【漢方薬剤師が教える】妊娠中の肌荒れ、原因と対策!美肌が赤ちゃんにもよい理由とは?

皆さんこんにちは。
タクヤ先生こと、杉山卓也です。
さて今回は妊娠中のママの美容についてのお話です。

妊娠中は「意外とお肌の調子がいい」という方も多いのですが、妊娠中のつわりや便秘などで内臓の調子が悪くなると「お肌もボロボロ」という方も少なくありません。

「妊娠中だって女性として美しくありたい!」
そんな声に今日は漢方でお役に立てれば、と思います。

先日も女性心を全く理解していない友人のO村君がご妊娠中の奥様に向かって「妊娠中に美容だのオシャレだの言ってんじゃねえよ」と暴言を吐いた直後に妊婦の回し蹴りを喰らって昏倒する、という奇跡の光景を目にしましたが、やはり母はつよしですね。
と、いうわけで男性の皆さんはゆめゆめ発言にはご注意を。

妊娠中、お肌トラブルに直結するもの


まず多いのが「妊娠中にシミが増えた」というお話。

これは妊娠中に黄体ホルモン(エストロゲン)や卵胞ホルモン(プロゲステロン)などの女性ホルモンが増加することで、シミの原因となるメラニン色素を生成する色素細胞を刺激してしまう、といわれています。

妊娠中には、たくさんの女性ホルモンが必要とされるので致し方ないとはいえ、美容的には少々困った事態です。
黒ずみは陰部や脇の下、乳首などにも起こりえます。

また、妊娠中は皮ふのバリア機能が低下し、乾燥が起きやすくなるだけでなく、汗をかくことが多くなり、皮ふのかぶれや炎症も起きやすくなります。
これも美容的にはマイナスとなります。

トラブルを妊娠中でも安心して取り除ける漢方薬


漢方での対策は、まずホルモンの分泌を正す目的で「逍遥散(しょうようさん)」を用いることができます。
ホルモンを減らすわけではなくあくまでも正す、という風にお考え下さい。

妊娠中の自律神経症状などにもホルモン分泌は関与することが多く、こういうときにも有効に使えるよい漢方です。
しかし、医者は処方できませんので漢方薬局での相談が必要になります。

また、メラニン色素による色素細胞の刺激を抑える目的として、当店で扱っている「サージ」という生薬由来のオイルを用いたアイテムなどは、非常に効果を期待できます。

皮ふバリア機能の低下には「衛益顆粒(えいえきかりゅう)」を用いるケースがあります。
皮ふの炎症に対しても、身体に負担の少ない漢方の抗炎症効果を持ったアイテムを活用していきます。

ママの美しさはお腹の赤ちゃんにも


皮ふのバリア機能の低下は免疫の低下にも直結します。
皮ふ炎による不快なかゆみや、ホルモン分泌バランスの崩れは、イライラなどの自律神経症状などにもつながります。

お腹の赤ちゃんにとってママの精神状況と内臓の健康は何よりも大切なもの。
妊娠中だから仕方ない・・と諦めずにまずはぜひご相談くださいね。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー