妊娠線が胸にできたら?原因や対策、予防法まとめ

「妊娠線」は、肉割れ・ストレッチマークとも呼ばれ、妊娠中の肌トラブルとして、妊婦さんからの関心が高い悩みのひとつです。

妊娠線ができる身体の部分は、お腹のほかにも「胸」「お尻」「二の腕」「太もも」とさまざまで、服で隠せない場合はショックを受けるママも多くいます。

とくに、胸にできる妊娠線は、痛みやかゆみをともなうこともあり、困っているという女性の声があります。

今回は、胸にできる妊娠線の原因や対策、予防方法について解説します。

≫胸にできた妊娠線の対策が今すぐ知りたい人はこちら

胸の妊娠線は授乳のための準備?原因は?

胸の妊娠線は、「授乳線」ともよばれ、胸が授乳できるようになるための準備を進めている証拠でもあります。

見ためは「ひび割れっぽいあと」「赤い筋」「乳首を中心に放射状にできる」「血管みたい」という声があり、何本も複数できることが多いようです。

妊娠線ができたとき、皮膚の中で何が起きているのか、詳しくみていきましょう。

妊娠線は皮膚の真皮が「裂けた状態」

皮膚は、外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3つの層から成り立っています。

「表皮」は、一般的に「皮膚が乾燥している」と感じたときに、原因となっている肌のもっとも表面にある層です。

「皮下組織」は、主に皮下脂肪がある場所で、皮膚の一番内側の層です。

「真皮」は、表皮と皮下組織の間にある層で、コラーゲンが多く含まれ、皮膚のハリや弾力を保つ働きをしています。

妊娠線は、皮膚の表面の変化だと思われがちですが、じつは、真皮に「亀裂」が起きている状態です。

妊娠による急激な皮膚の伸びに耐え切れなくなった真皮が、裂けてしまうことが原因です。

また、妊娠線が赤紫色っぽくみえる場合は、断裂した真皮の間から、血管が透けて見えていると考えられます。

妊娠中の「胸の発達」と「妊娠線」の関係

妊娠中の身体の変化は、お腹に気を取られがちですが、胸も母乳を出すために10ヶ月かけて急激な変化をしています。

胸の妊娠線は、妊娠による胸の発達と深く関係しているようです。

妊娠初期・中期・後期ごとの胸の変化を、詳しくみていきましょう。

妊娠初期の胸の変化

妊娠初期は、「乳頭の黒ずみ」「乳頭がかゆい」などの症状がでることがあります。

「乳頭の黒ずみ」は、妊娠によるホルモンバランスの変化によって、メラニン色素が増加するために起きるようです。

「乳頭のかゆみ」は、乳腺が発達しはじめるサインといわれています。

敏感になるので、下着に触れるだけで「かゆみ」「痛み」が起きるようです。

妊娠中期の胸の変化

妊娠中期からは、乳腺の発達が進み、乳房全体が大きくなります。

また、お腹の赤ちゃんを守るために乳房だけでなく全身に脂肪がつきやすいでしょう。

妊娠中期から、妊娠線ができはじめる方が増えます。

お腹のふくらみが目立つ前の時期から、予防のために保湿クリームを塗っておくことをおすすめします。

妊娠後期の胸の変化

妊娠後期になると、乳頭から白い分泌物が出るというママが多くいます。
ブラジャーにしみがついたり、白い垢のように見える場合もあるようですが、心配はいりません。

白い分泌液は、乳首を保護するために出るもので、産後の授乳に備えて、乳腺が母乳を出す準備をしているといえるでしょう。

乳房は全体的に一回り大きくなるので、妊娠線ができた影響で、「胸の張り」「痛み」を感じるという声もあります。

乳腺が正常に発達している証拠だととらえて、慌てずに、主治医に相談するなど対処しましょう。

胸の妊娠線!出産後はどうなる?

授乳中は、赤ちゃんの飲む量とおっぱいがつくられる量のバランスが合わないと、胸が固くなったり、痛くなったりというトラブルがあります。

出産後の乳房は、妊娠中から大きい状態が続き、母乳分泌の最盛期といったところ。

そのため、産後も胸に妊娠線ができる可能性があります。

赤ちゃんの離乳食が進んで、おっぱいを飲む量が減ってくるとともに、妊娠線ができることは少なくなってきます。

乳房自体も、授乳の終わりに近づくと元のサイズに戻っていくため、赤紫色に見えた妊娠線は、白っぽくなっていくケースが多くみられます。

胸の妊娠線に効果的!予防と対策まとめ


ここまで説明したように、女性の身体は、妊娠中の10ヶ月間で、劇的に変化します。

妊娠線の予防は、なにもしないよりは、しっかり自己ケアをした方が断然効果的です。

こちらでは、胸にできる妊娠線の予防法として、おすすめな方法を紹介します。

基本は妊娠線クリーム!

妊娠線の予防には、「真皮」まで届く高い浸透力をもった保湿ケアをおこなう必要があります。

なぜなら、妊娠線は、表皮の下の「真皮」が裂けてしまった状態だからです。

表皮は、新しい表皮細胞が増えると古くなった角質がはがれていくというサイクル(ターンオーバー)を繰り返していますが、真皮は表皮のように活発なターンオーバーがありません。

保湿クリームは、さまざまな種類がありますが、ここでは妊娠線ケアとして人気のクリームを紹介しますので、参考にしましょう。

1.ノコアアフターボディトリートメントクリーム


≫ノコアアフターボディトリートメントクリーム公式サイト


ノコアアフターボディトリートメントクリームは、ビタミンC誘導体が多く含まれており、皮膚への浸透力をとことん追求したクリームです。

合成界面活性剤やアルコール・合成着色料などは使用せず、肌にやさしいのが特徴です。

ノコアは、できてしまった妊娠線のアフターケアにつくられた商品ですが、予防として使用してもOKです。

ノコアは、紫外線対策として顔に使ってもよいことでママから高く評価されています。

2.ベルタマザークリーム


≫ベルタマザークリーム公式サイト

ベルタマザークリームは、「スーパーヒアルロン酸」「プラセンタ」「コラーゲン」「葉酸」など美容成分がたくさん入っています。

また、ベルタマザークリームに含まれる「シラノール誘導体」は妊娠中の肌トラブルに実績があるといわれており、海外でも有名な成分のようです。

ほかにも、オーガニック原料を使用したり、無添加にこだわるなど、妊娠中の敏感になりがちな肌にも優しいつくりになっています。

3.ママ&キッズナチュラルマーククリーム

ナチュラルマーククリーム120g
ママ&キッズナチュラルマーククリームは、皮膚科専門医の協力をもとに開発された優れものです。

妊娠中の敏感な肌に刺激が少ないように成分を厳選しており、香料や着色料などはできる限り使用していません。

育児雑誌などでよくとりあげられており、ママ達の間で人気の商品です。

胸の妊娠線クリームはいつから?効果的な塗り方は?

お腹が大きくなりはじめる妊娠中期から、胸にも妊娠線クリームを使うことをおすすめします。
もちろん、妊娠初期から使うと妊娠線の予防に、より効果的でしょう。

塗るタイミングは、風呂上りの皮膚が柔らかくなっているときが最も浸透しやすいようです。

胸の妊娠線予防は、手のひら全体に妊娠線クリームをつけて、以下の順番で塗りましょう。

  • 両手にクリームを取って、左右の胸を外側から内側に塗ります。
  • 胸の下から上へ、鎖骨に届くまで塗ります。
  • 鎖骨から肩に向かってデコルテに塗り伸ばします。

手のひらで大きく塗るようにすると、マッサージ効果もあり、皮膚を柔らかくほぐすことができる場合もあります。

また、好みに合う香りの商品を使うことで、気持ちもよくなりリラックス効果もあります。


マタニティブラ・授乳ブラをつけましょう!

妊娠してお腹や胸が大きくなってきたら、きつく締めつけるブラジャーをつけるのはおすすめできません。

なぜなら、普通のブラジャーは一般的に、バストのラインをきれいに見せることを重視してつくられているものが多く、妊娠中の女性の身体にとっては締めつけが強すぎるケースがあるからです。

大きくなろうとしている胸の発達を押さえつけるため、血行が悪くなってしまう可能性があります。

いっぽう、マタニティブラや授乳ブラは、ノンワイヤーで、カップ部分の素材も柔らかく、妊婦さんの身体を締めつけないようにつくられています。

妊娠中はサイズの変化も激しいので、自分の身体に合ったブラジャーをつけましょう。

体重管理が大切です!

妊娠中の女性の身体は、お腹の赤ちゃんを守るために脂肪がつきやすい体質になるようです。

赤ちゃんへ栄養を届けるためにもバランスのよい食事をとることは大切でしょう。

しかし、急激に身体の脂肪がつくと皮膚も急激に引き延ばされてしまい、妊娠線ができるリスクも高まります。

1週間に1回は体重を測る」を心がけて、急激な体重増加に注意しましょう。


自分に合った予防方法をみつけよう!


「食生活」「体重管理」「運動」「睡眠」など、妊娠中に気をつけたいことは、たくさんあります。
大切なことは、頑張りすぎてストレスをためないことです。

これなら毎日できる」「自分に合っている」と思える方法をみつけて実践するようにしましょう。

注目記事

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている?妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク