母乳育児と産後の生理再開

母乳育児と産後の生理再開

産後1年以上経つのに生理が来ない。わたしは異常?病院に行くべき?

産後2ヵ月ぐらいで母体はほぼ元の身体に戻りますが、母乳を飲ませている間は排卵が起きにくいです。

授乳中はプロラクチンという母乳生産ホルモンが大量に分泌されます。プロラクチンは排卵を抑制する作用もあるので、母乳育児をしているママは生理が再開しにくい傾向にあります。排卵が再開したあとも、妊娠出産という劇的なホルモン変化を経ているので、排卵機能は妊娠前と全く同じ状態に戻るとは限らず、育児疲れも重なったりしてホルモンバランスが崩れ、生理は来ても無排卵で生理周期は不順だったりもします。

授乳中の母体はまだおっぱいをあげなければならない小さい赤ちゃんがいるから次の排卵や妊娠はとても無理ですよと働くのです。

逆に、たとえ生後2ヶ月の赤ちゃんがいたとしても、母乳を与えずミルクで育てていれば母体は「もうおっぱいをあげなければならない小さい赤ちゃんはいませんね、では次の妊娠に向けて始動しますよ」と働き、その結果、排卵、生理が再開する仕組みになっています。

産後に生理、排卵のない期間は人それぞれ。これらに関わる一番重要な材料は授乳の影響です。一般には、授乳期間やその程度によって、無月経期間は長くなったり短くなったりします。1日5回以上、1回10分間の授乳を続けていると排卵が抑えられるという報告があります。そして夜間の授乳があるかどうかも大きなポイントとなります。ホルモン分泌は、主に夜間に増加するので、夜中に母乳をあげている人(添い乳で眠る人など)は特に排卵が遅れる傾向にあるようです。

早く2人目が欲しい、だけど上の子への授乳はやめたくない・・・

長い人なら産後2~3年も排卵・生理が来ないこともあるので、授乳続行か、断乳して2人目か、どちらを優先させるのか悩むところです。理想は、授乳を続けながら排卵再開、月経再開、妊娠・・・なんですけどね。

まったく授乳していない場合、平均すると産後3週間程度で再び排卵が始まります。産後3週間といえば、まだまだ悪露が続いている頃ですよね。悪露の再開かと思いきや、1ヵ月検診で月経再開を確認される褥婦さんも少数ではありますがいらっしゃいます。また、授乳していてもミルクを1回足した途端、血中のプロラクチン濃度が低くなって排卵が起こることもあり、ママの体質もかなり関係するようです。身体の仕組みってすごいですよね!

授乳中である限り、生理が戻って来なくても、生理が不順でバラバラでも、いたって当たり前のことなので心配しないでくださいね。

小林ひさこ 先生

気に入ったらシェア

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。