口を開けるとカクッとなる~子どもにも顎関節症ってあるの?

口を開けるとカクッとなる~子どもにも顎関節症ってあるの?

「顎関節症(がくかんせつしょう)」という言葉を聞いたことのある方は多いと思います。お口を開けた時に耳の前あたりがカクっと鳴ったり、あごが痛くなって口があかなくなったり。大人では治療が必要な場合もありますが、子どもの場合はどうなのでしょう?

スポンサーリンク

子どものあごのちょっと気になる症状

最近は学校の歯科検診でも、虫歯や歯並びだけでなく、あごについてのチェックがあります。子どものあごの症状で最も多いのが「関節雑音」と呼ばれるものです。

お口を開けたときに耳の前あたりがカクっと音がしたり、ジョリっと鳴ったりするもので、幼稚園生や小学校の低学年でも約5%の子にみられます。

小学校高学年の頃、奥歯が生え変わる時期になると、このような子が急激に増え、中学生、高校生になる頃には20%くらいの子に、関節雑音がみられると報告されています。

音がすること以外にも、お口を開けた時にあごが横にずれる、大きく口を開けるとあごが痛む、口が少ししか開かなくなる、などの症状が出ることもあります。お口の開く大きさは、「たてに指3本がすっぽり入る」というのが正常の目安です。

お口を開けた時に音がするだけならしばらく様子を見ていても問題のないことが多いのですが、それ以外の症状が出てくる場合には、小児歯科や口腔外科の先生に相談してみましょう。

日常生活で気を付けること

子どもの顎関節症

子どものあごの症状は、出たり消えたりを繰り返すことが特徴ですが、中には、だんだん重症化して治療が必要な「顎関節症」につながってしまうことがあります。

子どもの場合、お口をあけると音がするのをおもしろがって、わざと音を鳴らしたりするのがくせになってしまっている子も多いのですが、あごの関節に負担をかけてしまうので、しないように注意してあげてください。また、以下のような習慣があると、あごの関節によくないことがわかっています。ちょっと気になる症状がある場合には、日頃の癖を見なおしてみましょう。

  1. 食べ物を咬むときに左右どちらかばかりで咬む
  2. ほおづえをつく
  3. 極端に硬いものを咬んだり、あごが痛くなるほど大きく口を開ける
  4. うつぶせ寝をする
  5. いつも上の歯と下の歯が接触している

5.の「いつも上の歯と下の歯が接触している」ということ、そんなの普通でしょと思われた方もいるかもしれません。このコラムを読んでいる今、上の歯と下の歯はくっついていますか?はなれていますか?

顎関節症状の原因「TCH」を知っていますか?

ご飯を食べたりお話をしたりしている時以外、唇は閉じていても、上の歯と下の歯はくっつかずに、2mmくらい開いているのが正常です。いつも上の歯と下の歯がくっついていると、あごの関節に大きな負担になることがわかってきました。

「歯と歯の接触をするくせ」という意味で「TCH (Tooth Contact Habit)」といいます。

このようなお口のくせがつくのは中学生くらいからが多いといわれています。

いつも上の歯と下の歯が触れているようなくせのある子は、くせのない子に比べて、あごの関節に症状の出る割合が非常に高くなることが報告されています。

子どもに顎関節の症状がある場合には、まずはこのTCHをなおすことから始まります。携帯やパソコンを見ている時、机に向かっている時など、無口で長時間うつむいているときに上の歯と下の歯がくっついてしまうことが多いので、意識して隙間をあけるようにしてください。

お子さんが勉強しているときやテレビを見ているときなどに、「今、上の歯と下の歯、くっついてない?」と聞いてみると、いつも歯が接触しているようなくせがあるかどうかわかります。くせがありそうな場合には、将来の顎関節症予防のために、時々歯に隙間をあけるように声をかけてあげてください。これは、大人でも同じことですので、お父さんお母さんも日常の癖にちょっと気を付けてみましょう。

今村由紀先生

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている?妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー