歯の数が多い?「過剰歯」と言われたら

歯の数が多い?「過剰歯」と言われたら

正常な歯の数は、乳歯が20本、永久歯は「おやしらず」4本をを含めて32本です。正常な数以上に存在する歯のことを「過剰歯(かじょうし)」といいます。

むし歯や検診のために歯医者さんでレントゲンを撮ってもらった時などに偶然発見されて「過剰歯があります」と言われてびっくりしたというママもいるかもしれません。
過剰歯は、30~40人に1人くらい見られます。1本だけの場合もあれば、複数本の場合もあります。

上の前歯の間にあることが多いですが、下あごや奥歯の近くに見つかることもあります。どうして過剰歯ができるのか?は、遺伝という説もありますが、はっきりした原因はわかっていません。

今回は過剰歯が見つかった場合の治療法についてのお話しです。

過剰歯が正常な歯の近くにあると、過剰歯が邪魔をして歯並びが悪くなってしまったり、永久歯が生えてこられなくなってしまったりすることがあります。まれに、のう胞の原因になったり、近くの歯の根を溶かしてしまうこともあるので、基本的には抜歯をすることになります。

過剰歯には、口の中に見えるように生える「順性(じゅんせい)」と、あごのなかにうまったままの「逆性(ぎゃくせい)」の2種類があります。歯がどちらの向きをむいているかによって、治療方法が変わります。

順性過剰歯

口の中に生えてくるような方向を向いている過剰歯を「順性過剰歯」といいます。まだ生えていないときにレントゲンなどで見つかっても、しばらく待っていると生えてくることが多いので、基本的に生えるまで待ってから抜歯をします。ちょっと他の歯とちがう変な形の歯が生えてきたかな?と思ったら過剰歯だった、ということもあります。

下の写真は、乳歯が抜けたあとに生えてきた過剰歯です。過剰歯におされて、乳歯の右上の前歯がかなり早く抜けてしまいましたが、過剰歯を抜歯すると、そのあとに正常な永久歯が生えてきました。過剰歯は自然に抜けることはほとんどありませんので、口の中に生えてきた場合は抜歯が必要になります。

順性過剰歯

逆性過剰歯

あごの中に埋まったままで生えてこない過剰歯を「逆性過剰歯」といいます。骨の奥深くにあって、近くの歯に影響を与える心配がない場合には抜歯せずに様子をみることもありますが、歯並びや近くの歯に悪影響を与える可能性がある場合には、適切な時期に抜歯することになります。

下の写真は、上の前歯の間に隙間が空いていることが気になって歯医者さんに来た子の前歯の様子です。レントゲンを撮ってみると、前歯の歯と歯の間に逆性過剰歯が埋まっていました。永久歯に生え変わったばかりの上の前歯は、間に隙間があることが多いのですが、このように過剰歯が埋まっている場合もありますので、隙間が気になる場合は一度レントゲンでチェックしてもらうとよいでしょう。

逆性過剰歯

逆性過剰歯の抜歯は、基本的には局所麻酔で1~2時間程度で終わりますが、歯の埋まっている位置が取り出しにくい場所だったり、患者さんが子どもの場合、口をあけていられなかったり、泣いたり暴れてしまったりする場合には、全身麻酔での処置となることもあります。

抜歯の時期や方法については、近くの歯の状況や歯の埋まっている位置、患者さんが治療をどの程度受け入れられるか、などを詳しく検査してから決定することになります。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー