子どもの歯ブラシの選び方

赤ちゃんのころ

離乳食でNGなこと5つ

子どもの歯は、生後6ヵ月から9ヵ月のころに、下の前歯から生えてくるのが一般的です。下の前歯はほとんどむし歯にならない場所なので、下の前歯しかない時期は、必死にゴシゴシみがく必要はありません。

歯がない時期や、下の前歯しかない時期は、歯みがきの練習をするのに絶好の時期です。上手にみがけなくてもむし歯になることはありませんので「赤ちゃんがお口の中をさわられるのになれる」「ママが赤ちゃんのお口をさわるのになれる」ための練習として、ご機嫌のよいときに、ガーゼや歯拭きシートで歯をふいたり、シリコンやゴムなどでできた赤ちゃん用歯ブラシをアグアグかませてみましょう。赤ちゃんの時期のお口のケアについてはこちらを参考にしてください。赤ちゃんに歯が生えてきた!今日からすることは?歯みがきをはじめましょう

スポンサーリンク

乳歯のころ

上の前歯4本がそろったら、歯ブラシをつかった歯みがきをはじめます。仕上げみがきの必要な時期は、本人が使う用と仕上げみがき用、2本を用意しましょう。本人がつかうものは、つかうのが楽しくなるような歯ブラシを選ぶとよいと思います。3分間、音楽に合わせてキャラクターが歯をみがく場所をおしえてくれる歯ブラシなど、楽しいものがたくさんありますので、子どもといっしょに好きな歯ブラシを探してみるのも楽しいです。

ブラシ部分

歯ブラシの毛の部分の長さは奥歯1.5~2本分くらいが目安です。大きすぎるとお口にいれたり動かしたりするのが大変できれいにみがくのがむずかしいですし、小さすぎると全体をみがくのに時間がかかりすぎてしまいます。

乳歯しかはえていない時期は、8~10mmくらいのものが使いやすいと思います。かたさもいろいろありますが、基本的には「ふつう」とかかれたもの。「ソフト」と「ミディアム」がある場合は、よごれを落とすには、ややかためのもののほうがよいので、ミディアムの方がおすすめです。でも、かたい毛の感触をいやがってしまう場合は、最初は「やわらかい」「ソフト」のものを使ってもよいでしょう。

柄の部分

持ち手の部分はまっすぐで握りやすいものがお勧めです。断面が円形のものは、みがくときにくるくる回ってしまうとみがきづらいので、やや板状のものの方が安定します。仕上げみがき用はママやパパが鉛筆を持つ持ち方でみがきやすいものを選びましょう。仕上げみがきをするには、柄が長めのもののほうがみがきやすいです。

歯ブラシの取り換え時

歯ブラシを裏から見て、毛の土台の部分から毛先が飛び出して見えるようになったら、みがき残しが出てしまうので歯ブラシの取りかえ時期です。そうならなくても、1ヶ月くらい使用すると毛のコシがなくなってきますので、そろそろかえ時です。1か月たたないうちに毛がそってしまう場合は、みがく力がつよすぎるのかもしれません。

電動歯ブラシについて

電動歯ブラシも最近いろいろなものが販売されています。電動歯ブラシはブラシ部分が大き目のものが多いことと、振動を利用した上手な動かし方をマスターするのは子どもには難しい場合が多いので、子どもの歯みがきは基本的に電動ではなく、普通の歯ブラシをおすすめします。でも、電動歯ブラシをつかうことで子どもが楽しんでみがくようでしたら、自分でみがくのは電動歯ブラシ、仕上げみがきは普通の歯ブラシ、など使い分けてもよいでしょう。

歯ブラシ事故に注意!

子どもが歯ブラシをつかうときに、必ず覚えていてほしいことがあります。歯ブラシが子どもの喉や頬に突き刺さる事故が毎年たくさん起きているということです。子どもが歩きながら歯みがきをするのは大変危険です。小さなお子さんが歯みがきをしているときには必ず見ていてあげてください。子どもは大人のマネをしますので、大人も子供の前で「歯ブラシを口にくわえたまま歩く」ことを絶対にしないでください。歯ブラシ事故についてはこちらを参考にしてください。重大なケガになることも!歯ブラシ事故に注意

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー