で永久歯の数が少なかったり、永久歯もゆごう歯になっていたりします。ゆごう歯が自然に抜けても、はえかわりの永久歯の様子を定期的にチェックしてもらいましょう。

今村由紀先生

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?