妊娠線はベビーオイルで予防できる?使い方は?おすすめ商品も紹介

1度できるとなかなか消えないといわれる妊娠線は、妊娠中は誰もができるのではないかと心配になる皮膚のトラブルです。

できてしまったら目立たなくするのに時間とお金がかかるため、なるべくできないように予防策を打っておきたいものです。

妊娠線の予防には専用のクリームを使いますが、手ごろな価格で手に入るベビーオイルでも予防できることをご存知でしょうか。

妊娠線を作らないために、ベビーオイルの効果や使い方などをみていきましょう。

妊娠線とは


妊娠線の予防についてお話しする前に、まず妊娠線とはなにかについて説明します。

妊娠線はストレッチマークとも呼ばれており、子宮の拡大や体重増加にともなってお腹が急激に大きくなることで、皮膚がそれについていけず、線ができてしまうことを指します。

皮膚は表皮と真皮、皮下組織の3つの層で構成されており、真皮が裂けて跡になったものが妊娠線です。

約7割の妊婦に、妊娠線ができるといわれています。
できやすい時期は、お腹が大きくなり始める妊娠5~7ヶ月ごろです。

波のような模様やスイカのような模様、お腹の真ん中にできる一本線などがあります。

妊娠線が現れるのは主にお腹ですが、太ももやお尻、さらにはバストの部分にもできることもあるのです。

皮膚の伸びやすさは個人差があり、また皮膚の乾燥の度合いなどでも異なるため、妊娠線ができやすい人とできにくい人がいるようです。


妊娠線は1度できると消すのが大変

妊娠線は出産すると消えるのではなく産後もはっきりと残ってしまい、元のきれいな状態に戻すことは大変難しいといわれています。

自力で妊娠線を治すとすれば妊娠線クリームなどを使用する方法がありますが、それだけでは治りにくいでしょう。

レーザー治療など専門機関による処置を受ければより効率的に妊娠線を消せますが、それだけ費用がかかってしまいます。

1度できてしまった妊娠線を消すのは時間とお金がかかるため、できないようにしっかりと予防することが大切なのです。

妊娠線予防のポイント


妊娠線ができないようにするには、下記のポイントに意識しましょう。

体重管理をする

妊娠中、とくに中期~後期の間は体重が急激に増えやすい時期です。
食べ過ぎや運動不足が続くと、1ヶ月に何キロも増えていたということがあります。

体重が急激に増加すると、それだけ皮膚が無理に引き延ばされるため、妊娠線ができやすいのです。

妊娠中は1ヶ月に1~1.5kg増加を目安に、体重管理を行っていきましょう。
ただし、妊娠前の体重によってはこれよりも体重増加を抑える必要があるかもしれません。

適度な運動を心がける

妊娠中の適度な運動は体重コントロールにつながり、太り過ぎを予防します。
過度な運動はよくありませんが、水泳やウォーキング、マタニティヨガといった有酸素運動は無理なく行え、カロリーも消費しやすいのです。

妊娠初期はあまり活発に動くと切迫流産などの危険性があるため、医師と相談しながら安定期以降に運動を始めるといいでしょう。

食事は野菜を多めに

妊娠線予防クリームなど外部からケアする以外に、内側から予防することも大切です。

妊娠中は便秘になりやすい時期で、便秘が続くと脂肪が身体に溜まりやすくなります。

食事にはなるべく野菜を多くとり入れるようにしましょう。
野菜には腸内の環境を整える食物繊維が多く含まれているため、肥満の原因になる便秘を防いでくれます。

それだけでなく、野菜に含まれる豊富なビタミンやミネラルが肌の調子を整えてくれるのです。

肌の保湿

肌が乾燥しているとシワができやすいように、妊娠線もできやすくなります。
乾燥肌の方はとくに、妊娠中は身体が乾燥しないように保湿をすることが大切です。

妊娠線予防クリームは、通常の保湿クリームよりも高い保湿効果が見込めます。

冬は乾燥しやすいため、加湿器で部屋の湿度を一定に保つなど、周りの環境に気を配るのもいいでしょう。

ベビーオイルで妊娠線が予防できる?


妊娠線予防クリームは、妊娠線に特化しているので、通常のクリームに比べると高い効果を発揮します。

さらに効果を発揮させたいという方は、ベビーオイルを妊娠線予防クリームと併用するとよいでしょう。

ベビーオイルは皮脂のように皮膚の表面に膜を作り、水分が逃げないようにしてくれるため、保湿効果が高いのです。

本来は赤ちゃんの肌のケアやベビーマッサージに使用されるベビーオイルですが、乾燥することでできやすい妊娠線の予防にも適しています。

妊娠線予防でベビーオイルを選ぶポイント


ベビーオイルはさまざまなブランドから販売されています。
しかし、どれでもよいというわけではなく、成分にしっかり目を通して、自分に合ったベビーオイルを選ぶことが大切です。

オーガニックタイプのベビーオイルが安心

ベビーオイルはさまざまな用途で使用できます。
妊娠線を防ぐだけでなく、出産後は赤ちゃんにも使用することを考えて、なるべく化学合成成分が含まれていないものを選びましょう。

添加物など自然由来ではない成分が含まれていると、肌質によってはかぶれなどを引き起こします。

妊娠中の肌も敏感になっている場合が多く、皮膚のトラブルを防ぐために天然素材を利用したベビーオイルがおすすめです。

使用されているオイルをチェック

ベビーオイルと一言でいっても、使用されているオイルはブランドによって異なります。

主にベビーオイルに使用されているオイルの種類は、下記の通りです。

    • ヒマワリオイル
    • ホホバオイル
    • スイートアーモンドオイル
    • マカダミアナッツオイル
    • グレープシードオイル
    • セサミオイル
    • ココナッツオイルなど

もともと乾燥しやすい方はホホバオイル、セサミオイル、スイートアーモンドオイルがおすすめです。

皮膚が弱く湿疹などの肌トラブルが起きやすい場合は、ヒマワリオイル、グレープシードオイル、ココナッツオイルの入ったベビーオイルがよいでしょう。

セサミオイルに関しては、身体の老廃物を外に出す効果も持っており、疲れやすい、むくみが気になる方におすすめです。

それぞれ効能や香りが異なるため、自分の肌や好みに1番合ったものを選びましょう。
アレルギー反応など不安な点がある方は、店頭にテスターなど試せるものがあれば、購入する前にパッチテストすることをおすすめします。

大容量より少なめ

天然成分が含まれているベビーオイルは、長期間保存できません。
開封後は2~3ヶ月以内に使い終える必要があります。

毎日使うからと大きめのサイズを買ってしまうと、使い切れないことがありますので、できれば少量のサイズのものを購入するようにしましょう。

妊娠線予防のベビーオイルの使い方


肌に水分が馴染んでいるときに使うと、水分が蒸発するのを防げます。
お風呂上がりの後、すぐに気になる箇所にベビーオイルを塗りましょう。

塗る前に1度オイルを手のひらで温めます。
お腹に塗る際は、円を描くようにしておへそから外側に向かって、軽くマッサージするように塗ります。

お腹の他に妊娠線ができやすいのが太ももとお尻、バストです。
それらの部分も軽くマッサージする程度でオイルを塗るとよいでしょう。

妊娠線予防におすすめのベビーオイル


ベビーオイルのなかでも、とくにおすすめのベビーオイルをご紹介します。

ネオベビー ベビーオイル

日本で古くから使用されている馬油と植物オイルを配合しており、化学成分を一切使用していません。
馬油は人間の皮脂に近いため、敏感肌の方でも安心して使用できるでしょう。

植物オイルは肌になじみやすく、べたつかないので身体に塗った後もすぐに服を着られます。
植物オイルのなかに保湿力の高いオリーブ果実油が含まれており、身体の水分をしっかりと閉じ込めてくれるでしょう。

馬油には必須脂肪酸γ-リノレン酸という物質が多く含まれているのですが、これが不足するとアトピー性皮膚炎になりやすいとされています。
妊娠線の予防だけでなく、赤ちゃんの肌を健康に保つためにぜひ使ってみたいベビーオイルです。

パッチテスト済みで、ママと赤ちゃん両方が安心して使えるように作られています。

ジョンソン ベビーオイル

ベビーオイルといえば真っ先に頭に浮かぶのがジョンソンのベビーオイルではないでしょうか。

長年にわたって低刺激で安全なベビーオイルを提供してきたジョンソンは、品質が高いうえに価格もお手頃です。

無香料と微香性の2種類があり、どちらも無着色でアレルギーテストや皮ふ刺激性テストを実施済みです。

使用されている油はミネラルオイル(鉱物油)で、あまり身体にいいオイルというイメージはないかもしれません。

しかし、ミネラルオイルは肌表面に膜を張って皮膚を守る効果を持ち、安全性は高いといわれているのです。

今までベビーオイルを使ったことがない方は、価格が低いジョンソンのベビーオイルから初めてみるとよいでしょう。

ベビーブーバ ボディ&マッサージオイル

フランスの第三者機関から認証を得ている日本国産のオーガニックベビーオイルです。
ヒマワリ油やオリーブ油、マカダミアナッツ油といった自然由来のオイルがふんだんに使用されており、保湿力は抜群です。

少量でも伸びやすく、肌になじむので、保湿だけでなくマッサージにも最適です。

製造から輸送まで厳しい基準のもとで販売されており、化学成分は一切使用されていないため、とにかく安全性にこだわりたい方におすすめです。


ベビーオイルのべたつきが気になるならベビーローション


ベビーオイルは品質が高いものであれば肌にすっとなじみますが、ベビーオイルのべたつきがどうしても気になるという方は、ベビーローションで代用するのもよいでしょう。

ベビーオイルとベビーローションはどちらも保湿効果を持っています。
違いとしては、ベビーローションは水を主成分としているため、乳液のように肌に吸収されやすいのです。

また、ベビーオイルが肌のバリア機能を高める役割を持ちますが、ベビーローションは乾燥している肌に水分を補うように作られています。

ベビーオイルは肌が乾燥している状態で使用すると妊娠線予防の効果が見込めないため、お風呂上りなど肌が水分を含んでいる状態で使うのがベストです。

いっぽうで、ベビーローションは乾燥している状態でも成分中の水分が肌に潤いをもたらすため、いつでも使えるという利点があります。

ベビーオイルの妊娠線予防効果を高めるならニベアクリームを併用


ニベアクリームの青缶は500円程度で購入できる保湿用クリームです。
スクワランやホホバオイルなど、肌に潤いを持たせる成分が多く入っています。

ベビーオイルとニベアクリームを混ぜて使用することで、保湿力が倍増します。

実際にベビーオイルとニベアクリームを併用した妊婦の口コミを見ると、コストパフォーマンスが高く、全身にたっぷりと塗れて、妊娠線がひとつもできなかったという声が多くみられます。

ただし、すべての人に同じような効果があるとは保証できず、ニベアクリームはどの肌質にも使用可能とうたっていますが、やはり合わない方もいるようです。

ニベアクリームでかゆみなどの症状が現れたら、すぐに使用を中止するようにしましょう。

自分の肌と相談しながらベビーオイルを使おう


妊娠線予防におけるベビーオイルのご紹介をしました。

ベビーオイルは妊娠線の専用クリームよりも価格が低く、保湿力が高いものが多く販売されています。

妊娠線を防ぎたいけれど専用クリームは高すぎるという方は、1度ベビーオイルを使用してみることをおすすめします。

さまざまな成分がありますが、天然由来で植物性オイルが豊富に配合されたものだとより安心です。

使用されているオイルによって効果も異なってきますので、自分の肌質にもっともあったものを選ぶようにしましょう。

ただし、ベビーオイルは妊娠線予防を専門としたオイルではないため、100%妊娠線が予防できるということではありません

より高い効果を求めるなら、やはり専用のクリームがおすすめです。
価格を重視するのか効果を重視するのかを考えたうえで、どちらを使用するかを決めましょう。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク