便秘で悩んでいる妊婦が便秘薬や下剤は飲める?胎児への影響は?

妊婦さんの悩みランキングでも、常に上位にあるほど便秘で悩んでいる妊婦さんは多いです。
コンビ株式会社が運営する「コンビタウン」で行った「妊娠中のトラブル」というアンケート結果によると、妊娠初期~後期までの便秘の悩みはなんと1~2位を独占状態でした。

お腹がはって苦しかったり、痛かったり、頑固な便秘だとなかなか改善されず、悩んでいる妊婦さんもたくさんいます。

しかし、改善したいけど、妊娠中に市販の便秘薬や下剤を服用してもよいのか、また胎児へどんな影響がでるのかなど、不安に思っている妊婦さんは多いのではないでしょうか?

薬が飲めるかどうかは、妊婦さんがいまどれくらいの時期なのかによっても変わってきます。

この記事では妊婦さんの飲める便秘薬や下剤について、また胎児に与えてしまう影響なども含めて、詳しく紹介していきます。

あわせて、便秘薬や薬が飲めなかった場合でも、便秘の苦しさを少しでもやわらげられる方法を紹介しているので、参考にしてみてください。

妊婦は便秘薬や下剤を飲んでよいの?


妊婦さんが飲める便秘薬と下剤は、成分によって変わってきます。

妊婦さんにとっては、強くないと感じている薬でも胎児にとっては刺激が強く、決められた服用量よりも多く飲むと流産などの原因にもなります。

また、妊娠4週目~7週目は、生きていくうえで、必要不可欠な脳、内臓、手足、目、中枢神経が形成される大事な時期なので、便秘薬や下剤は飲まないほうがよいです。

飲んでよい便秘薬の成分はなに?

妊婦さんが飲んでよい便秘薬の成分は「酸化マグネシウム」「ピコスルファート」があります。

酸化マグネシウムとピコスルファートの含まれた便秘薬を紹介します。

マグネシウム系の便秘薬

酸化マグネシウムを含む便秘薬は「マグミット錠」「マグラックス錠」があります。

酸化マグネシウムは、即効性はありませんが、腸内の便に水分を含ませて便を出しやすくする働きがあります。

ほかの薬と比べても身体への負担が少ないので、妊婦さんも服用できます。

ピコスルファートを主成分とする便秘薬

ピコスルファートを主成分としている便秘薬は、ラキソベロンです。
液体タイプと錠剤タイプがあるので、飲みやすいのを選ぶとよいでしょう。

大腸に直接、刺激を与えることで、便通を促します。
病院で処方される場合は、酸化マグネシウム系の薬では、効果がないときが多いようです。

便秘薬と下剤による胎児への影響は?


妊婦さんが、飲んでもよいとされる便秘薬は、妊婦さんの身体や胎児にも負担が少ないと考えられている薬です。

しかし、便秘薬に含まれている成分によっては子宮収縮を起こし「流産」「早産」になってしまう可能性があります。

ここでは、子宮収縮子宮収縮を起こす成分について紹介します。

子宮収縮

子宮収縮とは、「おなかの張り」です。

おなかの赤ちゃんを守る子宮は筋肉で出来ています。
普段ママがリラックスしているとき、この筋肉はやわらかくゆるんでいますが、動いたり何らかの刺激によって、筋肉が緊張して、「キュッ」とかたくなることがあります。
これを医学的には子宮収縮といい、一般 的には「おなかの張り」といっています。

妊娠初期に子宮収縮を起こすと、成長途中の胎児が傷つけられ、稽留流産(けいりゅうりゅうざん)を起こしてしまう可能性があります。

稽留流産とは、妊娠7週目前後に子宮内で胎児が死亡してしまう流産です。
妊婦さんの約20%におきるといわれています。

とくに、胎児の重要な器官がつくられる、妊娠4週目~7週目の妊娠初期は、服用をさけてください。

子宮収縮が起こる便秘薬と下剤の成分は?

子宮収縮を起こす便秘薬と下剤には、原則的に妊婦は禁忌に指定されているセンナ(別名センノシド)や刺激の強いアントラキノン系に分類されるアロエなどがあります。

センナ(センノシド)

  • 妊婦禁忌薬に指定されています。
  • 原則的には使われないが、医師の判断で慎重に使う場合もあります。
  • とても刺激が強いため、腹痛や下痢を起こしてしまう可能性があります。
  • 医師の判断によって処方される場合があります。

アロエ(アロイン)

  • アロエの皮に含まれているアロインが、子宮収縮をさせる働きがあります。
  • アロインを含む血液が、胎児の体内に流れると、胎児の腸が活発になり、子宮内で胎便をしてしまい羊水混濁の原因になる場合もあります。
  • 健康食品やサプリメントに、含まれていることが多いので妊婦さんはきちんと確認しておきましょう。

便秘薬という認識がなくても、ダイエット目的の健康食品やサプリメントに含まれていることがあります。
妊娠中は、成分表示をしっかり確認するとよいでしょう。

妊婦が便秘になりやすい原因は?


妊婦さんが、便秘になりやすいのには原因があります。
人にもよりますが中期~後期にかけて、便秘で悩む妊婦さんが増えるようです。

黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響

黄体ホルモン(プロゲステロン)は、妊娠した状態を継続するために必要不可欠な女性ホルモンです。

黄体ホルモンには、できるだけ水分を体にとどめようとする働きがあります。
結果、腸内で便から水分が吸収され、本来は便に行き渡るはずだった水分が減ってしまうため、便が固くなってしまい便秘になります。

子宮が大きくなり、大腸を圧迫

胎児の成長に合わせて、子宮が大きくなり大腸を圧迫します。
大腸が圧迫されると、便がスムーズに流れにくくなってしまい、大腸にとどまる時間が長くなってしまうため、便の水分が吸収されることが原因で便秘になります。

栄養の偏りや水分不足

妊婦さんは、水分不足による便秘がおきやすいといわれています。
妊娠をすると食の好みが変わったり、つわりなどで栄養に偏りがでることも。

また、栄養や水分を胎児を優先するため、妊婦さんの身体に必要な水分や栄養が不足し、便秘になりやすいのです。

便秘薬と下剤が飲めない場合の解消法


便秘薬と下剤が飲めない場合は、食生活の改善や生活リズムを整えることをおすすめします。

食生活の改善

便秘の解消には、食生活を見直すことが大切です。

なかでも、便の排出をうながしやすくするために、意識して食物繊維を摂りましょう。
しかし、摂取しすぎると腹痛の原因になってしまうので、摂り過ぎには注意が必要です。

ほかにも便秘解消におすすめの栄養素を紹介します。

便秘解消におすすめな栄養素

  • 腸内環境を整えるオリゴ糖
  • 腸の動きをサポートする乳酸菌・ビフィズス菌
  • 善玉菌の生命線、オリゴ糖
  • オリーブオイル

リンク先では妊婦さんにおすすめの献立を紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。

水分補給

腸内の水分が不足すると、便が硬くなり、便秘の原因になるので水分補給をしましょう。

おすすめなのが「朝、起きてすぐの一杯の水」です。
睡眠中に、消費した水分不足が解消できます。

また、水分を短い時間で大量に摂取すると身体に負担がかかるので、こまめに補給するのがポイントです。

程よい運動で体を動かす

適度な運動も便秘解消には、効果的です。
血行がよくなるので、胃腸の動きも活発になります。

便秘解消におすすめな運動

  • ウォーキング
  • 家事
  • 骨盤を整えるストレッチ

生活リズムを整える

規則正しい生活を送ることも、便秘解消には大切です。
不規則な生活は、自律神経のバランスがとれなくなりがちです。

自室神経の乱れは、交感神経が強く働き、胃腸の働きが悪くなってしまうことで便秘の原因になります。

便秘解消のためにも、規則正しい生活を心掛けましょう。

また、便秘解消法を詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。


便秘は我慢せずに、産婦人科の先生に相談しましょう


便秘の度合いは、人によって違います。
便秘を我慢すると妊婦さんの身体や、胎児にもよくないので改善していきましょう。

市販の便秘薬を使う際は、妊婦検診に通っている産婦人科の先生に相談してください。
また、便秘薬を産婦人科で処方されると「便秘薬が効かない」「薬が合わない」などの相談もしやすいのでオススメです。

便秘を改善して、マタニティライフを過ごしやすくしましょう。

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク