食後すぐに歯みがきしてはダメ?酸蝕症とは


食後すぐに歯みがきしてはダメ?酸蝕症とは

炭酸飲料

「酸蝕症(さんしょくしょう)」という言葉を聞いたことがありますか?

炭酸飲料やお酢など、酸性の強い食べ物や飲み物によって歯が溶けてしまうもので、全年代で4人に1人くらいの割合で酸蝕症の症状を持つ方が見られると報告されています。「歯が溶ける」ときくと、むし歯?と思う人が多いと思いますが、「むし歯」は口の中の細菌が産生する酸によって歯が溶けるもので、溶ける原因がちがいます。

「酸蝕症」という言葉が日本でひろまったのは数年前のことです。「食後すぐに歯みがきすると歯が溶けてしまうので、30分くらい待ってから歯みがきをしましょう。」という報道が新聞やテレビ、インターネットでセンセーショナルに流れました。それまで「食後はなるべく早く歯をみがいたほうがよい」と思われていた考え方とは逆になるので、「今までの歯みがきの常識は間違っていた!」などと一時は大騒ぎになりました。

「食後すぐに歯をみがいてはいけない」というのは、酸性の強いものを飲んだり食べたりすると、歯の表面が溶けかかっているような状態になることから、すぐに歯をみがくと、溶けかかっている歯がけずれてしまう、というのがその理由です。食後30分くらい待つと溶けかかっていた歯の表面が唾液(つば)によって再び石灰化してかたくなるので、それまで待ってから歯をみがきましょうという「酸蝕症予防」の考え方です。

この報道があって、これまで「ごはんを食べたらすぐに歯をみがきましょう」と、お昼ご飯のあとの歯みがき指導をしてきた幼稚園や保育園、小学校に大きな混乱がうまれてしまいました。「食後すぐ」としていた歯みがきの時間を「食後30分たってから」に変更した小学校があったり、食後しばらく時間をおいてからの歯みがきタイムをとることが時間的に難しいという理由から、歯みがきの時間をなくしてしまったところもありました。

ママやパパからも「食事のあとすぐに歯をみがいてはいけないんですか?どのくらい待てばいいんですか?」という質問をされることが増えました。この報道のもとになったものは、あくまでも「酸蝕症」の予防のための考え方で、「むし歯」予防とはちがいます。

子どもが通常食べたり飲んだりする一般的な食事では、「酸蝕症」はほとんど心配しなくて大丈夫です。子どもの歯みがきは、酸を産生するような細菌のかたまり(プラーク)や、その材料になってしまうような食べかす、糖分をとりのぞく「むし歯予防」を目的としていますので、食後、口の中に残っている食べ物や糖分はなるべく早く落とした方がよく、わざわざ30分遅らせる必要はありません。

教育現場での混乱をうけて、日本小児歯科学会からも「園・学校での昼食後の歯みがきは、『食後なるべく早くみがく』という現状通りの方法で問題ありません。」というメッセージが出されました。「食後の歯みがきについて」日本小児歯科学会(外部リンク)→

ただし、頻繁に炭酸飲料や乳酸飲料、スポーツ飲料などの酸性のつよい飲み物を飲んだり、日常的にお酢を飲むような習慣があるような場合は、酸によって歯が溶ける「酸蝕症」のリスクが高くなります。また、レモンやグレープフルーツなどの酸性度の高いくだものを頻繁に食べることも、歯が溶ける原因になります。

子どもの場合は、酸蝕症をふせぐために「歯みがきの時間を遅らせる」のではなく、酸性のつよい飲み物はなるべく飲まないようにすることが大切です。くだものも、ダラダラと1日に何度も食べさせるのではなく、食事やおやつのときなどに、時間を決めてあげるようにしましょう。

子どもたちがよく飲む飲み物の酸性の強さを下に示します。数字が小さいほど酸性が強く、pH5.5以下のものは頻繁に飲むと歯が溶けてしまう危険性がありますので、なるべく飲ませないようにしましょう。

歯が溶けやすい飲み物

また、胃液はとても強い酸性なので、吐きやすい子は歯が溶けるリスクが高くなります。ミルクやおっぱいをよく吐いてしまう・・・という子は、赤ちゃんのころから積極的にむし歯や酸蝕症の予防をしたほうがよい場合がありますので、早めに歯医者さんに相談してみてください。

今村由紀先生

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

赤ちゃんの部屋をフォロー