妊娠検査薬が陰性なのに生理こない!陽性に変わって妊娠してる可能性は?

妊活中の女性にとって、妊娠検査薬の結果はとても気になるものです。
妊娠検査薬の結果はほぼ正確だといわれていますが、正しく判定ができない場合があります。
今回は、妊娠検査薬が正しく判定できない例外について、ご紹介します。

妊娠検査薬とは?


妊娠検査薬の正確さは99%といわれる程ですが、そもそも妊娠検査薬はどのようにして、妊娠判定をおこなっているのでしょうか。
まずは妊娠検査薬の仕組みについて説明します。

妊娠検査薬の仕組みを知ろう

一般に売られている妊娠検査薬というのは、尿内のhCGホルモン(正式名称:ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の量を計測することで、妊娠しているかどうかを判定します。

hCGホルモンというのは、受精卵が着床すると体内で分泌され始めるホルモンで、妊娠すると体内で急激に増えます。
このhCGホルモンが尿内に一定以上含まれている場合に、妊娠していると判断されます。

hCGホルモンがカギ

hCGホルモンの有無で妊娠判定を行っている妊娠検査薬を使用するにあたって、検査する時期がとても大切です。

hCGホルモンは、一般に生理予定日(妊娠4週目)以降から分泌されます。
そのため、生理予定日から1週間後より使用可とするタイプの妊娠検査薬がほとんどです。
hCG感度の高い早期妊娠検査薬という、生理予定日頃から使える種類もあります。

いずれにせよ、hCGホルモンがきちんと分泌され始める時期にならなければ、正確な結果はわからないのです。

裏を返せば、陽性反応が出た場合、hCGホルモンに反応しているという点でかなりの確率で妊娠している可能性が高いといえます。

では陰性反応がでた場合もほぼ確実に妊娠していないのでしょうか?
実は陰性反応がでたのに「生理が来ない!」「実は妊娠してた!」という人もいます。
なぜそのようなことが起こるのか説明していきます。

妊娠検査薬で陰性なのに生理が来ない原因は?


妊娠検査薬で陰性反応がでたのに、生理が来ないのはなぜでしょうか?
考えられる原因を紹介しますので、ご自身の状況と照らし合わせてみてください。

ストレスや体調不良

女性の生理周期というのは、ストレスや体調にとても影響を受けます。
普段月経が順調な人であっても、少しのストレスや風邪をひいたり体調不良が原因でホルモンバランスが崩れてしまうことがあります。
ホルモンバランスの乱れが生理を遅らせてしまいます。

生理が遅れているのに陰性反応が出る場合には、生活習慣を見直して様子をみてみましょう。
それでも状態が変わらない場合には、いちど婦人科を受診した方がよいでしょう。

想像妊娠

妊娠願望が非常に強かったり、反対に妊娠を恐れていたりと、妊娠という言葉に敏感になりすぎている場合、想像妊娠という現象が起きることがあります。

これは妊娠を意識しすぎるあまり、脳が妊娠したと勘違いして妊娠した場合と同じような症状が起こります。
たとえば、生理がこなかったり、つわりのような症状がでたりと妊娠初期症状がみられることがあります。

しかし、想像妊娠の場合にはhCGホルモンは分泌されないので、検査薬では陰性の結果がでます。
想像妊娠の場合は、妊娠したという思い込みからくるため、妊娠判定をきちんと病院でおこない、妊娠に対する気持ちをコントロールしましょう。

妊娠検査薬で陰性なのに実は妊娠していた?


上記では妊娠検査薬は陰性で、妊娠していないのに生理が来ない原因についてふれました。
ここでは、陰性なのに実は妊娠しているということがおこる原因について紹介します。

フライング検査

妊娠検査薬が陰性だったのに妊娠していたときは「フライング検査だった」というケースが多くみられます。

フライング検査とは、まだhCGが分泌される時期ではないのに、少し早めに検査することです。
妊娠しているかどうか早く知りたいと気がはやってしまいますが、正確な結果を知るためには、妊娠検査薬が規定する期間に使い方を守って検査することが大切です。

また生理不順などで生理予定日が間違っていた場合も、フライング検査に当てはまってしまうため注意が必要です。
フライング検査かもしれないと思った場合は1週間程度あけて再検査するとよいでしょう。

尿内のhCG濃度が低い

妊娠検査薬は尿内のhCG濃度によって妊娠判定をおこなう仕組みであるとお話ししました。
しかし、水分を多く取った日などの尿は、水分によって尿内のhCG濃度が薄まっていることがあります。
これによって妊娠しているのに、検査薬が感知する濃度より数値が低くなってしまい陰性反応がでてしまいます。

尿内のhCG濃度が濃いのは朝起きてすぐの尿だといわれています。
妊娠検査薬を使うタイミングは、朝だとより正確な判断ができるでしょう。

検査する時期が遅すぎた

妊娠検査薬はhCG濃度が低すぎても感知できませんが、逆に多すぎても正常な判定ができないのです。

hCGホルモンは妊娠すると妊娠8週から12週をピークに急激に増えていきます。
通常4週目以降に判定するように規定されていますが、7週や8週頃になると検査薬のhCG量感知の上限を超えてしまうので、検査の精度が低くなってしまいます。

生理不順などでタイミングが難しい人もいるかもしれませんが、検査時期が遅かった可能性がある場合は、産婦人科にて正しく妊娠判定をしてもらいましょう。

双子を妊娠している場合

上記と同じ理由で、双子を妊娠している場合も正確な判定結果が得られない可能性があります。
双子や三つ子以上を妊娠すると、hCGホルモンの分泌量が多くなります。

そのために検査薬の上限濃度を超えてしまい、結果が陰性反応や蒸発線がでてしまう可能性もあります。
この場合も、病院にて判定してもらうまでは判断が難しいので、身体の変化に注意しながら様子をみるようにしましょう。

異常妊娠の可能性も

子宮外妊娠などの異常妊娠や、胎児に異常がみられる場合、なんらかの病気などによって、hCGが大量分泌され、検査薬が陰性になったという例もあります。
何か身体に違和感を感じたり、不安な場合はすみやかに病院の先生に診てもらうことをおすすめします。

陰性でも妊娠している可能性はある!


ご紹介してきた通り、検査薬が陰性でも妊娠してた人はいます。
本当は妊娠しているのに陰性だったからと、普段通りお酒を飲んだり風邪薬を飲んだり…なんてことは、赤ちゃんのためにも避けたいところです。

妊婦さんの身体はデリケートです。
検査薬が陰性でも、体調がいつもと違うと感じたら注意しましょう。

こんな症状がでたら妊娠しているかも?

いわゆる妊娠初期症状がみられる時期は一般的には5週目頃からといわれていますが、個人差があり、生理予定日前から兆候が現れる人もいます。

つわりのような吐き気や食べ物への嫌悪感、微熱、高温期の持続など身体が火照っていると感じる場合も、妊娠の初期症状の可能性があります。
自分で基礎体温を記録する習慣があると、妊娠に気がつきやすくなります。

陰性反応がでていてもこのような兆候がある場合には、もういちど検査をおこなう方がよいでしょう。
正確な結果がわかるまでは飲酒などは控えましょう。


陰性から陽性に変わった先輩ママの体験談

実際に、妊娠検査薬の結果が陰性から陽性反応に変わったという、先輩ママたちの体験を紹介しますので、参考にしてみてください。

私も生理が遅れて1週間後くらいに初め調べた時は陰性でそれから約1ヶ月後にまだこないの~?と思って調べたら陽性だったので、急いで病院にいきました。(りん太太さん)

生理予定日が12/27だったため、海外の妊娠検査薬(早期検査ができるというもの)で12/23に検査し、陰性。その後12/27にも同じ検査薬で検査し、陰性。ちょうど風邪をひいていたので体温が高いのはそのせいだと思っていました。そのため病院での風邪薬や市販の風邪薬を年末年始の間中服用していました。1/4に病院で不妊治療の薬をもらおうと思っていたので前日に念のため・・と思い、チェックワンで検査し、陽性反応がでました。でもまだ信じられず再度海外の検査薬で検査し、陽性反応がでました。1/4に病院に行き、妊娠6週であることが確認できました。(ゆっけさん/32歳)

3年ほど前、生理3日前で陽性がはっきりでて妊娠したので、今回もフライングで生理2日前にドゥーテストで検査してみると陰性でした。今回は妊娠してないかーと諦めてたんですが、生理2日目でも生理がこなかったので、もう一回検査してみるとうっすら線がでました。フライングでも妊娠してたら陽性でると思ってたのでびっくりしました。(i_xnさん)

おわりに


妊娠検査薬は限りなく正確だといわれていますが、どんなものにも100%は存在しません。
陰性反応が出ていても、しばらくご自身の体調や身体の変化には敏感でいるようにしましょう

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。