【妊活サプリランキング】葉酸だけでは不十分!本当に必要な成分、効果、値段で徹底比較

「そろそろ赤ちゃん欲しいね」そうなった時に飲み始める妊活サプリ。

しかし、いざ妊活サプリを飲もうと思っても沢山の疑問が出てしまいます。

「妊活に必要な成分が多い!どれが本当に必要なの?」
「妊活に必要な成分は何に効果があるのかよく分からない」
「サプリの種類が多い!どれを選べば良いの?」
「市販のものは買っても良いの?赤ちゃんに悪影響ってある?」

この記事では、妊活中に摂ることが推奨されている成分と効果、そして本当におすすめできる妊活サプリを分かりやすくご紹介します。

すぐにおすすめの妊活サプリを知りたい方はこちら!
>>妊活サプリおすすめランキング(ページ下)へ移動する

妊活サプリの役割は大きく分けると2種類

妊活に必要な成分は沢山ありますが、その役割は大きく分けると2種類です。

①赤ちゃんの成長と発達、流産防止のため
②ママやパパの体作りの為、ホルモンバランスを整える
├生理周期の安定
├基礎代謝を上げる
└子宮内膜を厚くする

元気な赤ちゃんの為にはママにも赤ちゃんにもしっかりとした準備が必要ということです。

次に妊活サプリの注目成分を簡単に紹介していきます。

妊活サプリで取り入れたい注目成分


赤ちゃんをサポートする代表成分としては「葉酸」。
ママをサポートする代表成分では「」や「亜鉛」、「アルギニン」があります。

また、ビタミンBやC、Eのサポート成分を一緒に摂ることでより高い効果を引き出すことが期待できます。

上の図は、各成分の役割を簡単にまとめたものです。
実際には1つの成分で複数の効果があるものが多く、複雑に絡みあっています。

葉酸
  • 赤ちゃんの奇形や死に関わるリスクを軽減
  • 赤血球をつくり鉄分不足を助ける
亜鉛
アルギニン
  • ホルモンバランスを整える
  • 性欲維持が期待できる
  • 精子の元気をサポートする
鉄分
  • 貧血の予防
ビタミンB
  • 葉酸や鉄の吸収を助ける
  • 貧血予防をサポート
ビタミンC
  • ビタミンEの働きをサポート
  • 活性酸素から守って、劣化を防ぐ働きが期待
ビタミンE
  • 葉酸の働きを助ける
  • 活性酸素から守って、劣化を防ぐ働きが期待

※各成分のさらに細かな説明は記事下で紹介します

ホルモンバランスに冷えと鉄分不足は大敵

妊活にはホルモンバランスを整えることが大切です。

重要なホルモンは血液にのって運ばれます。
巡りが悪い状態となる冷え症や貧血はホルモンバランスの乱れの原因となってしまいます。

その為、めぐりを促す成分や貧血予防の成分を摂る事も大切になります。

マカは妊活に優秀な注目植物!!

マカが妊活に効果的というのは耳にしたことがあるかと思います。
その理由はマカだけでママをサポートする「鉄」「アルギニン」が豊富に入っているからです。

マカはパパへも効果的で軽度の男性不妊の改善や性欲UPを助ける働きがあります。

妊活サプリは必要成分が多くて悩んでしまいますが、マカに注目すればママに必要な栄養を広くカバーすることが可能です。

オススメ妊活サプリランキング

おすすめしたい妊活サプリを具体的に紹介していきます。

どのような基準でおすすめサプリを選んだかは「効果」「価格」「安全性」の3軸で判定しています。

妊活を助ける成分が入っているか
ママと赤ちゃんに必要な成分がしっかり入っているか、十分な含有量があるかを基準にしています。

特に赤ちゃんサポートの葉酸は厚労省が吸収率の高い葉酸として合成葉酸を400mg摂取するのを推奨しています。

続けやすい価格設定か
妊活サプリは授かった時にも辞めやすい手軽さも基準にしています
安全性の高いサプリか
無添加など成分にもこだわっている商品を選んでいます。
また、含有量や産地をきちんと明記しているかも安心できるポイントになります。

1位:マカナ(makana)



>>マカナ公式サイト

  • 日本産のマカを100%使用!外国産よりも栄養価が高い
  • マカは軽度の男性不妊にも…!夫婦で飲むのにもおすすめサプリ
  • イライラや焦りに…!妊活サプリでは珍しいGABAも配合!
  • 定期は縛りなし!いつでも解約できるから気軽に始められる

色々あって良く分からない!となった時に絶対におすすめしたいのが「オールインワンサプリ」をコンセプトに作られているマカナです。

他サプリと併用せずにこれ1つで妊活に必要な成分が賄えるように、必要な成分をバランスよく配合しています。

健康食品ではなく、厚生労働省の定める基準をクリアした「栄養機能食品」であることも大きなポイント!

また、主成分となるマカはアルギニンが豊富に含まれており、男性の元気にも効果的です。

マカナは夫婦で飲むのにもおすすめな妊活サプリです。

葉酸 鉄分 亜鉛 ビタミンC ビタミンE 冷え対策
合成
400㎍
8mg 5.3mg 100mg 19.3mg ショウガ
ルイボスティー

マカナの詳細を公式サイトで見る

2位:ベルタ葉酸サプリ


>>ベルタ葉酸公式サイト

  • ママの便秘もサポートするラクトフェリン配合
  • モンドセレクションで金賞を受賞
  • 定期はお得だが、7回の縛りがネック
  • 亜鉛とビタミンEの配合量は不明

妊活サプリでは珍しい、ママの便秘対策としてラクトフェリンを配合しています。
鉄分の含有量は、16mgと多めなのもうれしいところ。

ベルタ葉酸には、葉酸以外にも多くの栄養素が配合されているため、食事では偏りがちなビタミンやミネラルを効率よく摂取できます。

ベルタ葉酸サプリは定期で購入すると2回目以降も3,980円と安く買えるのが特徴。

しかし、6回の継続が条件となっており、合計7ヵ月は続ける必要があります。
始める時には長く続ける覚悟が必要そうです。

葉酸 鉄分 亜鉛 ビタミンC ビタミンE 冷え対策
合成
400㎍
20mg 含有量
不明
31.4mg 含有量
不明

ベルタ葉酸の詳細を公式サイトで見る

3位:美的ヌーボ


>>美的ヌーボ公式サイト

  • 妊活に必要な成分の含有量が多い
  • 成分にこだわっている為か値段が他商品よりも高めなのがネックに
  • 天然葉酸を使用している為、吸収率が半分に

成分毎の含有量が他商品に比べて多いのが特徴です。
その自信からか全成分の含有量が商品に明記されています。

しかし、こだわり故に他商品よりもお高めなのがネックです。

ベルタ葉酸と同様に定期は6回縛りがあるため、契約するのには勇気がいります。

葉酸は他商品と同様に400㎍ですが、天然葉酸なので吸収率は合成葉酸よりかは劣り、少々心配です。

葉酸 鉄分 亜鉛 ビタミンC ビタミンE 冷え対策
天然
400㎍
15mg 7.5mg 500mg 302mg

美的ヌーボの詳細を公式サイトで見る

人気の3商品を分かりやすく比較

分かりやすく成分や価格を比較表でまとめました。

商品名 マカナ ベルタ葉酸 美的ヌーボ

>>公式ページ<<

>>公式ページ<<

>>公式ページ<<
定期 初回/3,980円
2回以降/5,980円
3,980円 6,912円
定期しばり なし
※初月解約可
7回 7回
葉酸 合成400㎍ 合成400㎍ 天然400㎍
鉄分 8mg 20mg 15mg
亜鉛 5.3mg 含有量
不明
7.5mg
ビタミンC 100mg 31.4mg 500mg
ビタミンE 19.3mg 含有量
不明
302mg
冷え対策 ショウガ
ルイボスティー

妊活に必要な成分をバランスよく配合!お試しもしやすい「マカナ」

マカナは妊活に必要な成分をバランスよく配合。
冷え対策にもなるめぐり成分が含まれている事もポイントです。

含有量は美的ヌーボと比べると少なく感じる部分もあるかもしれませんが、1日に必要な摂取量と自然に摂取できる量を考えて配合されています。

また、いつでも解約可能なため「同じサプリを半年以上も契約して良いのか不安」という人でも気軽に始めやすいサプリです。

妊活サプリ1番おすすめはマカナ

市販の妊活サプリは?成分の種類が少なく添加物にも不安が


薬局やドラッグストアでも、妊活に必要な成分が補えるサプリが売っています。
その多くが通販よりも安く、手軽に手にいれられるものばかりです。

しかし、市販の妊活サプリはおすすめできません。

その理由は2あります。

妊活に必要な成分が1つのサプリから摂り切れない
妊活で必要となる成分の種類は沢山あります。

しかし、市販では「葉酸のみ」や「鉄分のみ」など少ない成分に特化したサプリが多く、妊活に必要な成分を補いきれないものがほとんどです。

妊活に必要な成分を全部買うとなると逆に高くなってしまうケースがあります。
また、複数のサプリを飲む事により特定成分の摂りすぎになり副作用を起こす可能性があります。

添加物が含まれているものが多い
市販のサプリは低コストに生成するために大量に製造しています。
その為、長期保存が必要となり、添加物が含まれるケースが多いです。

添加物は赤ちゃんの奇形のリスクを高めるものもある為、注意が必要です。

市販は価格面では申し分ないですが、安全面や効果では不安があります。

本当に赤ちゃんの事を考えるのであれば、安全面や効果にも注目して選びたいですね。

男女にオススメの栄養素


最初の方に簡単におすすめの成分とその効果を解説しました。
ここからはもう少し詳しく解説をしていきます。

葉酸&ビタミンB12

葉酸には、子宮内膜を厚くし、受精卵が着床するのをサポートする働きがあるといわれています。

また、男性の精子内にあるDNAを合成するときに、非常に重要な役割を果たします。
妊活する夫婦で摂っていきたい栄養素といって過言ではありません。

葉酸とビタミンB12は、赤血球をつくったり、正常な細胞分裂をうながす働きがあります。
赤血球は酸素や栄養を体じゅうの細胞へ運ぶ働きがあるため、正常な卵子や精子の育成には欠かせないものといえるでしょう。

葉酸は熱に弱い特徴があるため、食品とサプリメントを併用することを厚生労働省が推奨しています。
赤ちゃんの正常な細胞分裂をうながすため、妊娠初期にとくに重要な栄養素です。
妊活中から意識して摂取するとよいでしょう。

マカ

マカは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と似た働きがあるため、排卵周期を整えるために飲む女性もいるようです。
男性にとっては、疲労を回復し、精力増強できるといわれています。

自律神経やホルモンのバランスをとるため、ストレスの改善を期待できます。
カップルで摂取することで、女性にも男性にもよい効果を期待できるでしょう。

亜鉛

亜鉛は精子の質を高め、卵巣の状態をよくするために大切な栄養素です。
「セックスミネラル」と呼ばれることもあるくらい、生殖に深い関わりがあります。

たんぱく質やDNAの合成に亜鉛が不可欠なため、男性の亜鉛不足は、精子の量が減ったり、受精能力がない精子になることがあるため男性不妊につながります。

女性の亜鉛が不足すると、卵巣や女性ホルモンの働きが悪くなり、生理不順につながることも。

葉酸と同じように、亜鉛は正常な細胞分裂に必要な栄養素です。
妊娠を希望するなら、妊活中から亜鉛を摂取するとよいでしょう。

ビタミンE

ビタミンEは「子宝ビタミン」とも呼ばれています。
精子の機能を高め、数を増やし、運動率を上げる働きがあるといわれています。

ビタミンEを摂取することで子宮内膜が薄い状態でも、着床率や妊娠率を引き上げられる可能性があるのだそう。

ビタミンEは血流をよくしたり、活性酸素から卵子や精子を守る働きがあるといわれています。
ストレスに対抗する力をつけて、妊娠力を上げてくれる栄養素といえるでしょう。

ザクロ

ザクロは、精子の質をあげ、勃起不全の改善にもつながるといわれています。
また、ザクロは女性ホルモンのバランスを整え、卵子の育成や排卵をサポートする働きがあるのだそう。

抗酸化作用が高いのでストレスの改善や、血流をよくすることで冷えの改善も期待できます。

ルイボス

ルイボスはハーブの一種で、ルイボスティーとして使用されています。

「不老長寿のお茶」といわれるほど、豊富なミネラルが含まれており、高い抗酸化作用があります。
ほかには、ビタミンCや亜鉛、鉄分など妊活に必要な栄養が、ぎゅっと詰まっているといっていいお茶です。

強力な抗酸化作用があるため、卵子や精子の老化を防ぎ、健康な状態にすることで、より受精力が高まると考えられています。

血流をよくするので、女性には子宮環境を整え、着床しやすい子宮に、男性には精子の質をあげていく効果を期待できます。

ノンカフェインなので、リラックス状態になりやすくストレスを軽減できるのも、よいところです。

続いて、女性、男性にとくにオススメしたい栄養素をみていきます。

とくに女性にオススメの栄養素は?


夫婦で摂るとよい栄養素をピックアップしましたが、とくに女性にとってオススメの栄養素はあるのでしょうか。

女性ならではの不調を、改善できる栄養素をご紹介します。

鉄分

鉄分は、子宮内膜をつくる材料のひとつです。
子宮内膜を厚くして、しっかりと受精をサポートするために必要な栄養素です。

女性は毎月の生理があるため、鉄分が不足する方が多いのだそう。
鉄分が不足すると、卵子の質を低下させたり、黄体ホルモン(プロゲステロン)が正常に分泌されなくなるケースがあります。

鉄分は「赤血球」の材料です。
赤血球は酸素や栄養を各細胞へ運ぶ働きがあるため、鉄分が不足すると各細胞は酸欠と栄養不足におちいります。

妊娠中に鉄分不足がおこると、赤ちゃんに酸素や栄養がしっかりとどかない可能性もあるので、妊活中から意識して摂取しましょう。

イソフラボン

納豆などの大豆製品に多く含まれるイソフラボンは、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌を手助けする働きがあります。

エストロゲンは子宮内膜を厚くして、妊娠しやすい身体をつくる働きがあるため、妊活中にピッタリの栄養素といえるでしょう。

ジンゲロール(ショウガ)

ジンゲロールは、生姜に含まれている辛み成分です。
冷えを改善し、免疫力を高める効果があるとされています。

妊活は温活といわれます。
冷えは、卵巣や子宮の機能を低下させてしまうといわれているからです。

冷え対策の一環として、温かいジンジャーティーを飲むなども、有効な方法だといえるでしょう。

とくに男性にオススメの栄養素は?


不妊の原因は女性だけでなく、男性にもあります。
そこで、男性も精子の質を高めたり、精力をつけていくとよいでしょう。

では、妊活をする男性にとって、オススメの栄養素はなにがあるでしょうか。

アルギニン

アルギニンはアミノ酸の一種です。
天然のバイアグラといわれることもありますが、バイアグラと違って副作用はありません。

血流をよくするため、勃起機能の改善や、精力アップに役立つといわれています。
また、精子の数を増加させ、運動性を高める働きもあるようです。

免疫力をアップし、疲労回復の効果も期待できるので、ストレスの多い男性にはピッタリの栄養素といえるでしょう。

DHA/EPA

DHAもEPAも、青魚に多く含まれる必須脂肪酸のひとつ。
血液をサラサラにする働きや、記憶力をアップさせる働きがあることで有名です。

妊活における働きでは精子の異常を減らし、正常な精子を増やし、精子の質をアップできるといわれています。

DHAとEPAは一緒に摂取することで、吸収率があがるといわれているので、サプリメントで摂取するときは一緒に摂ることをオススメします。

【男性にオススメ妊活サプリ】マイシード



>>マイシード公式サイト

  • 原材料の安全性が高くて無添加
  • 亜鉛8.8mg配合(消費者庁推奨値)
  • 元気がアップするマカが配合
  • 還元型コエンザイムQ10が精子に若々しさをサポート

マイシードは、妊活をする男性に必要な栄養素をしっかりサポート。
セックスミネラルと呼ばれる亜鉛は、精子の質を高めるといわれています。
疲労を回復し、精力アップを期待できるサプリメントは、ストレス社会に生きる男性にピッタリです。

男性もサプリメントを飲んで妊活を行うことで、夫婦がしっかり向き合えるかもしれませんね。

マイシードを公式で確認する

そもそも妊活にサプリは必要なの?


妊活に必ずサプリが必要なのかというと、そうではありません。
バランスのよい食事からしっかり栄養がとれていえば、サプリは必要ないともいえるでしょう。

人は自分が食べたもので、身体を作っていきます。
栄養バランスのよい食事は、健康的な身体をつくり、妊娠しやすいように身体を整えていけるのではないでしょうか。

しかし、食事から必要な栄養素を過不足なく摂取していくのは、なかなか難しいようです。
サプリメントは足りない栄養素を補うための、栄養補助食品として上手に使っていきましょう。

妊活サプリはいつから飲めばいい?


妊活をするなら、サプリはいつからはじめるとよいのでしょうか。

人間の細胞は、常に生まれ変わっていきます。
有名なのは、肌のターンオーバーですが、全身の細胞が肌と同じように生まれ変わっているのです。

精子や卵子は作られてから成熟するまでに、約70~80日かかります。

つまり、今出ている精子や卵子は、約2~3ヶ月前に摂った栄養からできているといってよいでしょう。

このことから、精子や卵子の質をあげたいときは、最低でも3ヶ月以上前から続けたいですね。

妊活サプリを上手に活用しましょう


今回オススメした3つの妊活サプリには、妊活に必要な栄養素が複合的に取り入れられています。
女性だけ、男性だけのサプリメントではないので、夫婦で続けられるところがよいところ。

夫婦で同じサプリを飲むことで、必要な栄養を考えるきっかけになり、妊活の知識をふたりで学べます
また、飲み忘れを防げることもメリットですね。

不足しがちな栄養素は、無理せずサプリに頼って、ストレスをなるべく減らしていきましょう。
上手にサプリを使って、楽しく気軽に妊活を行うとよいでしょう。

注目記事

【妊活サプリランキング】葉酸だけでは不十分!本当に必要な成分、効果、値段で徹底比較

妊活に必要な成分は葉酸以外にも沢山。妊活の為に本当に必要な成分を男女別に解説!夫婦で一緒に摂れる妊活サプリを比較しランキングにしています。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア