産後間もなくの乳頭損傷の原因

産後間もなくの乳頭損傷の原因

乳頭や乳輪は、授乳開始とともにいきなり1日10回以上も強く吸われます。大切にブラジャーに守られていた皮膚は急な強い刺激に悲鳴を上げます。

産後間もなく、乳頭、乳輪は傷だらけ。こうなると悲惨です。激痛に耐えながら授乳は、もはや苦痛以外のなにものでもありませんね。母乳はママの血液から作られますが、産後間もなくのおっぱいはたいてい、乳房の奥に母乳になろうとする血液が集まりすぎて、押し合いへし合いになっています。

整列して順番待ちができず、我れ先にと進もうとするので、乳腺の方向に血液がうまく流れず、むくんだ状態になり、パンパンに張っていびつな形のおっぱいになってしまいます。

赤ちゃんは本来、温かく柔らかい乳輪を舌でとらえて上手に飲むのですが、パンパンにむくんだおっぱいは乳輪、乳頭ともにカチカチに固く、舌で巻き込むことができません。それで、舌がツルンと滑って浅飲みになったり、歪み飲みになったり、潰し飲みになったり、効果的な吸い方ができないのでママは痛くてたいへんです!

吸われて痛いとき、傷ができてしまったとき、「しょうがない」のではありません。「赤ちゃんの吸う力が強すぎて」でもありません。痛いのは、間違いなくおっぱい側に原因があるはずです。痛みに耐えて必死に飲ませても乳輪、乳頭に傷ができてそこからばい菌が入ったら乳腺炎へ一直線なんですよ。

なので、吸わせて痛いときは、赤ちゃんがちゃんと正しくくわえていないと判断して一旦おっぱいから外しましょう。それからむくみをとるように乳輪、乳頭をマッサージ、先搾りをして柔らかく吸いやすい状態を作ってからもう一度吸わせるようにします。

痛いからといって、乳頭保護器はなるべく使わないでくださいね。保護器を使うと、無理なところに余計な圧がかかり、かえって腫れが大きくなってしまいます。

赤ちゃんも、ママも、最初のうちはみんな下手クソさん。わたしなんて、助産師で9人も産んでいるのに、第9子の出産当日の夜に調子にのって一晩中おっぱいくわえさせていたら翌朝にはおっぱい流血。明らかに不適切な浅吸いが原因です。

9人目でさえも、こんな感じだから、1人目、2人目、3人目あたりで最初からおっぱいがうまくいかなくても落ち込まないで根気よく、正しい抱き方とくわえさせ方でおっぱいを傷だらけにしない授乳を練習してくださいね。

上手にできるようになるまでは、助産師に診てもらいながらぼちぼちいくことをおすすめします!

小林ひさこ 先生

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア