出生直後のベビーマッサージ


出生直後のベビーマッサージ

生まれたばかりの赤ちゃんは、この時期は五感の中でも「触覚」が最も発達しています。そして生後2時間は、赤ちゃんは最も覚醒している時間帯と言われ、この時期に、赤ちゃんとお母さんの体調が安定しているようであれば、スキンシップを十分に行い、全身でお母さんの温もり・愛情を伝えてみましょう。お産は、お母さんと赤ちゃんの「人生初の共同作業」です。お産と言う大役を成し遂げたお母さんは、赤ちゃんとの触れ合いを通して、「うまれてきてくれてありがとう」と思う気持ちが溢れてくると思います。

出生直後のベビーマッサージ

「カンガルーケア」でスキンシップ

出生後、母子ともに状態が安定し、医師・助産師など医療従事者のサポートが可能な環境でしたら、お母さんの肌と赤ちゃんの肌を直接触れて、赤ちゃんを胸で抱いて温めてあげる「カンガルーケア」を行ってみましょう。

泣いていた赤ちゃんも「カンガルーケア」を行うと安心して、赤ちゃんの表情も穏やかでゆったりしてくるでしょう。そして、しばらくすると、もぞもぞと動きながら自分でおっぱいを探し始めるかと思いますので、助産師のサポートを受けながら、母乳を飲ませてみましょう。今は、母乳が出ていなくても大丈夫です。出生後24時間以内に母乳をたくさん飲ませることで、その後母乳の分泌も上昇してくると言われています。

そして「カンガルーケア」は、実はお父さんにもオススメです。この時期にお父さんも赤ちゃんにしっかりスキンシップをすることで、父性が芽生えるといわれています。バースプランに、「お母さん、お父さんのカンガルーケア」を担当助産師に相談してみても良いですね。

べビーマッサージは、赤ちゃんとの触れ合いから始まり、カンガルーケアは、親子の触れ合いの「はじめの一歩」となります。赤ちゃんとの生活は始まったばかりです。ともに触れ合う喜びを体感しながら、焦らずのんびりと子育て始めていきましょうね。そして、お母さんと赤ちゃんのペースに合わせて、少しずつベビーマッサージを生活に取りいれていきましょう。

※カンガルーケアの注意点:出生直後の赤ちゃんの呼吸状態は不安定で、低体温になりやすいなど、変化しやすい状態にあるため、カンガルーケアは行う際は、医師や助産師・看護師の十分な監視下の元、行うように注意してください。

奥山麻理先生と石坂晶先生

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア