【専門家が教える】産後の冷えケア「よもぎ蒸し」とは?

産後のママたちのなかに、忙しい育児の日々でゆっくり入浴する時間もなく、シャワーだけになっている方はいませんか?
気づくとからだが冷えきり、からだのあちこちがしんどくありませんか?

冷えは万病のもと、といわれています。
今回は、産後の冷えの改善におすすめの「よもぎ蒸し」について紹介します。

「よもぎ蒸し」とは?


よもぎ蒸しは、およそ600年以上前から韓国で行われてきた、伝統的な民間療法のひとつです。

専用の椅子の下に、よもぎなどのハーブを温めたものを土鍋などに入れます。
マントなどをかぶり椅子に座って、ハーブのスチームで下半身を中心に温める座浴です。

産後はいつからできるの?


一般的には、産後1ヶ月健診で経過が順調な方は「よもぎ蒸し」を行えます。

私(奥山)は、産後1ヶ月より「よもぎ蒸し」を週に3回ペースで、産後3ヶ月は行いました。
そのおかげで、担当の助産師さんに驚かれるほど産後の回復が早く、体重も産後3ヶ月で妊娠前の状態に戻りました。

妊娠中はできるの?


妊娠中の方は、経過が順調で医師の許可があれば行えます。

妊娠中は、体調も変化しやすいため、専門家が行う「よもぎ蒸しサロン」でのケアをおすすめします。

私が開業する「ははこぐさ鍼灸治療室」では、妊婦さんにも「よもぎ蒸し」をケアの一貫として取り入れています。
妊娠中の冷えの改善に加え、会陰部の血流もよくなり、出産時の会陰の伸びもよくなります。

「よもぎ蒸し」の3つの効果とは?


よもぎ蒸しにはどのような効果があるのか、みていきましょう。

1:強い抗菌力

「よもぎ蒸し」で使用するよもぎは、お灸の原料にもなり、強い抗菌力や作用の多様性から「ハーブの女王」とも呼ばれています。

そのため細菌による女性疾患や、カンジダ膣炎、子宮や卵巣に起こる女性疾患の予防に効果的といわれています。

2:冷えの改善

「よもぎ蒸し」による円滑な血液循環を通して、子宮復古の促進、生理痛・腰痛などの緩和にもよいといわれています。

東洋医学にみる「瘀血」(血の滞り)の症状にも大変効果的です。
妊娠中や出産により生じた痔なども、肛門深部を温めて発汗させることで改善や予防に役立ちます。

3:ダイエット効果

下腹部の血液循環と代謝を高め、内臓の機能を活性化させます。

1回で30〜40分程度の「よもぎ蒸し」を行います。
およそ30〜40分のよもぎ蒸しでエアロビクス2時間程度の消費カロリーと同じくらいといわれています。

ダイエット目的で産後に「よもぎ蒸し」を受けにくる方も多くいらっしゃいます。


どのくらいの頻度で行うとよい?


「よもぎ蒸し」は毎日行ってもらっても構いません。

身体の状態によって異なりますが、「よもぎ蒸し」をはじめたばかりのときは、できるだけ続けて行い、徐々に間隔を開けるとよいといわれています。
目安としては、年代と同じ数だけ、30代は週に3回、40代は週に4回。

また、よもぎ蒸しサロンに頻回に通えない方は、自宅でも手軽にできる「よもぎ温座パット」もおすすめとなります。

「よもぎ温座パット」は、下着に貼るカイロなので、忙しい育児中でもじんわり温められ、気軽に使用できます。

産後の身体は養生を怠ると、女性の一生に関わってくるといっても過言ではありません。

妊娠経過と同じ時期、とくに産後10ヶ月は、産後の身体をより丁寧にケアするように心掛けてみてください。
そして、「よもぎ蒸し」や「よもぎ温座パット」で産後の冷えケアしてみましょう。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー