ベビーマッサージで「オキシトシン」分泌を促すポイント

ベビーマッサージで「オキシトシン」分泌を促すポイント

「オキシトシン」は、お母さんの母乳を出したり、お産を進めたり、産後の子宮を収縮するとても大切なホルモンと言われていますが、実はそれ以外にも赤ちゃんが成長するためには不可欠なホルモンでもあります。別名、「愛情ホルモン」とも呼ばれています。

愛情ホルモン

オキシトシンをたくさん分泌するポイント

「オキシトシン」の作用は、

  1. 親子の愛情を深める
  2. 成長を促す
  3. リラックス効果

などもあります。「オキシトシン」は触れ合っている時によく分泌されると言われており、「オキシトシン」をたくさん分泌するにはコツがあります。実は、「オキシトシン」は触れてすぐに分泌されるのではなく、少なくとも5分程度皮膚に触れていると分泌されてきます。そして触れるのを止めてから10分程度は分泌され続けると言われています。そのため、5分程度のふれあいを1日に何回も行うことが「オキシトシン」の分泌を高めるために効果的だと考えられています。

赤ちゃんとの触れ合い、ベビーマッサージを生活の一部としてとりいれて、オムツ替えのタイミングでお腹とお尻、さらに足を優しく撫でてみたり、抱っこや授乳をしている時に背中を優しく上から下になでたり、赤ちゃんとの抱っこやおんぶをたくさんするなど、赤ちゃんとたくさん触れ合うことで「オキシトシン」の分泌はより促進されていきます。

さらに「オキシトン」が分泌されると赤ちゃんは体だけでなく心もリラックスが促されるため、夜泣きが減り、ぐっすりと眠れるようになります。またベビーマッサージを10分行うと睡眠が30%近くも深くなるとも言われています。そして、睡眠が深くなると「成長ホルモン」と呼ばれる、身長を伸ばし、筋肉を発達させ、体の代謝を行うホルモンの分泌も促進されますので、体重や身長などの増加が早まって、抵抗力・免疫力ともにアップするといわれています。「寝る子は育つ」と言われていますが、まさにこのことですね。

ベビーマッサージ・親子の触れ合いで、赤ちゃんも、「すくすく、のびのび、ぐっすりに!」ママも赤ちゃんもご機嫌になる「オキシトシン」の愛情ホルモン作用をベビーマッサージでぜひ体感してみましょう!

奥山麻理先生と石坂晶先生

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?