【漢方体験Q&A】28歳「初潮が来ない」体質改善からの妊活【体験談】

生理不順を持ちながらも漢方で改善し、子宝に恵まれたケースは数多くあります。

今回は、初潮が自分の力で来ていないという悩みを抱えた方が、きちんと元気な子宝に恵まれた体験談です。

Q:相談内容

いつになっても初潮が来なかったため、産婦人科に相談し、最初から生理をピルで起こしていました。
何度か休薬して様子をみましたが、ピルを飲まずに生理が来る気配はありませんでした。

ぼーっとして物事を忘れてしまったり、貧血やむくみがひどいことも悩みです。

3年前に結婚し、妊活について漠然と考え始めましたが「年もまだ若いし、様子を見ていればそのうち子どもはできるよ」という周囲の声が次第にプレッシャーに感じるように。

「なにか手段はないか」と思っていたところに「漢方薬で出産できた」という情報を見つけ、真剣に検討してみることにしました。


A:タクヤ先生の回答


基本的に「無月経」は漢方でいう「腎虚(じんきょ)&血虚(けっきょ)」の病態が合わさっています。

初潮が来ない、というのは体質や遺伝的な要素が大きいと考えられます。
しかし成人を過ぎてから、急に無月経になった方は、生活習慣や疲労、ストレスなどが原因になるケースも多くなります。

今回の場合は、長年のピルなど薬の服用状況が続いていたため、まずはしっかりと「腎」と「血」の状態を底上げしていけるように、漢方を組み合わせました。

若いにも関わらず、物忘れや、貧血症状、下半身のむくみなど、特徴的な悩みがありましたが、全て腎と血のケアで改善していくものばかりです。

【体験談】毎月少しずつ前進し、そして待望の子宝が!


ピルの服用は、漢方のスタートと同時に止めました
予想通りというか、ピルを飲むのを止めたら、生理は来なくなりました。

漢方を飲みはじめてから、疲れにくくなったり、むくみが取れたりするのを、感じることができました。

「少しずつよくなっているんだ」という実感ははげみになります。
「いつか自分で、生理を起こせるようになればいいな」という、割とのんびりした気持ちで、漢方を飲み続けていました。

服用から5ヶ月ほどで、白いおりものや胸が張る感覚が出てきました。
「お?」と思っていたところ、そのちょうど1ヶ月後に生理が来ました

薬は漢方以外に飲んでいません。
本当に嬉しかったです。

初めてのピルなし生理のあとは、生理周期が2ヶ月くらいの間隔で生理が続きました。
生理周期が徐々に40日になり、漢方を飲み始めてから10~11ヶ月後には、生理周期が31日間隔に狭まりました。
「もうそろそろ妊娠しても全然おかしくないよ」と先生から言われた直後に、なんと妊娠しました!

妊娠中はつわりも軽く、途中で少し体重が増えすぎと指摘はされましたが、トラブルもなく、元気な男の子を出産できました。

夫は「あとふたり子どもが欲しい」と勝手なことを言っています(笑)
私も漢方の力を借りつつ、この子をしっかりと育てながら、前向きに考えられればいいな、と思っています。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー