断乳は大イベントです!

断乳は大イベントです!

長期間の母乳っ子は、いつまで経っても離乳食を食べてくれなかったり、ママ(おっぱい)がいないとグズって誰にも預けることができなかったりおっぱいへの依存が日増しにひどくなって不安になってしまうことがあるかもしれません。保健センターでの健診でも「そろそろ授乳は減らしましょう」と保健師さんから指摘されることがあります。

断乳の理由はさまざまですが、おっぱいをやめるということを軽視しているママ、専門家は案外多いです。

うちの助産院でも断乳の相談は尽きることがありません。本当にやめていいの?おっぱいは二度と戻って来ないよ。それでもいい?後悔しない?絶対に?中途半端な気持ちじゃない?しつこいぐらい、ママに確認します。

『断乳』は、子どもはまだ欲しがっているけどママの一存で「この日からやめる」と計画的におっぱいをやめることを言います。

『卒乳』は、子どもが自ら「もういりません」と意思表示があり、自然におっぱいから離れていくことを言います。

わたしたちはほ乳類なので、理想は『卒乳』ですが、それはあえて目指すものではなくて結果的に自然にそうなった、というのが本来の姿です。

ですがときには『断乳』の選択肢もアリで、間違いではありません。ママの仕事復帰や保育園など集団生活へ入ること、ママにとって夜間の授乳が体力的にも精神的にも疲れてしょっちゅう体調を崩すだとか、2人目が欲しいけど授乳を続けることで産後の生理が再開しないなど、人それぞれのライフスタイルによって、『断乳』を選択することも決して悪いことではないと思います。

ただ、断乳を軽く考えないで欲しいんです。子どもも必死に頑張ります。人生最大の試練のときなんです。大袈裟ではないですよ。心の安定剤だった大好きなおっぱいが、ある日を境にして急に飲めなくなるのだから・・・。

美味しそうにおっぱいを飲む子どもの姿は本当にかわいいですよね。ときどき上目遣いでママの顔を見上げては、ニコっと笑ったり、わざと歯を立ててみて「痛っ!」というママの反応を楽しんでみせたり、「コノヤロー」と思う反面、かわいいんですよね。おっぱいは親子をほっこりと幸せにする魔法の道具だと思います。

人によっては乳腺炎や乳頭の傷、繰り返すおっぱいトラブル。食事制限に苦しめられ、幸せとは裏腹に授乳生活は決して楽しいことばかりではなかったかもしれません。それなのにおっぱいをやめないのは、きっと母と子を繋ぐ、苦痛以上の何か大きな意義が、そこに存在するからなんでしょうね。

出産は人生観を変える大きなイベントです。だけど『断乳』は、出産以上の大きなイベントなんですよ。いざ断乳の日が近づくと、急に寂しくなって決意がグラっと傾き心が折れてしまうママたちも少なくありません。土壇場になってようやくおっぱいの偉大なる魔法に気づくのですね。

自分の心にウソついて、意に反した決断を実行してもいいことはありません。断乳を甘く考えないでください。グラグラするぐらいなら、もうしばらくおっぱい、続けてみませんか?長くなればなるほど想い入れが深くなるおっぱいです。子どもとママ、二人で協力し合い、苦労して築き上げたからこそ、そう簡単に「はい終わりー」というわけにはいきません。

子どもとともに、刻んだ日々です。おっぱいを通しての2人の歴史です。泣いたり笑ったり思い出の数も数知れず。だから断乳は大事件になるのです。

おっぱいの終わりは、子どもの成長を意味します。おっぱいで繋がっていた親子の絆を、次の段階へと切り替えていく、ターニングポイントです。ママにとって、切なくて嬉しくて、寂しくて悲しくて。言葉じゃ言い表せない達成感と満足感で胸がいっぱいになる。涙が止まらなくなる。それが断乳なんです。

ママが中途半端な気持ちで安易に断乳を開始すると、その不安定さが子どもに伝染して、かえって子どもが可哀想です。

これから先、子どもが成長し、反抗期を迎える頃になったときに「あのとき無理に断乳したから、愛情不足になってこうなってしまったのかも・・」すべてを不本意な断乳に関連させて考えてしまう子育ては悲しすぎます。

そんなことにならないよう、晴れやかな気持ちでおっぱい生活に終止符を打てるよう自信を持ってその後の子育てができるよう。おっぱいに依存していた子どもが、おっぱいなしでも大地を踏みしめて前に進んでいく様子を成長の喜びとして身体いっぱいに感じることができますように。

心から「断乳おめでとう!!」と言えるように、断乳を考えているママたちは、よく考えて、迷って、後悔のない幸せな決断をしてくださいね♪

小林ひさこ 先生

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?