赤ちゃんに歯がはえてきた!今日からすることは?


赤ちゃんに歯がはえてきた!今日からすることは?

赤ちゃんに歯

赤ちゃんのお口の中に、最初の小さな白い歯を見つけた瞬間は、とても嬉しいものだと思います。

でも、うれしい反面、その日から心配も始まります。歯が生えてきたけれど、今日から何をしたらいいんだろう?ムシ歯にさせたくないけれど、どんなふうに歯みがきしたらいいんだろう?インターネットで検索すると、歯が生えてきたら、おっぱいのあとは歯を専用シートでふいてあげたほうがいいとか書いてあるし、お店には赤ちゃんの歯のケアグッズがたくさん売っているしいつから何を準備したらいいんだろう?

子どもの歯は、生後6ヵ月から9ヵ月のころに、下の前歯から生えてくるのが一般的ですが、赤ちゃんの下の前歯がムシ歯になることはまずありませんので、下の前歯しかない時期は、ゴシゴシと歯みがきをする必要はありません。

下の前歯しかなくても、歯石がつきはじめる赤ちゃんもいます。白い固いかたまりが歯につくことがありますが、まだ無理にとらなくても大丈夫です。

この時期におすすめしたいことがふたつあります。

まずは、最初の歯が生えた記録を母子手帳に書いておくこと。一緒に写真も残しておくと、かわいい記念になります。いつ、どの場所から生えてきたかを、記録に残しておきましょう。少し曲がっているかな?ちょっと黄色っぽいかも?気になることがあったら、書き留めておきましょう。

もうひとつは、歯みがきの練習をはじめること。ご機嫌のよいときに、ママやパパのおひざにごろんと仰向けに寝かせて、お口のなかを指でさわってみましょう。歯が生える前からはじめてもかまいません。赤ちゃんはお口の中がとても敏感なので、いきなりさわるとびっくりしてしまいます。

まずはほっぺをさわって、ご機嫌がよければ次に唇、次に歯肉・・・という風に、お顔の外側から少しずつ中をさわるようにしてあげると、嫌がらずににさわらせてくれることが多いです。赤ちゃんはお口の中をさわられることに慣れること、ママやパパはお口の中をさわることに慣れることで、歯みがきが必要になったときにスムーズに始めることができます。

歯みがきの練習として、歯をガーゼや市販の歯ふきシートなどでぬぐってあげてもかまいませんが、あくまでも練習ですので、泣いたり嫌がったりするのを無理にする必要はありません。

赤ちゃんがアグアグかむタイプの、ゴムやシリコン製の赤ちゃん用歯ブラシをかませてあげてもよいでしょう。歯ブラシがお口にはいることに慣れてくれるだけでなく、アグアグかむことで唾液がたくさん出て、お口がきれいになります。必ずママやパパが見ているところで使わせてください。

少しずつお口のケアの練習をして、上の前歯がはえてきたら、いよいよ歯みがきのスタートです。歯みがきのしかたについては、また次のコラムでお伝えしたいと思います。

今村由紀先生

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている?妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

赤ちゃんの部屋をフォロー