マタニティー期からできるベビーマッサージ

マタニティー期からできるベビーマッサージ

ベビーマッサージはいつからできますか?と質問を受けることがありますが、ベビーマッサージ教室の参加をお勧めしているのは、お母さんと赤ちゃんの状態が安定した産後2?3ヶ月頃です。しかし、ベビーマッサージ自体は、お腹の中に小さな命が宿った時、マタニティー期からすでに始めることができます。今回は、マタニティー期からできるベビーマッサージについて紹介いたします。

妊娠中から出来るベビーマッサージ

赤ちゃんは妊娠5ヶ月頃から全身の触感を感じられるようになり、お腹をなでた刺激が羊水に伝って、振動となって届くと言われています。そのため、お腹は優しく撫でると胎動が多くなることがわかっています。また同じ時期から聴覚も発達してきますので、お母さんや家族の声もお腹の中でよく聞いていますよ。

お腹を優しく触れ、語りかける

まずは、お腹の赤ちゃんを想像しながらお腹を優しく触ってみましょう。お母さんは今日あったことや、感じたことをお腹の赤ちゃんに声を出して穏やかな口調で話かけてみてください。歌を歌ったり、絵本を読んであげてもいいですよ。そうすると、幸せホルモンと呼ばれるオキシトシンが分泌されます。オキシトシン分泌作用により、赤ちゃんを愛おしく思う気持ちが深まり、不安感や抑うつ症状が少なくなると言われています。

さらに、赤ちゃんの胎動にも注目してみてください。赤ちゃんも気持ちが良い時は、胎動も普段と少し違うと言われています。まるで波のようにくねくねと羊水の中を気持ちよく動く胎動を感じられます。お腹の赤ちゃんもリラックスしていることを胎動を通して実感できるかと思います。

キックゲーム

次に、お腹の赤ちゃんとの遊びも紹介します。「キックゲーム」お腹の赤ちゃんがお腹を蹴ってきたら、呼びかけにこたえるように蹴られたあたりをトントンと軽くたたいてみてください。少しすると赤ちゃんがまたお腹を蹴り返してくれますよ。赤ちゃんによってはいつ生まれてくるのかお腹を蹴って教えてくれる子もいたと言われてます。

胎内記憶で有名な池川明先生は、「人生において最も大切な時は胎児期」と話されています。お母さん、赤ちゃん両方にとっても大切なマタニティー期を、安心して大事に過ごして頂きたいと思います。そして、マタニティー期からベビーマッサージを楽しみながら始めてみてください。

奥山麻理先生と石坂晶先生

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー