フランス在住ママからみた日本のよいところ

海外で子育てをすると、文化や環境の違いに、戸惑うことがあります。

子どもを連れて、一時帰国するたびに、日本で子育てすることのよさを再発見。
日本では当たり前のことでも、海外にいるとと当たり前ではない日本のあんなところ、こんなこと。
フランスで子育てするママからみた、日本の育児のよい点についてお話します。

母乳育児の推奨


フランスは先進国のなかでも、母乳育児をするママが少ない国です。

出産後、産院では母乳の指導というものはありませんでした。
退院後、なかなかアドバイスを受けられないため、母乳育児を諦めるママも多いのが、現在のフランスの問題ともいわれています。

多くのママが母乳育児を望んでいる日本では、母乳外来や母乳相談室があります
母乳の悩みやトラブルを相談できる場所があるのは、日本の子育てで「うらやましい!」と強く思ったことのひとつです。

スポンサーリンク

駅のバリアフリーが進んでいる


筆者が日本の素晴らしさを感じる点は、東京や大阪の地下鉄や電車の駅のバリアフリーが進んでいることです。

パリの地下鉄には、ほとんどといっていいほど、エスカレーターもエレベーターもありません。
ベビーカーで子どもと地下鉄に乗らなければならない場合は、ベビーカーを持ち上げて、階段を上り下りしなければならないのです。

ママひとりでも、ベビーカーで簡単に地下鉄や電車に乗れるというのは、大変ありがたい環境です。

トイレにおむつ替えスペース、ベビーチェア、授乳室は日本だけ


日本で百貨店やショッピングモールに行くと、トイレに赤ちゃん用のオムツ替えのスペースが必ずあります。

それだけでなく、トイレには、子どもを安全に座らせるための、ベビーチェアが備え付けられているところも多くあります。
また百貨店などでは、驚くことに授乳室まであります。

日本では当たり前の光景ですが、これほどまでに子連れに配慮した整備が整っているというのは、日本の称賛される点です。

とりわけベビーチェアは子どもを持つ海外旅行者が「うちの国にも欲しい」とうらやましがるのだそうですよ。

意外にもストローマグは見かけないフランス


生後1年ぐらいの、日本の子どもはストローマグで飲み物を飲んでいる子が多いようです。
日本では当たり前のストローマグは、フランスでは見かけません。

フランスでは、子どもがコップで飲めるようになるまで、哺乳瓶で飲み物を与え続けることも多いのだとか。

筆者の子どもが8ヶ月頃に、ストローマグでお水を飲んでいる様子を見てフランス人が「この歳でストローで飲めるの ?私の子どもは2歳までストローは使えなかったわよ」と大変驚いていました。

哺乳瓶と違ってストローマグは、ハンドルがあるため子どもがひとりで飲みやすい形なので、ママの育児も楽になります。
ストローマグは、フランスにあったらいいだろうなぁと思うアイテムのひとつです。

小学校からひとりで登校できる安全な社会


日本だと小学校からひとりで登校するのが当たり前ですが、フランスでは誘拐などの危険性もあり、大体10歳頃からひとりで登下校するようになります。

この話を聞いたときに、なんて治安が悪いんだろうと正直衝撃を受けました。

逆にフランス人は、小学校の低学年でひとりで登下校というのは、子どもの精神的負担が大きくなるのではないかといいます。

それぞれ考え方の違いはありますが、小学校から子どもがひとりで登校できるのは、それほどまで日本が安全な社会だという証明です。

安全な社会で子どもが育てられる環境は、ぜひ守り続けて欲しいと思います。

さいごに


海外と比較をしてみることによって、見えてきた日本の育児のいいところ。
筆者は海外で生活をしてみて、日本のこのような環境で育児ができるということは、恵まれたことだと感じました。

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いたライター

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー