【小児歯科医が教える】乳歯のむし歯は永久歯の歯並びを悪くする

乳歯がむし歯になっても「どうせ抜ける歯だし、小さい子の治療はかわいそうだし、無理に治さなくてもいいんじゃないかな」と思うことがあるかもしれません。

しかし、乳歯のむし歯が進行すると、そのあと生えてくる永久歯が正常に育たなくなってしまうことがあります。

乳歯のむし歯が永久歯に与える影響は、それだけではありません。
永久歯の歯ならびが悪くなる原因にもなります。

乳歯がむし歯になると、永久歯の歯ならびにどのような影響があるのでしょう。

永久歯が生えるすき間がせまくなる


幼稚園や保育園の年長さんから小学生くらいになると、乳歯が抜けて、抜けたところに永久歯が生えてきます。

乳歯には、永久歯が生えるためのスペースを確保するという役割があります。


乳歯がむし歯になると、歯に穴があいたり削れたりして、乳歯の幅や高さが小さくなってしまったりします。
また、むし歯が大きくなって抜かなくてはならなくなると、となりの歯がかたむいて、永久歯の生えるすき間がせまくなってしまいます。

永久歯が生える充分なすき間がないと、ずれた位置に生えてくるので、永久歯の歯ならびがガタガタになってしまう原因になります。

予防するには?治療は?

乳歯がむし歯になってしまったときは、幅や高さが小さくなってしまわないように、早めに治療して、元の形に治してもらうことが大切です。

むし歯が大きくなって乳歯を抜かなくてはならなくなった場合は、永久歯が生える隙間を確保するための「保隙装置(ほげきそうち)」を使うことがあります。

写真は両側の奥歯にリングをはめる「リンガルアーチ」という保隙装置です。

歯の場所や本数、永久歯が生えるまでの期間などによって、さまざまなタイプの装置があります。

むし歯やケガで乳歯を抜かなくてはいけなくなった場合、どのような装置を使ったらよいか、かかりつけの先生とよく相談しましょう。

永久歯が変な場所から生えてくる?


乳歯のむし歯が進行すると、根の先にうみがたまったり、生え変わりの時期になっても自然に抜けなくなることがあります。

このような場合、乳歯の下に埋まっている永久歯が、うみがたまっている場所や、乳歯が抜けないままになっている場所から移動してしまいます。
これを永久歯の「歯胚回避(しはいかいひ)」といいます。

こちらの写真では、乳歯の下の歯肉から永久歯が出てきてしまっています。

永久歯が生えてこなくなることも

永久歯の「歯胚回避」がさらに進行すると、永久歯が生えることができなくなってしまうこともあります。

永久歯の前歯が鼻の近くまで移動してしまったり、奥歯があごの中で真横に倒れてしまったりして、出てこられなくなることがあります。

予防するには?治療は?

永久歯の「歯胚回避」をおこさないためには、乳歯のむし歯が大きくなってしまう前に治療することが大切です。

むし歯の進み方コラムでお伝えしましたが、CO、C1、C2の小さいむし歯のうちは、しっかり治療してもらってそれ以上すすまなければ、乳歯のむし歯が原因で永久歯が歯胚回避をおこすことはありません。

むし歯がC3まで進行し、根の先にうみがたまってしまったときは、永久歯の歯胚回避を予防するために、早めに抜歯したほうがよいことがあります。

乳歯が大きなむし歯になってしまったときは、レントゲンであごの中の永久歯の状態を確認してもらいましょう。

永久歯の位置のずれが少ないうちであれば、原因となった乳歯を抜歯すると、自然に正しい位置に戻ることが多いのです。

しかし、自然に生えてこられなくなるほど永久歯の位置がずれてしまった場合には、歯肉の中から矯正装置でひっぱり出したり、永久歯を摘出しなければならなくなることもあります。

乳歯のむし歯が原因で、大切な永久歯がとりかえしのつかないことにならないように、乳歯のむし歯は早めに治療してもらうようにしましょう。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー