【妊活とお酒の関係】アルコールはNG?適量は?

妊娠を望んでいる女性は、少しでも妊娠の確率をあげるために「身体を冷やさない」「食生活に気を配っている」など、生活のなかでさまざまなことに気をつけていることでしょう。

お酒を飲むことが「妊娠力」に影響するか、気になっている方も多くいます。

ここでは、妊活とお酒の関係について解説します。

お酒の飲みすぎで卵子の質が悪くなるってホント?


最近、女性が出産をする年齢が年々高くなっており「卵子の質」について、注目されています。
妊活中の女性にとって、自分の生活の仕方で卵子の質が悪くなることは、避けたいところでしょう。

結論からいうと「お酒の飲みすぎ」は、卵子に影響を与えるといえます。

そのメカニズムを詳しくみていきましょう。

お酒の飲みすぎで起きる「酸化ストレス」って何?

体内には「活性酸素」と、それをおさえる「抗酸化機能」があります。

活性酸素と抗酸化機能のバランスがくずれると、活性酸素が多くなり「酸化ストレス」が高まります。
酸化ストレスの高まりは、「老化」にも関係しています。

「卵子の質の低下」は、体内の酸化ストレスが高まった状態が続くことで起こるようです。
また、不妊症の原因だけでなく、習慣性流産や子宮内胎児死亡の危険性が高くなるといわれています。

習慣性流産は、赤ちゃんの流産が何度も続くことをいい、子宮内胎児死亡は、赤ちゃんが子宮の中で死んでしまうことをいいます。

お酒を飲むと体内に増える?「活性酸素」と「卵子」の関係

体の中に入ったアルコールは、肝臓へ送られます。
肝臓は、アルコールを「異物」とみなして、分解する作業をしています。
この分解作業で発生するのが「活性酸素」です。

大量にお酒を飲むと、「活性酸素」もたくさん作られます。

この活性酸素は、身体に入ったウイルスや細菌を退治する役目をしていますが、大量に増えると健康な細胞まで攻撃する場合があります。

活性酸素が健康な卵子の細胞にも影響を与えるため、妊活中の女性は、「お酒の飲みすぎ」に注意しましょう。

赤ワインには抗酸化作用がある!?

上記では、アルコールを飲むことで体内に増える「活性酸素」が不妊の原因になるとお伝えしましたが、ワインには、「抗酸化作用」があるから飲んでもいいの?と疑問に思われる方もいるでしょう。

ワインは、ポリフェノールがたくさん含まれており、妊娠しやすくするという説や、禁酒によりストレスをためすぎることも、身体にとってはよくないとする説もあるようです。

どうしても飲みたいときは、妊娠の可能性がない期間に、たしなむ程度に留めておきましょう。

男性不妊とお酒の関係は?


女性にとって、パートナーに不妊の可能性があるかどうかについて、関心が高いところでしょう。

アメリカとヨーロッパでおこなわれた男性のアルコール摂取量と精液の関係について調べた研究によると、アルコールと精液の関連性はみられなかったという報告があります。

とはいえ、上記で説明した「酸化ストレス」については、男性の精子も関連性があるようです。

酸素濃度の高い環境で精子の運動能力の低下を確認した研究があります。

妊活中のカップルは、生活上の注意を、女性だけではなく、「ふたりで」心がけましょう。

妊娠に気がつく前からお酒を控えたい本当の理由


妊娠していると気がつかずに「お酒を飲んでしまった」「薬を飲んでしまった」というママの声があります。

ここからは、妊娠週数ごとに、お酒を控えたい理由を解説します。

妊娠発覚前が赤ちゃんにとって大切なとき!

赤ちゃんの発育は「超妊娠初期」と呼ばれる妊娠0~4週がとても重要です。

生理周期が28日の女性の場合、妊娠2週くらいで、排卵があり、精子と卵子がうまく出会えると「受精」が起こります。
妊娠3週くらいに受精卵が子宮内膜へもぐり込み、「妊娠の成立」となります。

妊娠4週では、のちの「脳」や「脊髄」となる器官の形成がすでに始まっており、この時期が赤ちゃんの発育にとても重要な期間です。

しかし、多くの女性が妊娠を疑いはじめる時期はだいたい「妊娠5~7週」です。
妊娠に気がついたときには、赤ちゃんは想像以上に育っているのです。
そのため、「妊娠がわかってから禁酒しよう」では遅いといえるでしょう。

妊娠前の飲酒でも心配?胎児性アルコール症候群のリスク

ママが飲んだアルコール成分は、栄養とともに胎盤から赤ちゃんへと運ばれます。
胎児性アルコール症候群(FAS)は、妊婦の習慣的なアルコール摂取が原因で、産まれてくる赤ちゃんが知的障害・てんかん・脳性小児麻痺・形態異常などが起こるようです。

「少量のアルコールなら胎児に悪影響をあたえる可能性は低い」という意見もありますが、それは本当でしょうか。

「これ以下の飲酒量であれば、胎児に影響がない」という安全は確立されていない。

日本産婦人科医会によると、アルコール量と安全性の関係は確率できていません。

少量のアルコールでも、危険性はゼロではないので、妊娠中の飲酒は赤ちゃんのためにおすすめできません

では、妊娠前の飲酒は、胎児に影響がでるかどうかですが、受精卵が子宮内膜に着床する前は、胎児への影響はないようです。

妊娠3週頃、「妊娠の成立」と同時に、胎児への影響の心配性が出てきます。

厚生労働省の見解まとめ!「飲みすぎ」ってどのくらいの量?


ここまで、妊活中からのアルコール制限をおすすめしてきましたが「飲みたいとき」や「付き合いで飲まざるを得ない」という場合もあるでしょう。

お酒が好きな妊活中の女性たちからは「お酒は生理中の楽しみ」「排卵付近から禁酒する」といった声があります。

排卵前であれば、胎児への影響もないので、過度なアルコールでなければ、無理に禁酒する必要はありません。

ただ、どのくらいの量が「飲みすぎ」なのかは、人それぞれ違うものです。

ここでは、厚生労働省が発表している「適度な飲酒量」についての情報をお伝えします。

アルコール代謝能力は個人差がありますが、ひとつの目安として、参考にしましょう。

病気のリスクの少ない適度な飲酒量

厚生労働省は、「健康日本21」の中で、下記の目安を報告しています。

「節度ある適度な飲酒量」としては、1日平均純アルコールで約20g程度である

また、補足として、アルコール代謝能力の低い人(少しの飲酒で顔が赤くなるなど)は、この目安より少量にするよう述べています。
では、純アルコールで約20gは、お酒に換算するとだいたい下記の量になるようです。

アルコール20g 主な酒類の目安

  • ビール:中瓶1本(500mg)
  • 清酒:1合(180mg)
  • ウイスキー・ブランデー:ダブル60mg(シングル2杯)
  • ワイン:1杯半(200ml)
参照:厚生労働省「アルコール

個人差はありますが、上記よりも多い量が「飲みすぎ」のひとつの目安です。

お酒を上手に断れるようになろう!


お酒は、コミュニケーションのひとつとして人間関係に大切なもの。

妊活中でお酒を控えている方は、人間関係に悪影響がないように、相手の気持ちに配慮したお酒の断り方を覚えておきましょう。

その1:体調を理由に断る方法

ひとつめは「体調が悪い」「頭痛薬を飲んだところ」「ドクターストップ」などの体調を理由に断る方法です。

仕事とプライベートの両方に使いやすい断り方です。

その2:家庭の事情で断る方法

ふたつめは「家族のお世話で早く帰らないといけない」「翌日の朝、子どもの学校行事がある」などの事情を理由に断る方法です。

家庭の忙しさをアピールすることで、自然と断ることができるでしょう。

その3:お酒の失敗談で断る方法

3つめは「以前記憶をなくした」「お酒で大変な失敗をした」など、お酒にまつわるトラウマを持ち出して断る方法です。

お酒は、飲み方を間違えると「泥酔」「記憶がない」など後悔することがあるので、お酒を断る理由のひとつとして、覚えておくと便利です。

自分の体調を大切に!


女性は、赤ちゃんを授かりたいとき、体調や生活を少しでもよくしたいという気持ちになるでしょう。

一番大切なことは「自分の身体の声をきくこと」です。

「疲れている」「睡眠不足」「身体が冷えている」などの身体の変化に気づいて身体を労わることが、妊娠しやすい身体づくりの第一歩につながります。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。