妊活にルイボスティーがいいって本当?効能と飲み方

美容や健康によいとして最近話題のルイボスティー、ご存じの人も多いのではないでしょうか。

ルイボスティーにはいくつかの効能がありますが、妊活中の女性の間でルイボスティーは不妊症に効能があるという噂があるため、人気があります。
なぜルイボスティーが不妊症を改善するのでしょうか?

ルイボスティーの効能と妊活中の女性にオススメの飲み方、ルイボスティーの選び方についてご紹介します。

ルイボスティーってなに?


ルイボスティーとは南アフリカのお茶で、ルイボスという植物の葉を乾燥させたものから作る飲み物です。

ルイボスは、南アフリカ共和国の一部の地域でしか育ちません。

ルイボスティーは紅茶のような色で、グレードの高い茶葉を選べばクセはありません。

カフェインを含んでいないため、妊娠中や授乳中のママでも安心して飲めますし、少し薄めれば、赤ちゃんにも飲ませられます。

ルイボスティーにはフラボノイド、ポリフェノール、アスパラチンやノトファギンなどの抗酸化物質、亜鉛、カルシウム、マグネシウムなど豊富なミネラルが成分として含まれています。

鉄分も多く含まれていて、健康をサポートしてくれる優れた飲み物といえるでしょう。

ルイボスティーの成分、抗酸化物質の働き

身体の老化を引き起こす原因のひとつに、活性酸素という物質があります。
活性酸素は吸った酸素が、体内で使われるときに発生する物質です。

悪いイメージが強い活性酸素ですが、身体に入ってきた細菌をやっつけてくれるという大切な役割を持っていて、体内に必要な物質です。

しかし、活性酸素は増えすぎると身体をさびさせて老化させます。
ルイボスティーに含まれる抗酸化物質が活性酸素の増えすぎを防ぎ、身体の老化をおさえます。

活性酸素が増える理由には、紫外線、ストレス、喫煙、激しい運動、食生活の乱れなどがありますので、思いあたる人は生活改善をおこなってください。

なぜ妊活にルイボスティーなのか?


ルイボスティーの老化を防止する作用は、卵子と精子の老化も遅らせます。
卵子と精子の老化を防ぐことで、受精の可能性が高まります。

女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンの、ホルモンバランスが保たれることにより、正常な排卵がおこり妊娠に至ります。
ルイボスティーの成分に含まれる亜鉛は女性ホルモンの働きを高めるため、妊娠しやすい身体を作るといわれています。

女性ホルモンの働きが高まると、子宮内膜がフカフカになり受精卵が着床しやすくなることも不妊症の改善を期待できます。

また亜鉛は男性ホルモンの一種であるテストステロンを作るのを助け、精子の質を高めたり、精力増強の効果があるとされています。

女性だけでなく男性にも効果があるので、妊活中、不妊治療中のご夫婦は一緒にルイボスティーを飲むことをおすすめします。


他にもあるルイボスティーの効能

ルイボスティーには以下の効能があるといわれています。

  • 血の流れをよくする
  • 冷え性を改善する
  • 肌、髪の若返り
  • 腸内環境を整えて便秘を解消する
  • 安眠効果
  • 豊富なミネラルでストレスをやわらげる
  • ダイエット作用

血液の流れをよくして冷え性を改善することは、妊娠しやすい身体作りにもつながります。

妊活中にオススメのルイボスティーの飲み方


ルイボスティーは、ティーバッグに入っている商品はそのまま、カップに入れてお湯を注げばOKです。

茶葉タイプはティーバッグを作って煮出します。

沸騰したあと10分以上煮出し、ルイボスティーの成分をじゅうぶんに出すのがポイントです。
ティーバッグは取り出さず、お茶の中に入れたままにしておくと成分がたくさん抽出できます。

もし味が濃すぎたり、ルイボスティーの風味が気になるようであれば、ティーバッグを取り出してもかまいません。

温かいままでも冷ましてもどちらでもよいですが、妊活中の人にはホットルイボスティーがおすすめです。
冷たいと身体を冷やしてしまうので、飲んでいる最中に冷めたら、再度温めてから飲んでください。

1日に飲む量として、500〜1,000mlを目安にしましょう。

ルイボスティーの風味が気になる人は、ミルクやはちみつを入れると飲みやすくなります。

どうしても飲みにくいという人は、食事に取り入れましょう。
カレーなど味の濃い料理を作るときにルイボスティーをまぜると、ルイボスティーの味が気にならなくなります。

妊娠中、授乳中のママにもおすすめ

ルイボスティーには妊娠中に不足しやすいミネラルがバランスよく含まれていること、ノンカフェインであることから妊娠中のママにもおすすめです。

鉄分が多く含まれているため、妊娠中の貧血予防にも効果的です。

妊娠中に取ることがよいとされている葉酸を含んだ葉酸ルイボスティーという商品もあります。

また、ルイボスティーの成分のひとつである亜鉛はDNAやタンパク質の合成に関係するので、受精卵の細胞分裂から胎児の形成を助けます。

授乳中のママの場合は、摂取した栄養素が母乳の中に分泌されるので、赤ちゃんも豊富なミネラルを含んだ母乳を飲めます。


ルイボスティーの選び方


さまざまな効果があることから人気のルイボスティーですが、今では安い商品から高価な茶葉まで多くの種類の商品が販売されています。

毎日飲むとなると安い物を選びたくなりますが、あまりにも安いと品質が保証されないので有機JAS認定を受けているオーガニックの茶葉であれば安心でしょう。

手軽に購入したい人は、通信販売やインターネットで買えます。

数種類試してみて好みの味、自分にとって手頃な価格の中から品質が保証された商品を選んでみましょう。

「グリーンルイボスティー」と呼ばれる茶葉もあります。
普通のルイボスティーと異なった方法で作られた「グリーンルイボスティー」にはフラボノイドとアスパラチンがより多く含まれているため、得られる効果も大きくなる可能性があります。

ルイボスティーは妊娠体質を作るから妊活中におすすめ


血の流れをよくして冷え性を改善し、さらに女性ホルモンの働きを高めてくれるルイボスティーは、妊娠体質を作ってくれる素晴らしい飲み物といえるでしょう。

卵子、精子の老化を防ぎ、男性にも効果があるので、夫婦で一緒に選んでルイボスティーライフを楽しむのもよいでしょう。

ノンカフェインのルイボスティーは妊活中から授乳中まで安心して飲めます
今日から毎日の飲み物をコーヒーからルイボスティーに変えてみてはいかがでしょうか。

注目記事

【妊活サプリランキング】葉酸だけでは不十分!本当に必要な成分、効果、値段で徹底比較

妊活に必要な成分は葉酸以外にも沢山。妊活の為に本当に必要な成分を男女別に解説!夫婦で一緒に摂れる妊活サプリを比較しランキングにしています。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク