子どもの歯の専門家「小児歯科専門医」を知っていますか?

子どもの歯の専門家「小児歯科専門医」を知っていますか?

小児歯科

昨年、都内の育児イベントに参加したママ150人に「子どもの歯医者さんを選ぶ基準はなんですか?」というアンケートをとったところ、第一位は「家から近いこと」、第2位は「お友達の評判がいいこと」、第3位は「看板に『小児歯科』と書いてあること」というものでした。「看板に『小児歯科』と書いてあるところには、小児歯科の先生がいるから」というママが多かったのですが、看板に「小児歯科」と書かれているからといって、小児歯科の先生がいるわけではありません。

歯科医院の看板というのは、歯医者さんであればだれでも「歯科」「小児歯科」「矯正歯科」「口腔外科」の4つを書いてよいことになっています。

看板に小児歯科と書かれているというのは、「子どもの治療をします」という意味であって、小児歯科を専門としている先生がいるという意味とは違います。

子どもは「小さな大人」ではありません。子どもには子どものための、特別な虫歯予防の方法や、歯科治療の方法があります。大人の歯科ではあたりまえのことが、子どもでは当てはまらないこともたくさんあります。子どもの病気は小児科のお医者さんに診てもらうように、子どもがかかる歯医者さんは、子どもの歯のことをよく知っている先生を選ぶと安心です。

小児歯科専門医は、「大学病院などで小児歯科専門の臨床経験が5年以上あること」など、日本小児歯科学会が定めた基準をクリアーし、試験に合格した歯医者さんを認定しているもので、厚生労働省により正式に認められた資格です。

厚生労働省に認められている歯科の専門医は、小児歯科専門医、口腔外科専門医、歯周病専門医、歯科麻酔専門医、歯科放射線専門医の5つしかありません。それだけ専門の知識が求められる治療であるということです。

看板に「小児歯科」と書いている歯医者さんは、全国に数万件あります。

その中で、日本小児歯科学会に所属している歯医者さんは4500人、

日本小児歯科学会認定の小児歯科専門医は1200人です。

もちろん小児歯科専門医でなくても、子どもの診療経験が豊富で、小児歯科の知識や技術を持った先生もたくさんいらっしゃいますが、なかなか判断するのは難しいので、「日本小児歯科学会に所属していること」や「小児歯科専門医」という資格を、お子さんの歯医者さんを選ぶ基準のひとつに考えてみてください。

お近くの小児歯科専門医の先生のリストは、「日本小児歯科学会」のホームページで見ることができますので、参考にしてください。日本小児歯科学会-専門医・認定医がいる施設検索(外部サイト)

今村由紀先生

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー