楽な抱っこのポイント


楽な抱っこのポイント

今回は、楽に抱っこする為に心掛けたいポイントをお伝えします。特に生後6ヶ月以内等、月齢が若いほど意識したいですが、乳幼児期のどのお子様にも大切だと思います。

生後間もない赤ちゃんは、お身体が柔らかくてふわふわ・ふにゃふにゃ。抱っこがぎこちなく感じたり、しっくり慣れるまで大変ですね。

日に日に成長し、お身体がしっかりしてくると、徐々に抱っこの苦労が減ってきます。赤ちゃんが小さいほど抱っこは大変なのかもしれません。だんだん慣れていくものとはいえ、少しでも楽に、心地よく抱っこ出来たら嬉しいと思います。

そこで、もし抱っこが難しい、重い、辛い…等と感じる場合は、いくつか試してほしい工夫点をお話しますね。

とにかく「安定」を目指す

抱っこが大変そうな場合、不安定な抱き方であることが多いです。「抱く」の漢字は「手へんに包む」と書きますね。赤ちゃんを包み込むように抱くと、お互いのお身体同士に接地面が増え、安定しやすくなります。

大人の「肘から手」までの長さは、生まれたばかりの赤ちゃんのお身体を、ちょうど、包み込めるサイズだと聞いた事があります。身体って、赤ちゃんを育てていく為に、上手に使えるように出来ているんですね。

抱っこ1

モデルベビー 生後2ヶ月 Rくん

「上半身」で抱く

抱っこする時、赤ちゃんはどの辺りの位置にいますか?赤ちゃんの身体が抱く人の「おへそより上」に来るようにしてみましょう。上半身で抱くと、赤ちゃんの重心(体重)と抱く人のお身体が一つになりますので、抱っこが安定して感じられる工夫の一つだと思います。

赤ちゃんの身体全体を支える

赤ちゃんの身体全体ではなく、部分的に支える形・・例えば、赤ちゃんの両脇の下を持ってぶら下げる様に抱くと、親子共に楽ではありませんし、赤ちゃんが重く感じると思います。

それは、抱っこと言うより運ぶ感覚に近いかもしれません。他にも、横抱きの際に赤ちゃんの首の後ろと股の間に腕を入れて支える形をとると、赤ちゃんの手足がブラーンと下がりやすくなります。そこで、赤ちゃんの腕や、お尻・太ももを抱く人の腕で包むと心地よい楽な抱っこに近づきます。

以上の3つを横抱きの場合で簡単に言うと…「抱く人の両腕でドーナツ様に輪を作り、赤ちゃんの身体を包むように抱っこする」

抱っこ2

抱っこする人のお身体の使い方が少しイメージできましたか。

縦抱きをする場合でも、赤ちゃんのお身体全体を包み込むようにする点は変わりません。首すわり前のお子様は頭を抱く人のお身体にもたれてもらったり、首の後ろの支えを大切にしてくださいね。

次回は、抱っこで意識したい、赤ちゃんが楽な体勢についてご紹介しますね。

平尾時栄先生

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー