抱っこ紐相談「意外と知らない抱っこ紐調整のコツ」

抱っこ紐相談「意外と知らない抱っこ紐調整のコツ」

抱っこ紐の調整が難しく感じる人も多いようです。今回は、そんな方へ、スムーズに調整できるコツを3つお伝えします。※すべての抱っこ紐に共通するわけではありませんが、ユーザー数が多い腰ベルトタイプや、調整用のバックルがついているものに対応できる方法としてお読みください。

  1. (肩)ひもを短くする
  2. (肩)ひもを伸ばす
  3. 親子の密着を心地よく調整する

①~③までそれぞれについて説明していきたいと思います。

①(肩)ひもを短くする

肩ひもを短くするのは、お子様を抱っこ紐に抱き入れた後、サイズ調整する際につかいます。ポイントは肩ひもを短くする際に「紐を引く方向」です。

下のA,Bの写真では、バックルの形や大きさは違いますが、調整方法は同じです。

紐の調整1
紐の調整2

スムーズに紐を短くするコツ

肩ひもやウェストベルトなどを短くするとき、バックルを通して垂れている方の紐を引っ張ると、短くなります。「紐を引く方向」は、バックルを通している本体側の紐と「平行」に引きます。方向が合っていないと、なかなか紐が動かず、調整が難しくなります。

②(肩)ひもを伸ばす

肩ひもを長くするのは、抱っこを緩めたい時、抱っこの位置を下げたり、お子様を抱っこ紐からおろす時などにつかいます。

紐を伸ばす方法

① とは逆に紐を伸ばす方法です。伸ばそうとしている紐が通っているバックルの縁に指を添え、持ち上げる(引き上げる)と紐が滑って伸びる仕組みです。以下の画像は2種類の抱っこ紐の紐を伸ばす方法を解説しています。

紐の調整3
紐の調整4
紐の調整5
紐の調整6

バックルの縁を持ち上げてもなかなか動かない時は、抱いているお子様のお尻に手を当て、少しだけ持ち上げてみましょう。重さでロックされていたバックル部分の負荷が減り、スルッと紐が動きやすくなります。

ポイント

この動きはリングスリングを緩める場合にも使えます。リングの縁に指をかけ、持ち上げますが、反対の手でお子様のお身体を少し持ち上げると、リングにかかっている布の負荷が減り、緩みやすくなります。

紐の調整7
紐の調整8
紐の調整9

③親子の密着を心地よく調整する

体型などに合わせて、より心地よく整える工夫です。

心地よい位置で肩ひもを引き締めるコツ

抱き入れてから肩ひもの長さを調整する時、だた紐だけを短くすると、お子様の体勢が窮屈になる事があります。紐の長さを調整する前に、以下の事を試してみてください。

抱っこ紐本体の中心に、お子様が左右どちらかに偏ることなく、きれいに布全体に包まれるよう体勢と抱っこ紐本体の形を整えましょう。親子の姿勢を快適に整えるためには、お子様の体勢を綺麗に整えることがとても大切です。お子様の姿勢はお尻のCカーブとM字開脚に整えます。

紐の調整10

抱っこ紐本体の形がお子様の身体を綺麗に包んでいるのを確認してから、片手でお子様のお尻を少し持ち上げます。

紐の調整11

お尻を少し持ち上げた状態で肩ひもを引きます。

紐の調整13

心地よい位置まで片方の肩ひもを引き締めたら、お子様のお尻を支えている手と、肩ひもを引く手を持ち替え、反対側も同じように引き締めます。

抱っこ紐を心地よい位置に調整できたら、最後に少し、歩き回ってみましょう。どこか、部分的に重さを感じるところはないか、きついところはないかなど動いてみると分かる事が多いです。慣れるまでは手間と感じる作業かもしれません。しかし、親子にとっての快適さがしっかり感覚として身についてしまえば、お出かけがとても楽になると思います。

平尾時栄先生

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている?妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー